古典派音楽
古典派音楽 ©世界の歴史まっぷ
古典派音楽 18世紀後半〜19世紀初めの、均整さを追求した器楽曲が特徴の音楽。貴族文化であったバロック音楽にかわり、市民文化のあらたな様式として広まった。ハイドン、モーツァルト、ヴェートヴェンなど。

古典派音楽

18世紀後半〜19世紀初めの、均整さを追求した器楽曲が特徴の音楽。貴族文化であったバロック音楽にかわり、市民文化のあらたな様式として広まった。

参考 世界史用語集

欧米における近代国民国家の発展

19世紀欧米の文化

美術と音楽
古典派音楽
ハイドン
モーツァルト
ベートーヴェン
音楽の分野では、18世紀後半から19世紀初めにかけて古典派音楽がさかんとなり、125の交響曲を作曲し近代的ソナタ形式を確立して「交響曲の父」と呼ばれたオーストリアのハイドン Haydn (1732〜1809, 「四季」, 交響曲「軍隊」「時計」)、35歳で死去しながらも数多くの作品を残した音楽の天才モーツァルト Mozart (1756〜91, 「魔笛」)、ボンに生まれ9つの交響曲によってその名声を不朽のものとしたドイツのベートーヴェン Beethoven (1770〜1827, 16の「弦楽四重奏曲」「荘厳ミサ」)などがでた。

参考

詳説世界史研究
Previous Post

コメントを残す