MENUMENU
ウィリアム・ピット(小ピット)
ウィリアム・ピット(小ピット)(ジョン・ホプナー画/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
ウィリアム・ピット(小ピット) William Pitt (the Younger) (1759〜1806) グレートブリテン王国・グレートブリテン及びアイルランド連合王国ハノーヴァー朝のジョージ3世治世下の首相(在任 1783〜1801/1804〜1806)。アメリカ独立戦争後の財政再建・産業振興・自由貿易推進に尽力。フランス革命・ナポレオン戦争期に3回対仏大同盟を提唱し欧州をまとめる。アウステルリッツの敗戦に打撃をうけて病没。

ウィリアム・ピット(小ピット)

英国の政治家。大ピットの次男。小ピットと呼ばれる。24歳で首相となり、アメリカ独立戦争後の財政再建・産業振興・自由貿易推進に尽力。国内の急進的改革運動を抑圧して政党政治を確立した。フランス革命・ナポレオン戦争期に3回対仏大同盟を提唱し欧州をまとめる。1801年アイルランド問題でジョージ3世(イギリス王)と対立し辞職、1804年再組閣。第3次対仏大同盟を結び戦いを継続したが、アウステルリッツの敗戦に打撃をうけて病没。

参考 百科事典マイペディア

歴代最年少で首相となり、フランス革命と対峙

通称小ピット。24歳で英国の宰相となりアメリカ独立戦争後の財政を再建。フランス革命とナポレオン戦争期には3回も対仏大同盟を提唱し欧州をまとめる。結婚せず20年余りも首相を務めたが、アウステルリッツでのナポレオン大勝にショックを受け病没した。

参考 ビジュアル 世界史1000人(下巻)

欧米における近代社会の成長

フランス革命とナポレオン

第一共和制の成立と内外の危機
戦争と共和制図
戦争と共和制図 ©世界の歴史まっぷ
革命軍の攻勢とルイ16世(フランス王)の処刑は、イギリスをはじめとするヨーロッパ諸国の革命への敵意と警戒心を強めた。イギリスのピット首相(小ピット Pitt, 1759〜1806)の呼びかけで、1793年第1回対仏大同盟が結成された。イギリス・オーストリア・プロイセン・スペイン・オランダなどが参加した。
ブリュメールのクーデタとナポレオン
47.ナポレオンの登場と大陸支配流れ図
47.ナポレオンの登場と大陸支配流れ図
1800年ナポレオンはオーストリアとの戦争を再開した。ナポレオン軍はアルプスを越えて北イタリアに入り、マレンゴの戦い Marengo でオーストリア軍を破った。1801年リュネヴィル Lunéville でオーストリアとの講和が結ばれた。ピット(小ピット)内閣が倒れたイギリスとは1802年、アミアンの和約 Amiens が結ばれた。一時的ではあったが、ナポレオンはヨーロッパに戦争のない国際平和を実現させた。

参考

詳説世界史研究

コメントを残す

MENUMENU