前1200年のカタストロフ
Kerstiaen de Keuninck 画 / ©Public Domain

前1200年のカタストロフ (Late Bronze Age collapse) とは地中海東部を席巻した災厄のこと。
この災厄をきっかけに、ヒッタイトのみが所有していた鉄器の生産技術が地中海東部の各地や西アジアに広がることにより青銅器時代は終焉を迎え、鉄器時代が始まった。
原因は諸説あるが、この災厄は古代エジプト、西アジア、アナトリア半島、クレタ島、ギリシャ本土の分裂と経済衰退が東地中海を襲い、各地において新たな時代を生み出した。

前1200年のカタストロフ

紀元前1200年のカタストロフにつて、諸説あるがフェルナン・ブローデルの分析によると、ヒッタイトの崩壊・エジプトにおける海の民の襲撃・ギリシャのミケーネ文明の崩壊・気候の変動となる。

person_outlineby

コメントを残す