MENUMENU

イダルゴ Hidalgo (1753〜1811)

メキシコ独立運動の先駆者。クリオーリョの神父で、インディオへの土地返還を叫び蜂起したが、副王軍に捕らえられ処刑された。

イダルゴ

メキシコ独立運動の先駆者。クリオーリョの神父で、1810年に自身の教区で蜂起したが、副王軍に捕らえられ処刑された。

参考 世界史用語集

メキシコ独立運動の初期の指導者。クリオーリョ(植民地生まれの白人)で聖職者だったがインディオへの土地返還を叫び57歳で武装蜂起。1年足らずで捕らえられ銃殺された。

参考 ビジュアル 世界史1000人(下巻)

欧米における近代国民国家の発展

ウィーン体制

ラテンアメリカの独立

メキシコでは1810年、神父イダルゴ Hidalgo (1753〜1811)によるインディオ農民を指導した武力蜂起が開始され、19年帝国として独立し、24年共和国となった。しかし、独立後も教会や伝統的地主の勢力が強く、国内の自由主義化は進まなかった。

ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗流れ図
60.ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗
60.ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗流れ図 ©世界の歴史まっぷ
MENUMENU