草原の道(ステップ・ルート)

南ロシアの草原地帯から東に向かい、カザフやジュンガル盆地の草原地帯、アルタイ山麓を経てモンゴル高原に入り、中国の頂上地帯にいたる交通路を草原の道と呼ぶ。ここを舞台に騎馬遊牧民が興亡し、その活発な活動により様々な文化が伝播していった。

Sponsored Link

草原の道(ステップ・ルート)

東西交流の三つの道地図
東西交流の三つの道地図 ©世界の歴史まっぷ

緑線が草原の道

南ロシアの草原地帯から東に向かい、カザフやジュンガル盆地の草原地帯、アルタイ山麓を経てモンゴル高原に入り、中国の頂上地帯にいたる交通路を草原の道と呼ぶ。ここを舞台に騎馬遊牧民が興亡し、その活発な活動により様々な文化が伝播していった。騎馬遊牧民のはじめは紀元前7世紀のスキタイ人 スキタイと匈奴 – 世界の歴史まっぷ)であった。

彼らはギリシア・イランとの交渉によって金属文化を受け入れ、独特の騎馬文化を形成した。それまで遊牧を主に、平和であった草原の民は、スキタイ文化を受け入れてから戦闘的となり、騎馬による機動力と武力をもって各地を侵略するようになった。

前漢の最大領域と張騫の行路地図
前漢の最大領域と張騫の行路地図 ©世界の歴史まっぷ
5世紀頃の内陸アジア地図
5世紀頃の内陸アジア地図 ©世界の歴史まっぷ

紀元前3世紀末に強大となった匈奴(トルコ系またはモンゴル系)、4世紀末に中国において北魏をたてた鮮卑(モンゴル系またはトルコ系)、5〜6世紀に北魏と対立した柔然(モンゴル系)、6〜8世紀に中国北辺を脅かした突厥(トルコ系)、8〜9世紀に唐を圧迫したウイグル(トルコ系)、また4〜5世紀にヨーロッパに侵入し、民族大移動の引き金となったフン族(民族系等不明)、その後ヨーロッパ方面で活動したアヴァール人(モンゴル系)、マジャル人(ウラル語系)などはその例である。

11世紀の東アジア地図
11世紀の東アジア地図 ©世界の歴史まっぷ
12世紀のアジア地図
12世紀のアジア地図 ©世界の歴史まっぷ

10世紀頃になると、中国北辺では(モンゴル系契丹族)、西夏(チベット系タングート族)などが民族的な国家形成をおこない、中央アジアではトルコ系の移住が進み、トルキスタンという呼び名が定着し、さらにイスラーム化したトルコ系民族は西方に進んでいった。

モンゴル帝国の最大版図と各ハン国地図
モンゴル帝国の最大版図と各ハン国地図 ©世界の歴史まっぷ

13世紀になると、モンゴル民族によるユーラシア大陸の東西にわたる征服活動によって、広域の交通網が整備され東西の文化交流が促進された。

武力による騎馬民の活動は、中央アジアのオアシス地帯や東西各地の文化圏を脅かし、時には東西交通の妨げともなったが、彼らは新しい文化の受け入れにも積極的であり、その優れた機動力によって文化伝播に大きな役割を果たした。

諸地域世界の交流年表

紀元関連事項
紀元前6世紀スキタイ人、南ロシアで活躍
344アレクサンドロス3世の東方遠征開始
209冒頓単于即位、匈奴全盛
紀元前2世紀前漢の武帝(漢)即位、西域経営を推進
139張騫、大月氏に派遣される
紀元後97甘英、ローマ帝国に派遣される
166大秦国王安敦の使者、中国に至る
2世紀仏教が中国(後漢)に伝わる
399法顕(東晋の僧)、インドに赴く
401鳩摩羅什、洛陽に至る
600
621
長安にゾロアスター教寺院建立
629玄奘(唐の僧)、インドに赴く
635唐に景教(ネストリウス派)伝来
651頃唐にイスラーム教伝来
671義浄(唐の僧)、インドに赴く
694唐にマニ教伝来
700751タラス河畔の戦い、製紙法が西伝
10001096十字軍(〜1291)
12001219チンギス・カン、中央アジア遠征
1241ワールシュタットの戦い
1245プラノ・カルピ二、モンゴルへ出発
1252ウィリアム・ルブルック、モンゴルへ出発
1258フレグ、バグダードに入城
1275マルコ・ポーロ、大都に至る
1294モンテ・コルヴィノ、大都で布教
13001346イブン・バットゥータ、大都に至る
14001405鄭和の南海遠征(〜33)

参考