旧人
ネアンデルタール人(ラ・フェラシー1)復元模型(国立科学博物館)Wikipedia
Previous Post

Next Post

旧人
100万年前から少しのち、原人はアフリカからヨーロッパへも移動したと思われる。南フランスのアラゴ洞窟やドイツのハイデルベルクやハンガリーで、原人のものらしい人骨が発見されているからである。彼らは石器を発達させ、40万年前ころからは作業の目的に応じて専用の石器をつくるようになった(調整石核技法)。こうして、ヨーロッパの原人が進化を遂げて旧人(ホモ・サピエンス)が出現したと考えられる。

Sponsored Link

旧人

100万年前から少しのち、原人はアフリカからヨーロッパへも移動したと思われる。南フランスのアラゴ洞窟やドイツのハイデルベルクやハンガリーで、原人のものらしい人骨が発見されているからである。彼らは石器を発達させ、40万年前ころからは作業の目的に応じて専用の石器をつくるようになった(調整石核技法)。こうして、ヨーロッパの原人が進化を遂げて旧人(ホモ・サピエンス)が出現したと考えられる。その代表的なのが、最初にドイツで発見されたネアンデルタール人である。北アフリカやアジアでもこれに類する旧人の骨は見つかっているが、それぞれの地域で原人から進化したのか、ヨーロッパの旧人が移動したのかはわかっていない。

ネアンデルタール人は12万年前から3万5000年前にかけて、ヨーロッパから中央アジアまで広く存在した(ネアンデルタール人の骨は全部で140体分見つかっている)。脳容積は現代の人類と変わらず(約1300〜1600cc)、時にそれをしのぐものさえある。しかし骨は太く頑丈で、額は後退していて眼窩がんか上に大きな隆起があった。彼らは厳しい自然環境に対しても工夫する能力をもち、小屋を作り、集団でマンモスなどの大型獣を狩猟した。石器は調整石核技法により、鋭いスクレーバー(掻器そうきと言われ、獣皮の剥離切断に用いられた)、ポイント(尖頭器)をつくった。石器や木材・木器の加工場、動物の解体場などもあった。小屋には炉と調理場があり、食料の種類も多くなったことがわかる。彼らの儀礼についても、死者の脳を食べる儀式を行い、丁寧に埋葬したことが明らかである。

参考

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です