MENUMENU
アフガン戦争
アフガン戦争ガンダマクで最後の攻撃を受ける英軍の生き残り(ウィリアム・バーンズ・ウォーレン画/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
アフガン戦争 (1838〜42, 78〜80, 1919) ロシアとイギリスの対立から始まった、アフガニスタンとイギリスの3次にわたる戦争。イギリスは第1次で敗れ、第2次でアフガニスタンを保護国としたが、第3次で独立を認めた。

アフガン戦争

ロシアとイギリスの対立から始まった、アフガニスタンとイギリスの3次にわたる戦争。イギリスは第1次で敗れ、第2次でアフガニスタンを保護国としたが、第3次で独立を認めた。

参考 世界史用語集

イギリスが、ロシアの南下に対抗してアフガニスタンへ侵略したため発生した戦争。英印軍はアフガン人の激しい抵抗にあい、第1次では英軍が完敗したが第2次で保護国化した。

参考 山川 詳説世界史図録

アジア諸地域の動揺

オスマン帝国支配の動揺とアラブのめざめ

カージャール朝とアフガニスタン
ロシアの南下とイランの進出を恐れるイギリスは、1838〜42年と1878〜80年の2度にわたりアフガニスタンに信仰し、戦火を交えた(アフガン戦争)。いずれもアフガン諸部族民のゲリラ戦に敗れたため、イギリスは外交権を抑えアフタにスタンを緩衝国とする戦略に転じた。1893年には、イギリスの仲介によってインドとの国境線(デュアランド=ライン)が画定し、1907年の英露協商によってロシアおよびイギリスの不干渉が合意された。1919年にはアフガニスタンがインドを攻撃し、イギリスと交戦したが、停戦後アフガニスタンの独立が国際的に承認された。

参考

詳説世界史研究

コメントを残す

MENUMENU