MENUMENU
金允植
金允植 ©Public domain

金允植

金允植 (きんいんしょく)(キム・ユンシク) 李氏朝鮮末期から朝鮮帝国初期の政治家・漢学者。 本貫 清風金氏 諱 金允植 字 洵卿(スンギョン、순경) 生年 道光15年(1835年) 出生地 李氏朝鮮、京畿道広州府 宗教 儒教 没年 大正11年(1922年)1月22日 没死地 朝鮮、京畿道京城府 (日本統治時代)

金允植

甲申政変
事大党に与し清の袁世凱の援軍を得て開化派を取り除く。
甲午改革
金弘集内閣で外部大臣を務める。
1896年 建陽元年
露館播遷が起こると、乙未事変を座視したという理由で済州島に配流されたが、光武11年(1907年)に赦免される。
日韓併合
日韓併合に協力して、併合後に日本政府から子爵(朝鮮貴族)を授けられる。
三・一運動
韓国独立請願書を日本政府と朝鮮総督府に提出して、弾圧後に幽閉。
爵位を剥奪
1919年7月17日、爵位を剥奪された[1]。大倧教の教主である羅喆を援助してその教徒になった。

金允植が登場する作品

明成皇后

金允植
「明成皇后」 金允植 役

KBSドラマ 明成皇后 年表

DVD

Previous Post

Next Post

MENUMENU