サファヴィー朝 サファヴィー朝国家 オスマン帝国 オスマン帝国の拡大 オスマン帝国とサファヴィー朝の最大領域地図
オスマン帝国とサファヴィー朝の最大領域地図 ©世界の歴史まっぷ

オスマン帝国の拡大

オスマン帝国の領土は、西はハンガリー、アルジェリアから東はイエメン・イラクにおよび、地中海世界の周域を押さえ、かつての古代ローマ帝国の版図の4分の3を占めた。帝国内の各都市ではモスク・マドラサ・市場などの施設が整備され、首都イスタンブルは人口50万をこえる大都市へと発展した。

Sponsored Link

オスマン帝国の拡大

13世紀のアナトリアでは、君候(ベイ)に率いられたトルコ戦士(ガージー)集団による小国家が林立していた。セルジューク朝と同じオグズ族出身のオスマン1世(位1299〜1326)は、西北アナトリアに残るビザンツ帝国領を攻撃、オルハン(位1326〜1362)の時代にブルサを攻略しここに首都を定めた。ムラト1世(位1362〜1389)は、1362年アドリアノープルを征服しここを拠点としてバルカン征服を進め、1389年にコソボの戦いにおいてセルビア・ボスニア・ワラキアの連合軍を破り( 南スラヴ人の動向 )、これらの地域へのトルコ人の移住を進めた。

バヤズィト1世(位1389〜1402)は、1396年ニコポリスの戦いでハンガリー王ジギスムント(神聖ローマ皇帝)が率いる英・仏・独・伊など西欧諸国十字軍を破り( 後期ビザンツ帝国)、カイロのアッバース家カリフからスルタンの称号をさずけられた。さらにビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルの包囲を試みるが、1402年アナトリアに侵入したティムール(ティムール朝)にアンカラの戦いにおいて敗れ、捕虜の身のまま死去し、これによってオスマン朝の征服戦は一時中断した。
バヤズィト1世
バヤズィト1世©Public Domain
メフメト2世(位1444〜1446、1451〜1481)は、1453年コンスタンティノープルを約10万の兵を率いて包囲、約50日の攻防ののちこれを攻略し、エディルネから首都を移した。メフメト2世は、荒れ果てたイスタンブルの復興をはかり、戦乱を逃れたギリシア人などを移住させ、みずからモスクやマドラサなどの宗教施設と市場・隊商宿などの商業施設とを連結させた複合施設の建設を進めた。このようなワクフによって、街区や水道などの都市施設が整備され、1478年にはマルマラ海に臨む一角にトプカプ宮殿を完成した。彼の在位中に、セルビア・ボスニア・アルバニア・ギリシア・ワラキアを完全に支配下におき、アナトリアのカラマン候国などを滅ぼし、かつてのビザンツ帝国領全域をおさめることとなった。
トプカプ宮殿
トプカプ宮殿「敬礼の門」Wikipedia

左右の尖った塔が「敬礼の門」で、トプカプ宮殿本体の入り口にあたる。この宮殿の台所であった場所にオスマン帝国宮廷が集めた東洋陶磁器のコレクションが展示されている。

イスタンブール歴史地域

サファヴィー朝 サファヴィー朝国家 オスマン帝国 オスマン帝国の拡大 オスマン帝国とサファヴィー朝の最大領域地図
オスマン帝国とサファヴィー朝の最大領域地図 ©世界の歴史まっぷ

スルタン=カリフ制

オスマン帝国のスルタンは、世俗権力者としてのスルタンであるとともに、宗教的権威者としてのカリフでもあり、カリフ位はセリム1世がマムルーク朝を滅ぼした際にエジプトにいたアッバース朝カリフから禅譲されたといわれる。しかし、禅譲の記事は同時代の資料にはなく、スルタン=カリフ制の理念は、18世紀末以降ヨーロッパ列強の進出に対抗し、衰退期に入ったスルタンが内外のムスリムに対する影響力を強めるために主張されたものである。

セリム1世(位1512〜1520)とスレイマン1世(位1520〜1566)の時代には、アラブ地域にも支配領域を広げた。セリム1世は1514年にチャルドランの戦いでサヴァヴィー朝を破り東アナトリア領を獲得し、1516年にはアレッポの北マルジュ・ダービクの戦いでマムルーク朝軍を破った。いずれも鉄砲と大砲を装備した常備軍が、騎兵を主とする両朝を圧倒した。1517年はカイロを攻略し、マムルーク朝を滅ぼし、シリア・エジプト・ヒジャーズを支配下におくとともに、メッカ・メディナの保護者としての地位をえた。
セリム1世
セリム1世 ©Public Domain

スレイマン1世はバルカン方面では1526年にドナウ河岸モハーチの戦いに勝利し、ハンガリーに支配領域を広げ、1529年には12万の兵を率いてウィーンを包囲したが(第1次ウィーン包囲)、冬将軍の到来に退却を余儀なくされた。1534年にはイラン・イラクに遠征し、タブリーズ・バグダードを攻略しペルシア湾岸への貿易ルートを押さえた。1533年には、北アフリカ沿岸を荒らしていた海賊バルバロス(?〜1546)が帰順し、彼を海軍総督に任じ、バルバロスは1534年にチュニスを占領した。1538年にはプレヴェザの海戦でローマ教皇と神聖ローマ皇帝の連合したキリスト教徒軍を破り、地中海の制海権を握った。1550年にはアルジェリアを、1570年にはキプロス島を占領、これに脅威を感じたスペイン・ヴェネツィアなどが連合艦隊を組織し、1571年にレパント沖にオスマン海軍を破ったが(レパントの海戦)、オスマン帝国側は、なお東地中海の制海権を維持した。これらの遠征によって、オスマン帝国の領土は、西はハンガリー、アルジェリアから東はイエメン・イラクにおよび、地中海世界の周域を押さえ、かつての古代ローマ帝国の版図の4分の3を占めるほどとなった。帝国内の各都市ではモスク・マドラサ・市場などの施設が整備され、首都イスタンブルは人口50万をこえる大都市へと発展した。

こうしてオスマン帝国は、領内に多様な民族・言語・宗教をもつ住民を抱えることとなった。その統治体制は、イスラームを支配の原理にすえ、一方で多様な民族の共存をはかりながら、これを中央集権的機構によって統治した。中央では、スルタンは政治・外交・軍事の全権を大宰相(サドラザム)にゆだね、大宰相の主宰する御前会議によって国事がはかられ、書記官僚によって全国に法令(カーヌーン)や命令が伝達された。軍の中核は、スルタン直属の奴隷軍団(カプクル)で、なかでもイェニチェリと呼ばれる歩兵軍団は、忠実かつ強力な軍団として知られていた。地方では、ティマールと呼ばれる軍事封土を授与し、戦時には一定数の従士を率いて出征することを義務づけ、最小の封土保有者がシパーヒーと呼ばれる騎士であった。

地方は、30余の州(エヤーレト)に分けて総督(ベイレルベイ)を任命し、ティマール制を施行する直轄領(バルカン・アナトリア・シリア)とそれ以外の納税だけを義務づけられた間接統治領の2種類があった。前者では、綿密な検知にもとづき、軍人に封土を授与し、農民はもとより職人・商人・遊牧民から徴税がおこなわれた。各州は、さらに県・郡に分けられ、末端の郡はカーディー(裁判官)が行政の責任を負った。大宰相を頂点とする高官や軍事の支柱たるイェニチェリを供給するため、デヴシルメ制がとられた。他方、裁判をはじめとする法行政は、ウラマーにゆだね、各郡にはカーディーが任命され、シャリーア(イスラーム法)にもとづいて裁判をおこなった。首都イスタンブルのシャイフ・アルイスラーム(イスラームの長老)は、ウラマーの代表として、スルタンを含め為政者がイスラーム法から逸脱した行為をおこなうとこれを規制する権限をもった。

歴代君主

オスマン帝国君主一覧

肖像在位続柄
1 オスマン1世
1258年 - 1326年
1299年 - 1326年
2 オルハン
1281年? - 1362年?
1326年 - 1362年?先代の子
3 ムラト1世
1326年? - 1389年
1362年? - 1389年先代の次男
4 バヤズィト1世
1360年 - 1403年
1389年 - 1402年先代の子
5 メフメト1世
1389年? - 1421年
1413年 - 1421年先代の子
6 ムラト2世
1404年 - 1451年
1421年 - 1444年先代の子
7 メフメト2世
1432年 - 1481年
1444年 - 1446年先代の子
- ムラト2世(復位)
1446年 - 1451年
- メフメト2世(復位)
1451年 - 1481年
8 バヤズィト2世
1447年 - 1512年
1481年 - 1512年先代の長男
9 セリム1世
1465年 - 1520年
1512年 - 1520年先代の子
10 スレイマン1世
1494年 - 1566年
1520年 - 1566年先代の長男
11 セリム2世
1524年 - 1574年
1566年 - 1574年先代の子
12 ムラト3世
1546年 - 1595年
1574年 - 1595年先代の子
13 メフメト3世
1566年 - 1603年
1595年 - 1603年先代の子
14 アフメト1世
1590年 - 1617年
1603年 - 1617年先代の子
15 ムスタファ1世
1592年 - 1639年
1617年 - 1618年先代の弟
13代メフメト3世の子
16 オスマン2世
1604年 - 1622年
1618年 - 1622年先代の甥
14代アフメト1世の子
- ムスタファ1世(復位)
1622年 - 1623年
17 ムラト4世
1612年 - 1640年
1623年 - 1640年先代の甥
14代アフメト1世の子
18 イブラヒム
1615年 - 1648年
1640年 - 1648年先代の弟
14代アフメト1世の子
19 メフメト4世
1642年 - 1693年
1648年 - 1687年先代の子
20 スレイマン2世
1642年 - 1691年
1687年 - 1691年先代の弟
18代イブラヒムの子
21 アフメト2世
1643年 - 1695年
1691年 - 1695年先代の弟
18代イブラヒムの子
22 ムスタファ2世
1664年 - 1703年
1695年 - 1703年先代の甥
19代メフメト4世の子
23 アフメト3世
1673年 - 1736年
1703年 - 1730年先代の弟
19代メフメト4世の子
24 マフムト1世
1696年 - 1754年
1730年 - 1754年先代の甥
22代ムスタファ2世の子
25 オスマン3世
1699年 - 1757年
1754年 - 1757年先代の弟
22代ムスタファ2世の子
26 ムスタファ3世
1717年 - 1774年
1757年 - 1774年先代の従弟
23代アフメト3世の子
27 アブデュル=ハミト1世
1725年 - 1789年
1774年 - 1789年先代の弟
23代アフメト3世の子
28 セリム3世
1761年 - 1808年
1789年 - 1807年先代の甥
26代ムスタファ3世の子
29 ムスタファ4世
1779年 - 1808年
1807年 - 1808年先代の従弟
27代アブデュル=ハミト1世の子
30 マフムト2世
1785年 - 1839年
1808年 - 1839年先代の弟
27代アブデュル=ハミト1世の子
31 アブデュル=メジト1世
1823年 - 1861年
1839年 - 1861年先代の子
32
アブデュル=アジーズ
1830年 - 1876年
1861年 - 1876年先代の弟
30代マフムト2世の子
33 ムラト5世
1840年 - 1906年
1876年先代の甥
31代アブデュル=メジト1世の子
34 アブデュル=ハミト2世
1842年 - 1918年
1876年 - 1909年先代の弟
31代アブデュル=メジト1世の子
35 メフメト5世
1844年 - 1918年
1909年 - 1918年先代の弟
31代アブデュル=メジト1世の子
36 メフメト6世
1861年 - 1926年
1918年 - 1922年先代の弟
31代アブデュル=メジト1世の子
参考:オスマン帝国の君主 - Wikiwand

参考