モロッコ事件
帝国主義対立の変化 ©世界の歴史まっぷ
モロッコ事件 Moroccan crisis (1905, 1911) 1905年と11年の2度発生した、モロッコをめぐるドイツとフランス間でおこった国際紛争。モロッコはフランスの保護国となった。

モロッコ事件

1905年と11年の2度発生した、モロッコをめぐるドイツとフランス間でおこった国際紛争。
  • 第1次モロッコ事件:1905 ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世によるタンジール訪問。英仏協商でモロッコにおけるフランスの優越権を認めたことにドイツ皇帝が反発し、モロッコのスルタンと会見して、フランスの進出に反対であることを表明した。
  • 第2次モロッコ事件:1911 ドイツが軍艦を突如アガディールに派遣した事件。モロッコで発生したベルベル人の反乱鎮圧のためのフランス軍投入に対抗して、居留民保護を口実にドイツが軍艦を派遣した。しかし、イギリスがフランスを支援したため、ドイツはフランスからコンゴ領の一部を得ただけで譲歩した。

参考 世界史用語集

帝国主義とアジアの民族運動

帝国主義と列強の展開

フランス

帝国主義時代のヨーロッパ諸国 フランス

 フランス国内 フランス国外
1871
パリ=コミューン1870プロイセン=フランス戦争(〜71)
1875第三共和国憲法1878ベルリン会議
1881チュニジア占領
1882西アフリカでサモリ帝国の抵抗始まる(〜98)
1883ベトナム保護国化(ユエ条約)
1884ベルリン=コンゴ会議(〜85)
1884清仏戦争(〜85)
1887ブーランジェ事件(〜89)1887フランス領インドシナ連邦成立
1889第2インターナショナル結成(パリ 〜1914)
パリ万博博覧会
1894ドレフュス事件(〜99)1894露仏同盟完成
1895フランス労働総同盟結成 → サンディカリズム1895フランス領西アフリカ成立
1896マダガスカル、領有
1898ファショダ事件
1904英仏協商締結
1905フランス社会党結成(ジョレス)
政教分離法発布
1905第1次モロッコ事件
1906アルヘシラス会議
1911第2次モロッコ事件
1912モロッコ保護国化
ドイツ

帝国主義時代のヨーロッパ諸国 ドイツ

 ドイツ国内 ドイツ国外
1871ドイツ帝国成立
帝国宰相 ビスマルク
文化闘争(〜80)
1870プロイセン=フラン戦争(〜71)
エルザス・ロートリンゲン獲得
1875ドイツ社会主義労働者党成立(ゴータ綱領)1873三帝同盟締結(独・澳・露)
1878社会主義者鎮圧法成立1878ベルリン会議 ビスマルク「誠実な仲立ち人」→ ロシアの南下政策阻止
1879保護関税政策 → 工業化1879独墺同盟締結
1883ビスマルク、社会保険制度実施(〜89)1882三国同盟締結(独・墺・伊)
1888ヴィルヘルム2世<(ドイツ皇帝)/strong>即位(〜1918)1884ベルリン=コンゴ会議(〜85)
1890ビスマルク、辞職
世界政策(ヴィルヘルム2世)
社会主義者鎮圧法廃止
1884トーゴ、カメルーン領有
独領南西アフリカ成立
ビスマルク諸島領有
ドイツ社会主義労働者党、社会民主党と改称(エルフルト綱領)18911885独領東アフリカ成立
1886マーシャル諸島領有
1887独露再保障条約締結(〜90)
1896社会民主党のベルンシュタイン、修正主義を主張1899バグダード鉄道敷設権獲得 → 3B政策
1898建艦政策始まる → イギリスとの建艦競争へ
パン=ゲルマン主義広まる
1905第1次モロッコ事件
マジ=マジ闘争(東アフリカ 〜07)
1906アルヘシラス会議
1912社会民主党が第一党に躍進1911第2次モロッコ事件

世界分割と列強対立

アフリカの植民地化
ドイツはベルリン会議を機に1880年代半ばに、南西アフリカ(現ナミビア)・カメルーン・トーゴランド・東アフリカ(タンガニーカ)の領有権を獲得したが、いずれも経済上の利益をもたらすものではなかった。ヴィルヘルム2世(ドイツ皇帝)の時代には、植民地を領有することは列強としての存在感を示すための政策とうけとめられるようになった。1904年以後、英・仏の接近に不安を感じたドイツは、フランスのモロッコ支配に異議を唱えて2度にわたりモロッコ事件を引きおこしたが、モロッコはフランスの保護国となった。
アフリカの植民地化地図 アフリカの植民地化 アフリカの抵抗
アフリカの植民地化地図 ©世界の歴史まっぷ

参考

person_outlineby