丙寅教獄
逮捕され、尋問されるベルヌー司祭 ©PHGCOM

丙寅教獄

folder_open

丙寅教獄へいいんきょうごく
興宣大院君による1866年3月に朝鮮で起きたキリスト教弾圧事件。

丙寅教獄

ロシアの南下政策によってロシアが通商を要求すると、宮中にも力を持ち始めたキリスト勢力は、キリスト教に友好的だった興宣大院君に、ロシアに対抗する3国同盟(朝鮮、フランス、イギリス)を結んで自らの開国を主張したが、計画は失敗し、興宣大院君はキリスト教徒を擁護するという非難を受けたため、非難を終息するために丙寅教獄を起こした。

丙寅教獄 李景夏
「明成皇后」で拷問をする李景夏

パリ外国宣教会から派遣され、朝鮮に潜入して布教に当たっていたシメオン=フランソワ・ベルヌー司教 (Siméon-François Berneux) ほか9名のフランス宣教師、高宗の乳母(朴マルタ)を含む、8,000名におよぶ信者が虐殺された。捕盗大将李景夏の活動が有名。

フランスはこの事件へ抗議して、極東艦隊のほぼ全戦力となる軍艦7隻・兵力約1300名を派遣し、殺害に対する賠償、責任者の処罰、通商条約の締結などを要求して江華府を占領した。大院君はこれらの要求を拒否し、撃退した。

丙寅教獄が登場する作品

明成皇后

丙寅教獄 - 明成皇后
明成皇后

linkKBSドラマ 明成皇后 年表

DVD

person_outlineby

コメントを残す