MENUMENU
テュイルリー宮殿
テュイルリー宮殿 (1850年/Charles Fichot 画/Photographs division/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

テュイルリー宮殿

テュイルリー宮殿 Palais des Tuileries パリのルーヴル宮殿に隣接したフランス王宮。アンリ2世の妃の命で1564年造営。革命時代パリ民衆はこの王宮を襲撃し王権を停止した。1871年パリ・コミューンで一部が焼失。現在は庭園のみ残る。

テュイルリー宮殿

パリのセーヌ河畔、ルーブル美術館の隣にあるフランス王宮。アンリ2世(フランス王)の妃カトリーヌ・ド・メディシスが建築家 P.ド・ロルムに命じ、1564年に宮殿を造営したのに始る。次いで 16世紀には J.ビュラン、J.デュセルソー、17世紀には L.ル・ボーによって増改築された。革命時代パリ民衆はこの王宮を占拠し、王権を停止した。ナポレオンとルイ・フィリップの時代に再建。しかし 1871年のパリ・コミューンのおりに、その一部が焼失した。

参考 ブリタニカ国際大百科事典

地図

Previous Post

Next Post

コメントを残す

MENUMENU