エルサレム王国
アジアの十字軍国家

エルサレム王国

folder_open loyalty /
エルサレム王国 1099年-1291年 11世紀末、西ヨーロッパの十字軍によって中東のパレスチナに樹立されたキリスト教王国。十字軍国家の一つ。

エルサレム王国

第1回十字軍(ゴドフロワ・ド・ブイヨン指揮)
1099年 聖地エルサレムを占領。ボードゥアン1世(ゴドフロワ・ド・ブイヨンの弟)がエルサレム王を名乗りエルサレム王国樹立。 イタリアの都市国家ヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサがヨーロッパとの海上交通や兵站路を確保するとともにレバント貿易に従事した。
第2回十字軍
1144年 セルジューク朝の武将ザンギーにエデッサ伯領を奪回されたが第2回十字軍は撤退し、協力体制のムスリム都市ダマスクスもヌールッディーンに支配される。 アモーリー1世死後、後を継いだボードゥアン4世は病気により跡継ぎが望めず、後継をめぐって新来十字軍を中心とする宮廷派(教会関係者らはイスラーム徒との戦闘を要求)と現地諸侯を中心とする貴族派(現地生まれの諸侯らは異教徒との融和し共存を目指す)の勢力争いが顕著になる。 ボードゥアン4世死後、シビーユ女王(ボードゥアン1世の子であり、ボードゥアン4世の妹)と結婚したギー・ド・リュジニャンが王となる。
第3回十字軍
1187年 ヌールッディーン死後、後を継いだサラディンがヒッティーンの戦いでエルサレム王ギー・ド・リュジニャンを破り聖地エルサレムを奪還したため、第3回十字軍が駆けつけたが聖地再占領は果たせず。
第6回十字軍
1228年 シチリア王国に育ちアラビア語に堪能な神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世が外交交渉によってエルサレムを回復したが、1244年にはそれも失われた。
滅亡
1291 エジプトのマムルーク朝によってアッコンを落され、完全に滅亡する。

エルサレム王国が登場する映画

キングダム・オブ・ヘブン

エルサレム王国 - キングダム・オブ・ヘブン
キングダム・オブ・ヘブン

linkキングダム・オブ・ヘブン -Kingdom of Heaven

DVD

person_outlineby

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です