MENUMENU
チャビン文化 チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル @Wikipedia
チャビン文化 (紀元前900~200年) アンデス文明最古の文化。アマゾン川の源流部、標高約3200mのアンデス山脈の谷間に石積みの神殿や主神「ランソン像」などの遺構が残っている。中心地はペルーの世界遺産「チャビンの考古遺跡」に登録されている。

チャビン文化

アジア・アメリカの古代文明

アジア・アメリカの古代文明
アジア・アメリカの古代文明 ©世界の歴史まっぷ

南北アメリカ文明

アンデス文明
現在のペルーを中心とする中央アンデス地帯にも、紀元前からのチャビン文化(紀元前900〜200)、紀元後のナスカ文化、ティワナク文化など大規模な石造建築をもつ文化が存在した。

参考

詳説世界史研究

世界遺産

チャビン文化の中心地チャビン・デ・ワンタルは、世界遺産「チャビンの考古遺跡」に登録されている。 チャビン・デ・ワンタル - 世界の歴史まっぷ

ギャラリー

チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタルの彫刻にはすべて牙がある Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル (嗅ぎタバコ、海の哺乳類の骨/ロンバード博物館蔵)Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル 金のネックレス Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタルで多く見られる神話的な生き物 Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル再現模型 Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル Source: Wikipedia

アメリカの古代文明リストマップ

Previous Post

Next Post

コメントを残す

MENUMENU