大逆事件
社会民主党発起人(安部磯雄、河上清、幸徳秋水、木下尚江、片山潜、西川光二郎)©世界の歴史まっぷ

大逆事件

/

大逆事件 (1910) 1910年明治天皇暗殺計画という理由で、幸徳秋水・管野スガ・大石誠之助ら無政府主義・社会主義者26人を起訴、翌年全員有罪、幸徳・菅野・大石ら12人が死刑。以後社会主義運動は不振となり「冬の時代」と呼ばれた。

大逆事件

1910年、明治天皇暗殺計画という理由で、幸徳秋水こうとくしゅうすい・管野スガ・大石誠之助ら無政府主義・社会主義者26人を起訴。翌年、全員有罪とされ、幸徳・菅野・大石ら12人が死刑。以後、社会主義運動は不振となり、「冬の時代」と呼ばれた。徳富蘆花とくとみろかは『謀叛論』で幸徳らを弁護、永井荷風ながいかふうは『花火』で、文学者として事件を批判した。

参考 日本史用語集―A・B共用

近代国家の成立

近代産業の発展

社会問題の発生
日清戦争後、労働者の階級的自覚がしだいに高まり、劣悪な労働条件を改善するために団結するようになった。1897(明治30)年にはアメリカから帰国した高野房太郎(1868〜1904)らが職工義友会をおこし、「職工諸君に寄す」というー文を配布したが、これに片山潜かたやません(1859〜1933)らが加わって、同年、労働組合期成会が結成され、その指導のもとに、各地で鉄工組合や日本鉄道矯正会などの労働組合がつくられ、待遇改善や賃金引き上げを要求する労働争議がしばしばおこるようになった。片山が中心となり、労働組合期成会・鉄工組合の機関誌として『労働世界』が発行され、労働組合運動が展開された。
大逆事件
社会民主党発起人(安部磯雄、河上清、幸徳秋水、木下尚江、片山潜、西川光二郎)©世界の歴史まっぷ

社会民主党結成時の党員:社会主義協会の中心メンバーであった6人が、1901年に結社届を提出した。しかし、前年に制定された治安警察法により、結党の2日後に結社禁止を命じられた。 参考 山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

これに対し政府は、1900(明治33)年に治安警察法を公布し、労働者の団結権・罷業権を制限して労働運動を取り締まったが、反面、生産能率の向上と資本家·経営者と労働者の階級対立を緩和するために労働条件を改善する必要があるとして、労働者を保護する法律を制定しようとした。しかしそれは経営者側の反対でなかなか実現しなかった。 労働組合が結成され労働運動が展開されるとともに、その指導理論としての社会主義思想が芽ばえるようになった。1898(明治31)年に社会主義研究会が生まれ、これを母体として1901(明治34)年には日本で最初の社会主義政党である社会民主党が結成された。しかし政府は、治安警察法によってただちにこれを禁止した。
社会民主党
中心メンバーは、幸徳秋水·片山潜・安部磯雄あべいそお(1865〜1949)·西川光二郎(1876〜1940)・木下尚(1869〜1937)・河上清(1873〜1949)らで、理想綱領として軍備全廃・階級の廃止・土地と資本の公有化などをかかげ、実際、運動の綱領としては貴族院廃止・軍備縮小・普通選挙実施・8時間労働実施などをうたった。そのころはマルクス主義の影響よりも、まだキリスト教的人道主義の性格が強かった。
そののち、日露戦争の危機が深まると、1903(明治36)年、幸徳秋水・堺利彦らは平民社をおこし『平民新聞』を発行して、社会主義の立場から反戦運動を展開した。 また、近代産業の急速な発展に伴い、さまざまな公害問題もおこった。なかでも足尾銅山鉱毒事件は地元の鉱毒被害民により足尾銅山の事業停止を求める運動が展開され、田中正造(1841〜1913)らが議会でこれを取りあげて政府に対策を迫るなど、大きな社会問題に発展した。 1908(明治41)年第2次桂内閣が成立すると、社会主義運動に対する取締りはいちだんと厳しくなり、1910(明治43)年には明治天皇暗殺を計画したという理由で、多くの社会主義者が逮捕され、その翌年に処刑された。いわゆる大逆事件である。
大逆事件
その真相は長く謎に包まれていたが、第二次世界大戦後になってようやく明らかになってきた。それによると、宮下太吉・菅野スガら数人の急進的な無政府主義活動家が、天皇をすべての社会悪の根源としてその暗殺を計画し、爆裂弾の製造にあたっていたことが発覚して逮捕された。政府はこれを機に大量の社会主義者を検挙し、うち26名を非公開の裁判に付し、幸徳秋水ら12名を死刑、14名を懲役刑に処した。しかし、実際には幸徳は天皇暗殺計画には消極的だったらしく、今日では処刑された人々のなかには無実だった者もあったとみられている。
政府は大逆事件をきっかけに社会主義運動を弾圧するため、警視庁内に特別高等課特高)を設置した。国民の大多数は社会主義を危険視するようになり、社会主義者の活動は一時まったく衰えてしまった(「冬の時代」)。 同時に、政府は1911(明治44)年に工場法を制定するなど、社会政策的配慮から労働条件の改善をはかり、労働者と資本家との対立を緩和してその協調をはかろうとした。

参考

Previous Post

Next Post