商業ルネサンス (11〜12世紀) 十字軍以降、諸地域の物産物を海路や陸路を通じて交易する、遠隔地貿易が発達した。11〜12世紀に見られるこのような商業や都市の発展を、商業の復活(商業ルネサンス)とよぶ。イタリア諸都市は東方貿易で繁栄し、北ドイツ諸都市はリューベックを盟主にハンザ同盟を結び、北方における遠隔地貿易をになった。地中海と北海・バルト海商業圏を結びつけるルートが生まれ、河川輸送の便に恵まれたシャンパーニュ地方が繁栄し、14世紀には沿岸航路の開拓により、繁栄の中心は毛織物工業で知られるフランドル地方に移行した。

商業ルネサンス

ヨーロッパ世界の形成と発展

ヨーロッパ世界の形成と発展
ヨーロッパ世界の形成と発展 ©世界の歴史まっぷ

西ヨーロッパ中世世界の変容

中世都市の成立と遠隔地商業
10〜11世紀頃から封建社会が安定し、荘園内の生産が増大すると、西ヨーロッパ経済に新しい動きがみられるようになった。人口は急速に増加し、開墾と移住がさかんに行われた。また、各地に余剰生産物の交換を行う定期市が開かれ、長く停滞していた商業が再び活況を呈してきた。さらに、ムスリム商人やヴァイキングの商業活動によって貨幣の使用が進むと、商人たちの中には安全で交通の便利な場所に商人集落(ヴィク)を形成するものも現れた。それらは荘園内の手工業者などを吸収し、しだいに都市(中世都市)に発展した。
11〜12世紀にみられたこのような都市と商業の発達を、ベルギーの歴史家アンリ・ピレンヌは「商業の復活」(商業ルネサンス)と呼んだ。
ケルンやミラノといった古代以来のカトリック教会の司教座都市でも、商業の復活とともに商人集落が都市の外側に形成され、司教の保護下に反映し、やがてそれぞれの都市に統合されていった。
中世の商業地区-ハンザ同盟主要加盟都市地図
中世の商業地区-ハンザ同盟主要加盟都市地図 ©世界の歴史まっぷ
交易の範囲も、当初は都市と近郊農村との局地的なものであったが、十字軍などの影響で遠方との交易路が開かれると、遠隔地商業が盛んとなった。その中心をなしたのが、地中海地域北海・バルト海地域の二大商圏である。地中海では、イタリアのヴェネツィアジェノヴァピサなどの海港都市が、東方貿易(レヴァント貿易)により香辛料や絹織物といった価格差の大きい商品を輸入して利益をあげた。それにともない、内陸のミラノフィレンツェも毛織物業や金融業で栄えた。 他方、北海・バルト海方面では、北ドイツのリューベックハンブルクブレーメンやフランドル地方のアントウェルペン(アントワープ)・ブリュージュ・ガン、イングランドのロンドンブリストルなどが、木材・海産物・塩・毛皮・穀物・鉄・毛織物といった生活必需品の取引で栄えた。 また、地中海商圏と北海・バルト海商圏を結ぶ内陸部にも都市が発達した。特に、交通の要衝をなすフランスのシャンパーニュ地方では定期的に大市(シャンパーニュの大市)が開かれ、各国の産物が取引されてにぎわった。このほか、ドイツではライン河沿いのケルンマインツやドナウ川上流のニュルンベルクアウクスブルクミュンヘンが、フランスではセーヌ川沿いのパリルーアンやローヌ河谷のリヨン、ガロンヌ川下流のボルドーなどが繁栄した。

参考

詳説世界史研究

コメントを残す