MENUMENU
劉秉忠
劉秉忠 ©Public Domain

劉秉忠

/

劉秉忠りゅうへいちゅう (1216年〜1274年) フビライに仕えた政治家。字は仲晦ちゅうかい。法号は子聡しそう。 雲中(山西省大同)で臨済宗の海雲禅師の元に出家していた漢人だが、海雲禅師の推挙で漢人を治めるモンゴル帝国のフビライに仕え、主に行政面で主要な役割を果たした。

劉秉忠

1264年に還俗して光禄大夫こうろくたいふに任命される。以後、姚枢ようすうと共にフビライのブレーンとして元朝の国号の制定から漢風制度の王朝整備、中統の年号制定、紙幣の発行による通貨政策、元の首都である大都建設など枢機に携わった。1274年に59歳で死去。

逸話

  • フビライの片腕・謀臣としてその名を知られていた。彼の死後、およそ100年を経て永楽帝のブレーンとなった姚広孝は彼の生まれ変わりとまで称された。
  • フビライがモンケの家臣だったとき、領地が河北省にあった。そこには1万戸の民がいたが、日ごとに民が減って遂に700戸にまで減ってしまった。フビライは驚いて劉秉忠に調査させた。すると税を取り立てる責任者の行き過ぎがあった。そこで劉秉忠は「税を軽く、賦を薄くしてやれば、戸数は自ずと増えるでありましょう」と進言した。フビライが進言どおりにすると、1年で数倍の戸数が増えた。このため、劉秉忠はフビライから厚い信任を得たという。

劉秉忠が登場する作品

フビライ・ハン

劉秉忠
フビライ・ハン ©)Beijing Sunshine Sheng Tong Culture and Arts Co. Ltd.

フビライ・ハン(ドラマ) あらすじと登場する歴史上の人物 - 世界の歴史まっぷ

フビライ・ハン第1話【無料】 動画 | 台湾ドラマ:楽天SHOWTIME(ショウタイム)

Previous Post

Next Post

コメントを残す

MENUMENU