用語集

  • 1886年の大英帝国の範囲を示す世界の帝国連合の地図 [ construction ]

    イギリスのヴィクトリア時代 1886年の大英帝国の範囲を示す世界の帝国連合の地図 ウォルター・クレイン
    1886年の大英帝国の範囲を示す世界の帝国連合の地図 (Imperial Federation Map of the World Showing the Extent of the British Empire in 1886.) グラフィック・マガジン、1886年7月24日補足。発行元:Maclure&Co.
  • アカデメイア [ construction ]

    アカデメイア
    アカデメイア 古代ギリシアのアテナイ北西部郊外にあった、英雄アカデモスの聖林(森)に因む神域であり、リュケイオン、キュノサルゲス等と並ぶ、代表的なギュムナシオン(体育場)の所在地。 紀元前387年(コリントス戦争終了後)、プラトンがここに学園を開設した。 (さらに…)
  • アテナイの学堂 [ construction ]

    ルネサンスの意味 ラファエロ・サンティ
  • アテナ女神像 [ construction ]

    アテナ女神像
  • アヌビス [ construction ]

    アヌビス
    アヌビス (Anubis) エジプト神話に登場する冥界の神。ミイラづくりの神。犬またはジャッカルの頭部を持つ半獣。またはジャッカルそのもの。 ミイラづくりの責任者はアヌビスの格好をした。 (さらに…)
  • アラベスク [ construction ]

    アラベスク
    アラベスク (8世紀頃〜) 植物の茎や葉、あるいはアラビア文字などを図案化し、幾何学的に配置した装飾文様。ザフラー宮殿、アルハンブラ宮殿、アーグラ要塞、サン・ヴィターレ聖堂、エカテリーナ宮殿などの壁面装飾にみられる様式。 (さらに…)
  • アルノルフィーニ夫妻像 [ construction ]

    アルノルフィーニ夫妻像
    アルノルフィーニ夫妻像 初期フランドル派の画家ヤン・ファン・エイクが1434年に描いた絵画。合計3枚のオークのパネル(板)に油彩で描かれたパネル画である。日本では『アルノルフィーニ夫婦像』、『アルノルフィーニ夫妻の肖像』などと呼ばれることもあり、精緻な油絵の嚆矢こうしとして、西欧美術史で極めて重要視されている作品である。 (さらに…)
  • アルルの女たち [ construction ]

    アルルの女たち
  • アントニア・サラテの肖像 [ construction ]

    アントニア・サラテの肖像
  • イラン・イスラーム文化 [ construction ]

    ラシードゥッディーン イラン・イスラーム文化
    イラン・イスラーム文化 トルコ系のセルジューク朝、モンゴル系のイル・ハン国の支配下にイラン人が知識人として重用されたために成立した、イラン文化とイスラーム文化の融合した文化。セルジューク朝のニザームルムルク、ウマル・ハイヤーム、イルハン国のラシードゥッディーンなどのがその代表的人物である。 (さらに…)
  • ヴィーナスの誕生 [ construction ]

    ヴィーナスの誕生 サンドロ・ボッティチェリ
  • ウィンザー城 [ construction ]

    ウィンザー城
    ウィンザー城 イングランドの都市ウィンザーにある城。ロンドンから日帰りで十分行ける距離(バッキンガム宮殿から車で1時間ほど)にあり、毎年多くの観光客が訪れている。イギリス王室の所有で、女王エリザベス2世が週末に過ごす場所でもある。およそ45,000平方メートルの床面積を持ち、現存する城で人が住むものとしては最大のものである。 ロイヤルアスコット開催開催時には、エリザベス女王自ら、ウィンザー城から馬車に乗って臨席し、レース表彰式では女王自ら優勝馬関係者に優勝トロフィーを贈呈する。 女王が週末を過ごすためにここを訪れているときには王室旗が、平日などのいないときにはイギリス国旗がはためいている。 (さらに…)
  • ウォータールー橋 [ construction ]

    ウォータールー橋
  • ウパニシャッド哲学 [ construction ]

    ウパニシャッド哲学
    ウパニシャッド哲学 バラモン教の祭式至上主義・形式主義に満足しないものたちの間に内面的な思索を重視する一派が現れ、発達させた宗教をさす。ヴェーダの付属文献のひとつ『ウパニシャッド(奥義書)』の中にまとめられ、この哲学には「霊魂は不滅であり、行為カルマ(業)の結果に従ってさまざまに姿を変えて生まれ変わる」という輪廻思想の初期のかたちも見出され、輪廻思想は後世の諸宗教に大きな影響を与え、またカースト制度を支える思想ともなった。 (さらに…)
  • オルガス伯の埋葬 [ construction ]

    オルガス伯の埋葬
    オルガス伯の埋葬 エル・グレコとは「ギリシア人」の意。クレタ島出身の彼は、ヴェネツィアで学びローマでミケランジェロ・ブオナローティの芸術に接し、スペインのトレドで活躍した。人物の長身化と独特の空間表現、大胆な筆致を特徴とした、神秘主義的な宗教画を描いた。
  • カーテンのある静物 [ construction ]

    カーテンのある静物
  • カアバ神殿 [ construction ]

    16.イスラーム世界の形成 預言者ムハンマド カアバ神殿
    カアバ神殿 サウジアラビアのメッカにあるイスラーム教のモスク「マスジド・ハラーム」の中心部にある立方体の建造物でその一隅に聖なる黒石がはめこまれている、イスラームにおける最高の聖地とみなされている聖殿。 イスラーム前の時代からアラブの宗教の一中心で、多くの神々が祀られていた。 630年預言者ムハンマドは一神教であるイスラーム教を唱え、神殿内のすべての偶像を破壊してここをイスラーム教の聖殿に定めた。 コーラン第2章127節によれば、カアバはイブラーヒーム(アブラハム)とイスマーイールによって基礎をおかれたことになっており、また第3章96節ではカアバは地上につくられた最初の聖所とされている。イスラム教徒の礼拝の方向はこのカアバに向けられ、カアバへの巡礼はイスラム教徒の重要な義務の一つである。 (さらに…)
  • カフラー [ person, construction ]

    カフラー
    カフラー ?-紀元前2480年 エジプト古王国時代 第4王朝ファラオ。 カフラー王のピラミッド (Khafre's Pyramid): 場所: エジプトのギザ (さらに…)
  • ガレー船 [ construction ]

    ガレー船
    ガレー船 (古代〜近代初期) 多数のかい(オール)推進の大型船。 古代ギリシア・ローマ時代からエジプト人、クレタ人などが帆付きのガレー船を軍用と商用に使用 軍艦としては、中世になってもポエニ戦争の頃の構造、大きさと基本的に変らなかった。艦砲の発達によってガレオン船が登場しても、まだ1世紀以上にわたって補助的に使われていた。ベネチア海軍で使った2層甲板でより大きなガレアス船、トルコ海軍が造った小型で快速なガリオット船の変型がある。ガレー船は近代初めのレパントの戦い(1571)でもなお主役を演じ、その後流刑人護送船として 18世紀まで使用された。 (さらに…)
  • ガンダーラ美術 [ construction ]

    ガンダーラ美術
    ガンダーラ美術 (1世紀頃〜5世紀頃) 初期の仏教徒はブッダを像に表現することを避けたが、1世紀末ころ西北インドでヘレニズム彫刻の技法と造形思想の影響をうけて、仏像・菩薩像が刻まれ、仏像崇拝が始まった。この造形美術は誕生の地の名にちなみガンダーラ美術と呼ばれている。この美術の影響は、インド本土はもとより、仏教の伝播に伴い、中央アジア・中国・日本にまでおよんだ。 (さらに…)
Next