MENUMENU
ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)
ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)

/ /

ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝) Wilhelm (1859〜1941) ドイツ皇帝(在位1888〜1918)。ビスマルクを罷免し、海軍の拡張による「世界政策」と呼ばれる帝国主義を開始すると、イギリス・フランスとの対立が激化して第一次世界大戦となった。大戦末期のドイツ革命で退位してオランダに亡命し、ホーエンツォレルン家の支配が終焉した。

ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)

  • ドイツ皇帝(在位1888〜1918)。ビスマルクを罷免し、海軍の拡張による「世界政策」と呼ばれる帝国主義を開始すると、イギリス・フランスとの対立が激化して第一次世界大戦となった。大戦末期のドイツ革命で退位してオランダに亡命し、ホーエンツォレルン家の支配が終焉した。
  • 1890年、内外政策で対立したビスマルクを引退させ、「世界政策」を採用してイギリスと対立を深めた。第一次世界大戦末期、ドイツ革命が勃発して退位・亡命した。

参考 世界史用語集

帝国を崩壊に導いた未熟な権力者

ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)は29歳で即位した。祖父ヴィルヘルム1世(ドイツ皇帝)を継いだ父が在位わずか99日で崩御したためである。祖父とドイツ帝国を築いたビスマルクは75歳。まだ現役で、列強と結び仇敵きゅうてきフランスを孤立させる「ビスマルク体制」という絶妙のパワーバランスを操っていた。憧れの鉄血宰相に存在感を示そうとしたのだろうか。だとすれば、すべては裏目に出た。まず宰相を罷免ひめんし親政に切り替えた。前後して独露再保障条約の更新を拒否、露仏同盟の成立を自ら促してしまう。さらに「ドイツは満ち足りた」と領土的野心のなさを示したビスマルクとは反対に帝国主義政策を推進し、英仏露に警戒心を抱かせた。そして、サライェヴォ事件に関しオーストリア皇帝に対セルビア強硬策を進め、第一次世界大戦を引き起こさせるのである。即位から20年も経ずにドイツは孤立、30年後に帝国は崩壊。大戦にも敗北し、最後の皇帝は退位しオランダへ亡命する。

参考 ビジュアル 世界史1000人(下巻)

近代国家の成立

日露戦争と国際関係

列強の中国分割
19世紀末期、日本がようやく近代国家を形成したころ、欧米先進資本主義諸国は早くも帝国主義段階に突入しようとしていた。諸列強は生産物の販路を海外に広げ、また、直接に資本を輸出して利益を収めるためにこぞって積極的な対外進出政策をとり、植民地獲得を競い合ったが、その矛先は、アジア・アフリカなどの発展途上諸地域に向けられた。
列強の世界政策
イギリスはすでに1875年にスエズ運河株を買収し、1877年にはヴィクトリア女王がインド皇帝に就任してインドを完全に自国の領土とし、1880年代にはビルマ(現、ミャンマー)を併合するなど、ロシアと対立しつつ勢力を東へ仲ばすー方、フランスと対立しつつアフリカ分割を進めた。フランスは1884年、清仏戦争をおこして翌年にベトナムを保護国とし、1887年には仏領インドシナ連邦を形成した。ドイツは、1870年代から80年代に南太平洋の島々を植民地としたが、1890年にはそれまでヨーロッパの現状維持につとめていたビスマルク( Bismarck, 1815〜98)が失脚して、ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)( WilhelmII、 在位1888〜1918)の親政のもとに、積極的な世界政策を進めた。ロシアはツアーリの専制のもとに、1877年、露土戦争でオスマン帝国を撃破してバルカンに南下するとともに、1890年代にはシベリア鉄道の建設を進めるなど、アジアヘも進出を続けた。また、アメリカも遅ればせながら、1860年代末、太平洋横断の定期航路を開いて東アジア貿易をイギリスと競い、1898年にはハワイを併合し、さらにスペインと戦って(米西戦争)、フィリピンを植民地とした。
アジア諸地域の動揺
中国のケーキ(アンリ・マイヤー画/フランス国立図書館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

日清戦争終結から3年後、列強がこぞって中国を分割する様を描いています。この年、各国による租借、占領、割譲などが次々に行われました。図の左からイギリスのヴィクトリア女王、ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)、ロシアのニコライ2世、フランスの象徴である女性像マリアンヌ、そして日本を象徴するサムライ。背後には清国人がなすすべもなく手を上げています。 参考: おもしろい世界の風刺画 (OAK MOOK)

満州進出と日米摩擦
このように日本は東アジアの強国となり、急速に勢力を拡大し、欧米列強諸国に伍して国際政局で大きな影響力をもつようになった。国際社会において欧米列強と肩を並べる強国を建設するという明治維新以来の日本の目標は、ひとまず達成されたといえよう。しかし、日本の強国化、とくに満州への勢力拡大は、日本に対する列強の警戒心を高め、黄禍論こうかろん(イエロー=ペリル、 YellowPeril ) の矛先が主として日本に向けられるようになった。
黄禍論
"The Yellow Terror In All His Glory"(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
黄禍論:黄色人種が白人をアジアから駆除しようとするのではないかと警戒し、ヨーロッパ諸国はキリスト教文明をまもるためにこれと対決すべきであるとする主張で、すでに日清戦争直後から、ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)らが盛んに唱えていた。

参考

created by Rinker
¥3,980 (2019/01/19 14:34:02時点 Amazon調べ-詳細)
Previous Post

MENUMENU