MENUMENU
イリ条約 露清北京条約 キャフタ条約 ロシアの東方進出 ネルチンスク条約
ロシアの東方進出地図 ©世界の歴史まっぷ
イリ条約 (1881) 清統治下の新疆でイスラーム教徒が反乱をおこすと、ロシアはこの戦乱を利用してイリを占領。清朝の撤退要求を無視し対立した(1871〜81, イリ事件)。1881年イリ条約が結ばれ、ロシアに新疆での通商権を認めるかわりに、イリ地方は清朝に返還された。

イリ条約

  • イリ事件:1871〜81 ロシアが新疆のイリを占領し、清朝と対立した事件。清統治下の新疆でイスラーム教徒が反乱をおこすと、ロシアはこの戦乱を利用してイリを占領。清朝の撤退要求を無視した。
  • イリ条約:1881 イリ事件のとき、ロシアと清が結んだ条約。清は英・仏の仲介でロシアとペテルブルクで条約を結んだ。この条約により清はイリ地区の大半を取り戻し、ロシアは通商上の特権を得た。

参考 世界史用語集

アジア諸地域の動揺

東アジアの激動

ロシアの東方進出

ロシアの東方進出

1689ネルチンスク条約ピョートル1世(露)康熙帝(清)
1727キャフタ条約ピョートル2世(露)雍正帝(清)
1828トルコマンチャーイ条約ニコライ1世(露)ファトフ・アリー・シャー(カージャール朝)
1858アイグン条約ニコライ1世(露)咸豊帝(清)
1860露清北京条約アレクサンドル2世(露)咸豊帝(清)
1881イリ条約アレクサンドル2世(露)光緒帝(清)
清の領域地図
清の領域地図 イリ条約前の清の版図 ©世界の歴史まっぷ
ロシアの東方進出地図
ロシアの東方進出地図 イリ条約後のロシアの版図 ©世界の歴史まっぷ
ロシアは、清朝に対する新疆しんきょう(東トルキスタン)=イスラーム教徒の反乱 (1864〜78)を機に、居留民保護を名目として、1871年にイリ地方を占領した。反乱は、欽差大臣きんさだいじん として清軍の指揮をとった左宗棠さそうとう(1812〜85)の奮闘などにより鎮圧されたが、反乱終結後もロシアは同地方から撤兵しなかったため、露清間の紛争となった(イリ事件)。この紛争は結局、ロシアに対しても強い姿勢で臨んだ左宗棠の努力がみのり、1881年イリ条約が結ばれ、ロシアに新疆での通商権を認めるかわりに、イリ地方は清朝に返還された。
イスラーム教徒の反乱:反乱の中でもっとも有力な勢力となったヤクブ=ベク Ya'qub Beg (1820頃〜77)の政権は、一時新疆のほぼ全域を制圧するにいたった。

欽差大臣:非常時に皇帝によって任命される、一時的に大権をゆだねられた特命大臣。

参考

詳説世界史研究
Previous Post

コメントを残す

MENUMENU