MENUMENU
ムハンマド=アリー朝 オスマン帝国の領土縮小地図
カルロヴィッツ条約 オスマン帝国の領土縮小地図 ©世界の歴史まっぷ
カルロヴィッツ条約 Karlowitz (1699) オスマン帝国がオーストリア・ポーランド・ヴェネツィアに領土を割譲した講和条約。オーストリアにハンガリーとトランシルヴァニアを、ヴェネツィアにモレアとダルマツィアなどをゆずり、オスマン帝国の勢力は大きく後退した。

カルロヴィッツ条約

1699年 オスマン帝国がオーストリア・ポーランド・ヴェネツィアに領土を割譲した講和条約。オーストリアにハンガリー・トランシルヴァニアなどをゆずり、オスマン帝国の勢力は大きく後退した。

参考 世界史用語集

アジア諸地域の動揺

オスマン帝国支配の動揺とアラブのめざめ

オスマン帝国支配の動揺
バルカン半島では、ハプスブルク家オーストリアロシアの南下が始まった。オスマン帝国は、第2次ウィーン包囲(1683)に失敗して手痛い打撃をうけ、1699年のカルロヴィッツ条約 Karlowitz では、オーストリアにハンガリーとトランシルヴァニアを、ヴェネツィアにモレアとダルマツィアを割譲することとなった。さらに1768〜74年のロシア=トルコ戦争に大敗を喫し、クチュク=カイナルジャ条約によって、黒海の北岸をロシアに譲り、黒海の自由通航権を認めた。1792年には再びロシア=トルコ戦争に敗れ、クリミア半島を割譲した。このようにオスマン帝国の弱体化から明らかになると、中東全域へのヨーロッパ諸国の侵略が開始された。
オスマン帝国の領土縮小地図

参考

詳説世界史研究
33. トルコ・イラン世界の展開図
33. トルコ・イラン世界の展開図 ©世界の歴史まっぷ

コメントを残す

MENUMENU