MENUMENU

地理上の探検

地理上の探検

19世紀欧米の文化 地理上の探検

17世紀タスマン(蘭)オーストラリア(タスマニア)・ニュージーランド・フィジー島発見
18世紀ジェームズ=クック(英)大西洋をベーリング海からニュージーランドまでを探検
19世紀リヒトホーフェン(独)中国各地を探検。シルク=ロードの名称を初めて使う
ヘディン(スウェーデン)中央アジア探検。楼蘭遺跡発見
リヴィングストン(英)南アフリカ調査・ヴィクトリア瀑布発見
スタンリー(米)アフリカ大陸横断
ピアリ(米)北極点初到達
アムンゼン(ノルウェー)南極点初到達
スコット(英)南極点到達
スタイン(英)敦煌の調査

科学や技術の進歩に対応して、世界各地の探検がヨーロッパ人によって進められた。17世紀にはオランダのタスマン Tasman (1603〜59)がオーストラリア(タスマニア)・ニュージーランド・フィジー島を発見し、つづいてイギリスのジェームズ=クック Cook (1728〜79)が大西洋をベーリング海からニュージーランドまでを探検し、ドイツのリヒトホーフェン Richthofen (1833〜1905)は中国各地を探検してシルク=ロードの名称を初めて使い、スウェーデンのヘディン Hedin (1865〜1952)は中央アジアの探検を数回踏査し、楼蘭遺跡を発見した。

アフリカではリヴィングストン Livingstone (1813〜73)がヴィクトリア瀑布を発見したが、その後消息を絶った。イギリス生まれのアメリカ探検家であるスタンリー Stanley (1841〜1904)はリヴィングストンの救出に出発し、タンガニーカで発見されたのち、今後の探検をおこなった。

南北両極地の探検もおこなわれた。北極点はアメリカのピアリ Peary (1856〜1920)が、南極点はノルウェーのアムンゼン Amundsen (1872〜1928)が初めて到達したが、イギリスのロバート=スコット Scott (1868〜1912)はアムンゼンに1ヶ月遅れをとり、しかも帰路遭難死する不運にあった。

参考

MENUMENU