MENUMENU
アレクサンドロス3世 (紀元前356年7月20日-紀元前323年6月10日)
  • アルゲアス朝マケドニア王(在位紀元前336年〜紀元前323年)
  • ヘラス同盟盟主
  • エジプト(マケドニア王国支配)ファラオ(在位:紀元前332年〜紀元前323年)
父フィリッポス2世はヘラクレスを祖とし、母オリュンピアスはアキレウスを祖とする家系であり、ギリシア世界で最大の栄光を持つ両英雄の血筋と考えられ、ギリシア随一の家系的名誉だった。家庭教師アリストテレスから多くを学ぶ。アケメネス朝ペルシアを滅ぼし、ギリシアからインドにまたがる大帝国を築き、東西文化の融合を進める(ヘレニズム文化)。

アレクサンドロス3世

アレクサンドロス大王
オリエントと地中海世界 ©世界の歴史まっぷ

オリエントと地中海世界

ギリシア世界

アレクサンドロス大王
ギリシアのポリスを支配するようになったフィリッポス2世はギリシア文化の愛好者で、息子のアレクサンドロスのためにアリストテレスを招いたりした。
アレクサンドロス自身も、ホメロスの詩やギリシアの自然を科学を好んだという。
フィリッポス2世が貴族に殺されてあとを継いだアレクサンドロス大王(在位:紀元前336〜紀元前323)は、忠実な貴族を中心に支配体制を固める一方、ヘラス同盟の盟主として東方のペルシア帝国への遠征に着手した。その名目はかつてのペルシアによるギリシア侵入への報復であった。アレクサンドロスは優れた軍事指導者で、マケドニアの貴族騎兵隊を軸にギリシアから招集した重装歩兵長槍密集隊と艦隊を率いて小アジアに侵入し、イッソスの戦い(紀元前333年)でペルシアのダレイオス3世を破ってシリア・エジプトを占領した。
アレクサンドロス3世 アレクサンドロス大王
アレクサンドロス大王
イッソスの戦いでダレイオス3世に決戦をいどむアレクサンドロス。ポンペイの貴族邸宅のモザイク画。ローマ人にとっても彼が英雄と受け取られていたことがわかる。中央アジアでも彼の記憶は伝説化して長く残った。(ナポリ国立考古学博物館蔵 モザイク拡大) ©Berthold Werner
エジプトに入ったアレクサンドロスは砂漠のアモン神殿に参拝し、自分がアモンの子、ファラオの後継者であるとの神託を得たと言われる。つまり彼はこの体験からもギリシア人の盟主から東方の王、世界征服者へという自覚を次第に高めていったのであろう。
さらにダレイオスを追撃してアルベラ・ガウガメラの戦い(紀元前331年)でも圧勝して首都ペルセポリスを焼き払い、アケメネス朝を滅ぼした。
アレクサンドロス大王東方遠征進路地図
アレクサンドロス大王東方遠征進路地図 ©世界の歴史まっぷ
アレクサンドロスはギリシア同盟軍を解散させて、それからはペルシア兵士をも用いてさらに東方への遠征に向かった。エジプトのナイル河口にギリシア風の都市を建設してアレクサンドリアと名付けたのをはじめに、各地の軍事・交易の拠点に同名の都市を建設して進んだ。しかし征服した地域はペルシア人の役人や土着の民族の統治に任せるようになった。しだいににアレクサンドロスはオリエントの専制君主であったペルシア王の後継者として振る舞うようになり、王の神的権威を強めていった。マケドニア人の中にはペルシア風の跪拝礼きはいれい(プロスキュネシス)を拒否して処刑されるものも現れた。遠征はなおも続き、バックトリア・ソグディアナを征服したのちインドに侵入したが、ついに兵士がそれ以上の進軍を拒んで大王もやむなくスサに帰還した。スサでは大王以下マケドニア人1万人とペルシア女性の婚礼をおこない、東西文化融合策を行う姿勢を示したが、そのすぐあと大王は熱病のため33歳で急逝した。彼の支配領域は空前の広大さに達していたが、支配機構はペルシア時代のままにとどまっており、民族・文化の融合策もほとんど進まないうちに彼の死によって大帝国は崩壊することになった。 詳細: アレクサンドロス大王 - 世界の歴史まっぷ

参考

圧倒的な強さで大帝国を築く

暗殺された父・ピリッポス2世に代わり、20歳でアルゲアス朝マケドニアのバシレウス(王)に即位したのがアレクサンドロス3世。アレクサンドロスは暗殺に端を発した反乱を平定し、ヘラス同盟(スパルタ以外のギリシア諸市を糾合したもの)の盟主に就いた。 東征を始めると、またたく間にペルシアのダレイオス3世に勝利し、続いてエジプトも制圧した。先陣をきって剣を振るうアレクサンドロスは、神がかり的に強く、将兵から絶大な人気を得たという。当時、大帝国ペルシアの制圧下におかれていたエジプト民衆は、アレクサンドロスを歓迎。アレクサンドロスはアモン神殿で「神の子」と信託を受けた。エジプトには半年間滞在し、アレクサンドリアを建設している。 その後、アケメネス朝ペルシアを滅ぼすと、バビロン、スサ(現イラン)を攻略。さらに次の東征では、西北インドのパンジャーブ地方までの大帝国を築くが、疲弊した兵士たちがそれ以上の進軍を拒んだため、やむなくいったん引き返すことにした。 ところが、バビロンまで戻ったアレクサンドロスが、そこで新都を築こうと思った矢先、熱病にかかり、あっけなく32歳の生涯を閉じた。

東西融合のヘレニズム文化が開花

ペルシアの王宮を見たアレクサンドロスは、ペルシア王の豪華な生活ぶりに驚愕したという。アレクサンドロスはマケドニア人とペルシア人との結婚を推奨し、自身もダレイオス3世の皇女や、バクトリアの王女を娶った。ペルシアの制度や人材を積極的に取り入れ、いっぽうでギリシア文化の東伝にも務めた。ペルシアから没収した大量の金銀で貨幣経済を発展させた結果、東西貿易も盛んになった。 こうしたオリエントとギリシアが融合して生まれた文化がヘレニズム文化である。 アレクサンドロスは後継者にこだわらず、特に指名もしなかったため、アレクサンドロスの死後に内乱が起こった。大帝国は分裂後、アレクサンドロスの血筋は絶えた。

参考

年表

ピリッポス2世暗殺直後のマケドニア王国の支配領域 (コリントス同盟国) 地図
ピリッポス2世暗殺直後のマケドニア王国の支配領域 (コリントス同盟国) 地図 ©世界の歴史まっぷ
アレクサンドロス大王東方遠征進路地図
アレクサンドロス大王東方遠征進路地図 ©世界の歴史まっぷ
  • 暗殺された父・フィリッポス2世に代わり、20歳でマケドニア王に即位し、反乱を平定する。
  • コリントス同盟(スパルタ以外のギリシア諸市を糾合したもの)の盟主に就く。
  • 紀元前333年 イッソスの戦い - ペルシア軍敗走。
  • エジプトを征圧し、アモン神殿で「神の子」と神託を受け、ファラオと認められ、エジプトにアレクサンドリアを建設。
  • 紀元前331年 ガウガメラの戦い - アケメネス朝ペルシアを滅ぼし、バビロン、スサを略奪。ダイオレス3世は敗走するが後に側近に暗殺される。
  • ソグディアナ、バクトリア方面およびスキタイ人を征圧。
  • マケドニアの正当な血を引く世継ぎを求める側近に反し、バクトリアの山岳民族の娘ロクサネを妃とし反感を買う。
  • 紀元前328年 伝統的なマケドニアの風習を重んじる友人であり側近将校のひとりであるクレイトスと酒の席で口論になり、クレイトスを槍で刺殺しさらに臣下の反感を買う。
  • 西北インドのパンジャーブ地方までの大帝国を築く。
  • 紀元前324年 ダレイオス3世の娘でありアケメネス朝ペルシアの王女であったスタテイラを娶る。
  • バビロンで熱病にかかり、32歳の生涯を閉じる。

アレクサンドロス大王が登場する作品

アレキサンダー

アレキサンダー
映画 アレキサンダー
アレキサンダー あらすじと解説 - 世界の歴史まっぷ
¥1,296 (2018/12/11 12:18:37時点 Amazon調べ-詳細)

その他

トランプのクラブのキングのモデル

コメントを残す

MENUMENU