MENUMENU

サイトマップ

左サイドバーから検索してください。

検索結果 3243 件 Page 1 / 102

シモン=ボリバル

シモン=ボリバル

シモン=ボリバル Simon Bolivar (〜) ベネズエラ出身のラテンアメリカ独立運動の指導者。1810年からの自国の独立革命に参加し、亡命後、19年に大コロンビア共和国を樹立して大統領となる。25年にはボリビアの […]

続きを読む…

イダルゴ

イダルゴ

イダルゴ Hidalgo (〜) メキシコ独立運動の先駆者。クリオーリョの神父で、インディオへの土地返還を叫び蜂起したが、副王軍に捕らえられ処刑された。 […]

続きを読む…

ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗 ラテンアメリカの独立 ラテンアメリカの独立地図

ラテンアメリカの独立

ラテンアメリカの独立 1804 ハイチ 1811 ヴェネズエラ・コロンビア 1816 アルゼンチン 1918 チリ 1822 ブラジル 1919 大コロンビア共和国 1821 ペルー・メキシコ 1925 ボリビア […]

続きを読む…

ナポレオン戦争

ナポレオン戦争

ナポレオン戦争 (〜) フランスのナポレオン1世時代に行われた戦争の総称。近代装備の国民軍からなるナポレオン軍に、イギリスを中心とする対仏大同盟諸国が対抗した。革命防衛戦争から大陸制圧の侵略戦争へと転換したが、後半は各国 […]

続きを読む…

トラファルガーの海戦

トラファルガーの海戦

トラファルガーの海戦 Trafalgar (1805.10.21) スペインのトラファルガー沖で行なわれた、ナポレオン戦争における最大の海戦。1804年ナポレオン1世がフランス第一帝政を開き、イギリスの小ピット内閣は05 […]

続きを読む…

47.ナポレオンの登場と大陸支配流れ図

47.ナポレオンの登場と大陸支配

47.ナポレオンの登場と大陸支配 1. ナポレオンの登場と革命の終焉 2. 社会の安定と平和の回復 3. ナポレオンの大陸支配 4. ナポレオンの没落 5. ナポレオン時代のヨーロッパ […]

続きを読む…

ナポレオン=ボナパルト

ナポレオン=ボナパルト

ナポレオン=ボナパルト Napoléon Bonaparte (〜) フランス第一帝政の皇帝(在位1804~14、1815)。フランス革命で頭角を現し、1799年ブリュメールのクーデタで統領政府を樹立。フランス革命の終結 […]

続きを読む…

ブリュメールのクーデタ ブリュメールのクーデタとナポレオン

ブリュメールのクーデタ

ブリュメールのクーデタ (1799.11.9) 1799年11月9日(革命暦8年ブリュメール〈霧月〉18日)、フランスでナポレオン・ボナパルトが総裁政府を倒して独裁への道を固めたクーデタ。不人気となった総裁政府を目前にし […]

続きを読む…

対仏大同盟

対仏大同盟

対仏大同盟 たいふつだいどうめい (〜) フランス革命への干渉、ナポレオン1世への対抗のため、5回(数え方によっては第7回)にわたりヨーロッパ諸国が結んだ軍事同盟。93年フランスのルイ16世処刑、ベルギー占領を機にイギリ […]

続きを読む…

マムルーク 大陸封鎖とヨーロッパ諸国のナショナリズム 半島戦争

大陸封鎖とヨーロッパ諸国のナショナリズム

大陸封鎖とヨーロッパ諸国のナショナリズム ナポレオンの征服は、自由・平等のフランス革命精神を被征服地の諸民族に広めた。自由の精神は、圧政に対する抵抗、他国の支配からの独立など、ナポレオンの支配下諸国民のナショナリズム、反 […]

続きを読む…

ウィリアム・ピット(小ピット)

ウィリアム・ピット(小ピット)

ウィリアム・ピット(小ピット) William Pitt (the Younger) (〜) グレートブリテン王国・グレートブリテン及びアイルランド連合王国ハノーヴァー朝のジョージ3世治世下の首相(在任 1783〜180 […]

続きを読む…

アウステルリッツの戦い フランス革命への問い

フランス革命への問い

フランス革命への問い ブルジョワジーはさまざまな規制から解放され、経済上の自由を獲得した。しかし貧富の差は拡大した。富の平等をめざした革命は挫折し、未完の革命はなお継続する。平等をめざす人々は「社会主義」に関心をむけるこ […]

続きを読む…

39.西ヨーロッパ〜ヨーロッパ主権国家体制の展開 スペイン絶対王政の確立 16世紀なかばのヨーロッパ詳細版

スペイン絶対王政の確立

スペイン絶対王政の確立 スペインは1494年のトルデシリャス条約を根拠として、西半球の大半の領有権を主張していたが、さらに1580年には、アフリカ遠征で国王が戦死し、血統の耐えたポルトガルをも併合して、全イベリア半島の政 […]

続きを読む…

ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗 ラテンアメリカの独立 ラテンアメリカの独立地図

ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗

ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗 白人とインディオの混血をメスティーソ、白人と黒人の混血をムラート、インディオと黒人の混血をサンボという。人種の坩堝というべきこの混血社会をカスタ社会と呼び、社会の下層を形成して大きな貧富の […]

続きを読む…

ベルリン=コンゴ会議 イタリア=トルコ戦争 アフリカの植民地化 アフリカの植民地化地図

アフリカの植民地化

アフリカの植民地化 1884〜85年ベルリン=コンゴ会議(イギリス・ドイツ・オーストリア・ベルギー・デンマーク・スペイン・アメリが合衆国・フランス・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スウェーデン・オスマン帝国が参加 […]

続きを読む…

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国 南北戦争後、アメリカの工業は豊かな国内市場を背景に保護関税に守られつつ急激かつ大規模に発展し、19世紀末には世界の首位にたった。その間、物質主義的な社会風潮が広まり、「金ぴか時代」と皮肉られた。 […]

続きを読む…

ロシア

ロシア

ロシア 第1次ロシア革命の際にペテルブルクで労働者代表の自治組織ソヴィエト(評議会)が初めてつくられた。ニコライ2世は十月宣言を発し、国会(ドゥーマ )を開設。ソヴィエトはモスクワで蜂起したが鎮圧され、革命運動には厳しく […]

続きを読む…

ドイツ

ドイツ

ドイツ ドイツ政府は帝国主義的な膨張政策を展開して反体制派や労働者を体制内に統合し、市民の側でも全ドイツ人による大帝国建設を求めるパン=ゲルマン主義を支持する傾向が強まり、反ユダヤ主義やポーランド人などの外国人労働者排斥 […]

続きを読む…

フランス

フランス

フランス 第三共和政はフランス革命の正当な継承者であることを任じ、一連の共和主義的改革を進めた。バスティーユ襲撃の7月14日を国民の祝日とし、ラ=マルセイエーズを国歌に定め、パリ=コミューンの関係者には大赦が与えられた。 […]

続きを読む…

イギリス

イギリス

イギリス 19世紀後半のイギリスは自国産業の市場確保をめざし世界各地に進出。優勢な軍事力により現地政権を屈服させ自由貿易の論理にもとづき不平等な通商条約をおしつける、従属地域の拡大の仕方を「自由貿易の帝国主義」、あるいは […]

続きを読む…

大衆社会への入り口

大衆社会への入り口

大衆社会への入り口 1920年代以降、アメリカを中心に大量生産・大量消費を基盤とする大衆消費社会が到来した。ここでは、大衆の購買意欲を刺激するさまざまな商品広告も発達し、雑誌や街角の広告塔を飾った。 […]

続きを読む…

資本主義の変質 第2次産業革命

資本主義の変質

帝国主義と列強の展開 19世紀末になると、資本主義諸国では第2次産業革命と呼ばれる「石油と電力」を基軸とする技術革新が進展して巨大企業が生まれ、資本の独占化が進んだ。帝国主義列強はこの技術革新を背景に巨大な生産力をもち、 […]

続きを読む…

帝国主義

帝国主義

帝国主義 第一次世界大戦が始まった1914年にはヨーロッパ系白人が地球上の土地の84%を支配するにいたった。そのうちイギリス帝国だけで地球の表面の5分の1を占め、4億の帝国臣民をかかえることになった。フランスは1876年 […]

続きを読む…

54.オスマン帝国支配の動揺と西アジア

54.オスマン帝国支配の動揺と西アジア

54.オスマン帝国支配の動揺と西アジア オスマン帝国支配の動揺と改革 アラブ民族のめざめ エジプトの改革と挫折 イラン・アフガニスタンの動向 19世紀の西アジア […]

続きを読む…

イスラーム改革思想

イスラーム改革思想

イスラーム改革思想 ヨーロッパ諸国の進出は、神の法としてのイスラーム法の絶対的権威は傷つけられ、産業構造の変化とともに都市や農村の共同体が破壊された。イスラームの危機がヨーロッパ諸国への従属をもたらしたと考える思想が生ま […]

続きを読む…

検索結果 3243 件 Page 1 / 102
MENUMENU