モンゴル帝国の成立

モンゴル高原東北部のオノン川付近で遊牧をしていたモンゴルは、有力な指導者テムジン(鉄木真)のもとに統一され、タタール、ケイレト、ナイマンなどの諸部族をつぎつぎと破り、モンゴル高原を制覇した。クリルタイで、テムジンは、チンギス=ハン(成吉思汗)の称号を受け、モンゴル帝国が誕生した。

Sponsored Link

モンゴル帝国の成立

内陸アジア世界の変遷
内陸アジア世界の変遷 ©世界の歴史まっぷ

モンゴル高原を約1世紀にわたって支配してきたトルコ系のウイグルは、9世紀中ごろ、内乱とキルギスの侵入によって瓦解し、ウイグル人は西方または南方へ移住していった。
その後、モンゴル高原の東部にはタタール、モンゴルをはじめとするモンゴル系諸部族が拠り、西部にはマイナンなどのトルコ系諸部族が割拠したが、統一勢力は現れなかった。
10世紀初め、モンゴル高原の東部に契丹きったんりょう遼朝)を建国すると、これらの諸部族の多くはいったんは遼に服従した。

12世紀初め遼は滅亡し、かわって女真の金(王朝)が中国東北地方から中国北部を支配するようになった。中原進出をはかる金王朝は、背後のモンゴル高原におけるモンゴルの台頭を恐れ、タタールを利用してモンゴルの分裂をはかった。

金王朝は、辺境地帯の遊牧民を招集して、ちゅう軍という傭兵部隊を組織した。なかでも強力なタタール糺軍を利用し、モンゴル部族の首長を捕らえて殺害し、分裂を促した。
11世紀の東アジア地図
11世紀の東アジア地図 ©世界の歴史まっぷ
12世紀のアジア地図
12世紀のアジア地図 ©世界の歴史まっぷ

しかし、モンゴル高原東北部のオノン川付近で遊牧をしていたモンゴルは、有力な指導者テムジン(鉄木真)のもとに統一され、タタール、ケイレト、ナイマンなどの諸部族をつぎつぎと破り、モンゴル高原を制覇した。

この時、ナイマンの王子のクチュルクは西遼(カラ・キタイ)に逃れ、その国を奪って西遼王となり、モンゴルと対抗した。1218年、モンゴル軍の攻撃をうけてクチュルクは殺され、西遼も滅んだ。

1206年、オノン川上流で一族、功臣を集めて開かれたクリルタイで、テムジンは、チンギス=ハン(成吉思汗)の称号を受け、モンゴル帝国が誕生した。

クリルタイ:モンゴル語で集会という意味で、有力者が参集して、ハンの選出、遠征の決定、法令の発布などの国家的重要事項を議題とした。のちの皇位継承にともなう相続争いは、クリルタイにまつわる弊害と考えることもできる。

帝国では旧来の部族制に変わって全遊牧民を1000戸単位の集団に区分して編制し、戦時には約1000人の兵士を動員する千戸制という軍事、行政組織がしかれ、その長にはチンギス=ハンの一族、功臣が任命された。また功臣の子弟を集めて親衛軍(ケシク)を編制し、千戸制とともに強力な軍事力の基礎とした。

千戸制とケシク

チンギス=ハンは、千戸制によって支配下のモンゴル系、トルコ系の遊牧民を95(一説に129)の千戸単位の集団に分割し、一族、功臣をその千戸長に任命した。
千戸制は、平時の行政単位であるとともに、戦時には、1000人の兵士を動員する戦術単位でもあり、その内部も十進法によって百戸、十戸単位に組織され、それぞれ百戸長、十戸長が任命された。
このように遊牧民を十進法体系で組織する習慣は、匈奴以来の遊牧民にしばしばみられたが、チンギス=ハンは、タタール、ケイレト、ナイマンなどの敵対部族を征服すると、その部族民を各千戸集団に振り分け、人工的な部族組織を編制した。
95戸の集団のうち24戸は一族に与えられたが、残りはチンギス=ハンのもとで指揮官が任命されてモンゴル高原に展開した。
中央にはケシクと呼ばれるチンギス=ハンみずから指揮する親衛軍がおかれた。ケシクは兵力1万の軍隊で、兵士は功臣や千戸長、百戸長、十戸長の子弟から集められた、いわばエリート集団であった。平時は護衛や宮廷の職務に従い、戦時にはチンギス=ハンのもとで戦闘に参加した。要職にはケシクの構成員が派遣され、その子弟が新たにケシクに加わった。ケシクは、チンギス=ハンを中心に強力な連帯意識をもった親衛軍であるとともに、モンゴル帝国の支配階級の養成機関でもあった。

チンギス=ハン

チンギス=ハンは、長城以南の農耕社会を攻略するための財政的基礎を築き、モンゴル帝国の東西を押さえるため、その率いるモンゴル軍を内陸の東西貿易路に進めた。
1209年、黄河上流の西夏を屈服させ、1218年には、ナイマンに奪われていた中央アジアの西遼を滅ぼしてイスラーム世界と国境を接することになった。(西夏遠征
さらにチンギス=ハンは、モンゴルの通商使節が殺害されたことを口実に、西トルキスタン、イランを支配するイスラームの新興国家ホラズム・シャー朝(1077〜1221)に対して遠征を行なった。モンゴル軍は、ブラハ、サマルカンドなどのオアシス都市をつぎつぎと攻略し、1221年、ホラズム・シャー朝を滅ぼし(正式には1231年滅亡)、インダス川上流の西北インドまで侵入した。

チンギス=ハンの西征 – 世界の歴史まっぷ

12世紀末のイスラーム世界地図
12世紀末のイスラーム世界地図 ©世界の歴史まっぷ

その間、1211年ころから前後3回にわたって金(王朝)に侵入して、黄河以北の地を攻略し、1215年には金の中都(現在の北京)を陥れた。(第一次対金戦争
1227年、チンギス=ハンは、先年の中央アジア遠征に参加を拒んだ西夏を滅ぼし、さらに金の攻略にむかおうとしたが、六盤山で没した。(西夏遠征

モンゴル帝国の最大領域地図
モンゴル帝国の最大領域地図 ©世界の歴史まっぷ

オゴタイ=ハン

クリルタイ(モンゴルの最高意志決定機関)で推されて即位した第3子のオゴタイ=ハン(オゴタイ)(1229〜1241)は、チンギス=ハンの初めた征服事業を継承して三方から金(王朝)を攻略し、1234年、首都汴京べんけい開封かいほう)を占領したのち、南宋と共同して金を滅ぼした(第二次対金戦争)。
1235年、オゴタイは、モンゴル高原のオルコン川右岸のカラコルム(和林)に都城を定め、中国風の宮殿を築いた。内政面では、チンギス=ハンに仕えた耶律楚材やりつそざいを重用し、征服地の戸口調査を実施して新しい税制を設定するなど、帝国の行政、徴税機構の整備を始めた。

耶律楚材やりつそざい:金朝に仕えていた、かつての遼の王族の家に生まれた。中都が陥落したときにチンギス=ハンに見出され、オゴタイにも仕え、文人官僚として活躍した。

バトゥのキプチャク・ハン国(ジョチ・ウルス)建国

1236年、チンギス=ハンの遺命により、長子ジョチの子バトゥヨーロッパ遠征モンゴルのルーシ侵攻 – バトゥの西征)に出発した。ヴォルガ河畔からロシアに侵入したバトゥの遠征軍は、キエフ公国を壊滅させ、ロシアの主要都市を次々と攻略したほか、その一隊はポーランド、ハンガリーに侵入し、1241年、リーブニッツに近いワールシュタットでシュレジエン候ハインリヒ2世の率いるドイツ・ポーランドの諸侯連合軍を破った( ワールシュタットの戦い)。さらにハンガリーの首都ペストも攻略して、ヨーロッパ世界に脅威を与えたが、オゴタイが没すると、バトゥの遠征軍はヴォルガ河畔まで後退し、下流のサライを都としてキプチャク・ハン国ジョチ・ウルス)をたてた。

モンケ

フレグのイルハン国建国

オゴタイの長子グユク(モンゴル帝国皇帝)(1246〜1248)が没し、かわって即位したモンケ(1209〜1259)は、弟のフレグ西アジア遠征を命じた(フレグの西征)。フレグは、イランのイスマーイール派(シーア派)を破り、1258年にはバグダードを攻略してアッバース朝を滅ぼし、イランを中心にイルハン国を建てた。

モンゴル帝国の最大版図と各ハン国地図
モンゴル帝国の最大版図と各ハン国地図 ©世界の歴史まっぷ

支配体制の変革

1259年には約30年にわたって抵抗してきた高麗も屈服し、モンゴル帝国は、東は中国北部から西は西アジア、ロシアにわたる大帝国となった。
モンゴル帝国は、宗教、文化のことなる多数の民族を統合する必要から、征服地の拡大とともに支配体制の変革に迫られた。
チンギス=ハンは、モンゴル的分封制度にもとづき、北方の遊牧地帯には一族を分封し、帝国内に半独立の小王国をつくらせた。また、豊かな南方の農耕地帯は帝国の直轄領とし、ダルガチと呼ばれる監督官を派遣して治安維持や徴税に当たらせた。やがて皇位継承をめぐって帝室内でオゴタイ家とトゥルイ家の対立が深刻化すると、各王家の所領は中央から分離する傾向が強まった。

ウルス

当時のモンゴル系遊牧民の部族国家は、ウルスと呼ばれる。ウルスはもともと人々の集まりをさす言葉である。そこから部族の民、国の民、さらに国の意味となった。ただし土地や領域を基本とする定着農耕民の国や、近代以降の国家とはことなり、あくまでウルスは人々に重点をおいた概念であった。そのためウルスの人々が移動すれば、ウルス自体も移動する性質をもっていた。ここに遊牧民の国家観がしめされている。諸子や分封されたウルスを、チンギス=ハンのウルスが包括する形で帝国が構成されていた。この諸子のウルスが征服により拡大し、各ハン国として発展した。

フビライ

ハイドゥの乱

モンケが急死すると、次弟のフビライ(ハン)(位1260〜1294)が末弟のアリクブケを破って大ハン位に即位した(モンゴル帝国帝位継承戦争)。この内紛を契機にオゴタイの孫のハイドゥもハンを自称してチャガタイ、キプチャク両王家と結んで中央アジアで挙兵し、約40年におよびモンゴル皇帝(大ハーン)フビライ率いる大元朝と対立し、中央アジア以西のモンゴル諸勢力のモンゴル皇帝権力からの分離独立を決定づけた。このハイドゥの一連の行動は一般に「ハイドゥの乱」と呼ばれる。反乱はハイドゥの戦傷死まで断続的に続いた。

遠征軍の食料

モンゴル軍の遠征には、「歩く食料」として羊が連れていかれたことは有名である。いわば家畜を連れての遠征であるから、そのルートは草原と水場とを結んだものであり、ルート上の草原では自前の放牧や草の刈り取りは厳禁された。

また、遠征にはボルツと呼ばれる保存食も携行された。これは冬の初めに解体された牛の赤身の肉を、マイナス30℃の天然の冷凍庫で乾燥させ、2年かけて完全に水分を抜いたところを槌で叩いて繊維状にし、さらに臼で突き固めて圧縮したものである。遠征の際には牛の膀胱でつくった袋につめて携行し、必要に応じて中身を湯に入れ、数倍に膨らませて食べた。この牛の膀胱でつくった袋には約1頭分の牛の赤身の肉が入り、1袋で10人の兵士の3週間分の食料になったという。

参考