ALL - 31 A1 U1 54 22 7 12 25 12 23 6 5 6 13 4 1 1 2 8 19 1 11 10 13 2 3 4 4 3 11 1 13 6 4 8 5 4 1 6 6 8 13 5 4 5 1 13 9 4 8 13 1 4 7 5 18 5 4 10 7 2 4 2 7 4 8 8 6 3 1 10 1 1 2 1 2 1 2 4 1 1 1 2 1 1 1 1 1 2 4 2 1 1 1 1 1 1 2 2 1 4 1 5 1 1 1 4 1 2 2 1 1 1 1 2 1 3 1 3 3 1 1 1 1 1 1 2 2 1 13 6 3 2 1 1 1 1 1 2 1 1 2 3 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 2 1 8 1 1 2 3 3 1 2 1 6 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 5 1 5 1 4 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 3 4 3 2 12 6 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 4 2 1 1 1 1 1 1 1 9 1 1 1 1 1 1 4 1 2 1 4 1 3 1 1 1 1 2 1 1 1 3 2 2 1 1 1 3 1 1 2 1 1 1 3 1 1 1 1 1 2 1 1 3 1 1 3 1 4 1 1 1 1 1 1 3 1 1 1 1 3 4 1 1 2 1 1 西8 1 1 1 2 1 1 2 1 2 1 1 1 1 1 1 1 4 1 4 2 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 2 1 1 1 1 3 1 1 6 2 1 1 1 1 1 4 2 2
  • 38度線 [政治・政策 ]

    38度線
    38度線 第二次世界大戦末期に朝鮮半島を横切る北緯38度線に引かれたアメリカ軍とソ連軍の分割占領ライン。1945年8月9日、大日本帝国に宣戦布告したソ連は満州と朝鮮半島北部に侵攻を開始し、アメリカはソ連軍が単独で朝鮮半島を占領する事態を防ぐため、ソ連に対し「北緯38度線で分割する」という案が画定され、ハリー・S・トルーマン大統領の承認を受けた。MORE
  • ABCD包囲網 [政治・政策 ]

    ABCD包囲網とはアメリカ合衆国(America)、イギリス(Britain)、中華民国(China)、オランダ(Dutch)による軍事的、経済的封鎖の包囲網が作られたとする当時の日本国政府による呼称。 この対日政策が、経済制裁か経済封鎖かについては、研究者間でも一定していない。MORE
  • UNESCO World Heritage center [博物館・辞典 ]

    ユネスコ公式サイト
    ユネスコ世界遺産(UNESCO World Heritage) ユネスコの公式サイト。ユネスコに登録されている世界遺産はUNESCO World Heritage Centreから閲覧することができる。MORE
  • アイユーブ朝 [時代・文化 ]

    サラーフッディーン アイユーブ朝 サラディン
    アイユーブ朝 (1169〜1250) 12世紀から13世紀にかけてエジプト、シリア、イエメンなどの地域を支配した スンナ派のイスラム王朝。 王朝の創始者: シリアのザンギー朝に仕えたクルド系軍人のサラーフッディーン(サラディン)。MORE
  • アヴィニョン捕囚 [政治・政策 ]

    アヴィニョン捕囚 アヴィニョン教皇庁
    アヴィニョン捕囚キリスト教のカトリック・ローマ教皇の座が、ローマからアヴィニョンに移されていた時期(1309年 - 1377年)アヴィニョン教皇 (Avignon Papacy)時代を指す。日本語では、アヴィニョン法王と表記されることもある。古代のバビロン捕囚になぞらえ、教皇のバビロン捕囚とも呼ばれた。MORE
  • アウグストゥス [人物・団体 ]

    プリマポルタの アウグストゥス
    アウグストゥス (オクタウィアヌス) 紀元前63年9月23日-紀元14年8月19日。ローマ帝国の初代皇帝(在位:紀元前27年-紀元14年)。志半ばにして倒れた養父カエサルの後を継いで内乱を勝ち抜き、地中海世界を統一して帝政(元首政)を創始、パクス・ロマーナ(ローマの平和)を実現した。 MORE
  • アウレリウス・アウグスティヌス [人物・団体 ]

    アウグスティヌス
    アウレリウス・アウグスティヌス またはヒッポのアウグスティヌス (354年11月13日 - 430年8月28日) 古代キリスト教の神学者、哲学者、説教者。ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。キリスト教がローマ帝国によって公認され国教とされた時期を中心に活躍し、正統信仰の確立に貢献した教父であり、古代キリスト教世界のラテン語圏において多大な影響力をもつ理論家。 MORE
  • アカデメイア [建築・美術 ]

    アカデメイア
    アカデメイア 古代ギリシアのアテナイ北西部郊外にあった、英雄アカデモスの聖林(森)に因む神域であり、リュケイオン、キュノサルゲス等と並ぶ、代表的なギュムナシオン(体育場)の所在地。 紀元前387年(コリントス戦争終了後)、プラトンがここに学園を開設した。MORE
  • アクスム王国 [時代・文化 ]

    アクスム王国
    アクスム王国 ([types field='start-year' output='raw'][/types]〜[types field='end-year' output='raw'][/types]) 100年頃から940年頃まで、エチオピア北部を起源とする同地方で確認できる最古の国。1世紀には歴史上にその名をみることができる。アラビア半島から移り住んだ人々により建国され、やがて紅海をまたぎ対岸のイエメンにまで版図を広げた。インドとローマとの交易で栄えたがイスラーム帝国に押されて衰退した。 首都:アクスム(ゲエズ語) MORE
  • アケメネス朝 [時代・文化 ]

    アケメネス朝ペルシア版図 アケメネス朝
    アケメネス朝 ペルシア 紀元前550年−紀元前330年 メディアから独立してキュロス2世が湖西イランにおこったとされる巨大王朝・帝国・遊牧国家。オリエントを統一し、カンビュセス2世がエジプトを征服。ダレイオス1世の時代に全盛期を迎える。 サトラップ制で広大な領域を治め、王の道など道路網を整備し駅伝制で運用した。 首都: スサ、ペルセポリス、パサルガダエ、エクバタナ MORE
  • アジア主義 [政治・政策 ]

    アジア主義 - 犬養毅
    アジア主義 19世紀後半、活発になった欧米列強のアジア侵略に抵抗するため、アジア諸民族は日本を盟主として団結すべきであるという思想または運動の総称。MORE
  • アジャンターの石窟寺院群 [世界遺産 ]

    アジャンターの 石窟寺院群
    アジャンターの石窟寺院群 ムンバイ(ボンベイ)の北東約360kmの断崖にある全長約600mのアジャンターの石窟寺院群には、30以上の石窟が並ぶ。石窟は、紀元前2世紀〜2世紀の前期窟と、グプタ朝時代の5世紀の中ごろ〜7世紀の後期窟に分けられる。MORE
  • アショーカ王 [人物・団体 ]

    アショーカ王
    アショーカ王 またはアショカ (阿育王) 在位:紀元前268年頃 - 紀元前232年頃 チャンドラグプタの孫でマウリヤ朝第3代王。王朝の全盛期を築き、全インドをほぼ支配。征服戦争の悲惨さを悔い、熱心な仏教徒となる。 仏典の編纂、仏塔の寄進等を行った。 人間の守るべき法を「ダルマ」と呼び布教。病院や道路の建設事業にも尽力した。 MORE
  • アステカ [時代・文化 ]

    アステカ
    アステカ  (1428年頃〜1521年) メキシコ中央高原に栄えたメソアメリカ文明の国家。アステカ人が14世紀にメキシコに移住し、トルテカ文明を継承して首都テノチティトランを建設。すぐれた軍事組織をつうじてメキシコの広い領域を支配した。テノチティトランは人口20万から30万、巨大な宮殿、大ピラミッド、神殿をもつ壮麗な都市であった。 MORE
  • アストゥリアス王国 [時代・文化 ]

    アストゥリアス王国
    アストゥリアス王国 ([types field='start-year' output='raw'][/types]〜[types field='end-year' output='raw'][/types]) 現在のスペインアストゥリアス州に存在した王国。イスラーム勢力により滅亡した西ゴート王国の貴族ペラーヨがアストゥリアスに逃れて建国した。 首都はカンガス・デ・オニス、ラングレーオ、プラビア、オビエド。10世紀にレオンに遷都してレオン王国となった。 MORE
  • アタウルフ [人物・団体 ]

    アタウルフ
    アタウルフ (?〜415年8月15日)。 西ゴート王 (在位 410~415) 。アタウルフとも呼ばれる。義兄弟アラリック1世の後継者。 412年西ゴート人を率いて南ガリアに侵入し,西ローマ皇帝ホノリウスと提携,異母姉妹 (ローマ皇帝テオドシウス1世の娘) と結婚し,ローマ文化の移入に努力した。MORE
  • アタナシオス派 [宗教 ]

    アタナシオス派 第一ニカイア公会議(第一全地公会)を画いた正教会のイコン
    アタナシオス派 キリスト教において、アレクサンドリアのアタナシオスの指導の下に、父なる神と子なる神であるキリストは同本質(同質)であると主張した派を指す用語。 アタナシウス派、ニカイア派、ニケア派とも呼ぶ。 アタナシオス信条: 三位一体の教理を告白したキリスト教の信条。西方教会などで広く採用される。 MORE
  • アタベク [政治・政策 ]

    アタベク 摂政、傅役。セルジューク朝などテュルク系の政権でしばしば活発に活動し大きな役割を果たした。その半面で混乱のもととなったこともあり、後には各地に自ら王朝を作ることとなり、トルコ系の国家における君主号のひとつともなった。後に位は王や皇帝の次席に位する単なる領主の称号となった。
  • アッカド [時代・文化 ]

    アッカド
    アッカド 紀元前2350年〜紀元前2294年頃 メソポタミア(現在のイラク)南部を占めるバビロニアの北半分の地域、またはそこに興った最古の帝国。中心都市はアガデ。南側にシュメールが隣接し、北西側にアッシリアが隣接している。 シュメール文明を征服して、チグリス川とユーフラテス川の間を中心に栄えた。アッカドには、アッカド語を話す人々が定住した。 MORE
  • アッシュールバニパル [人物・団体 ]

    アッシュールバニパル
    アッシュールバニパル (Ashurbanipal) 新アッシリア王国時代のアッシリアの王在位:紀元前668年 - 紀元前627年頃)。アッシリア史上最後の偉大な征服者。 古代の貴重な資料の宝庫であるニネヴェ図書館を設立した。MORE
Next