ALL - 11 31 A1 U1 91 31 14 22 32 18 35 11 6 10 16 8 2 2 3 13 31 1 20 26 24 5 5 5 5 6 20 1 18 11 7 14 8 7 2 7 6 16 21 9 16 5 1 35 9 14 1 10 17 1 6 6 11 31 8 6 12 13 4 7 3 13 9 10 13 12 3 1 3 2 13 2 1 1 2 1 1 1 2 1 1 1 2 4 1 2 1 2 1 1 1 使1 1 1 1 2 4 2 1 1 1 2 1 1 1 3 4 1 7 2 1 6 1 1 1 1 4 1 5 1 2 1 1 1 1 3 3 2 2 4 1 1 4 3 1 1 2 1 1 1 1 2 2 1 2 21 8 3 2 1 1 1 2 1 1 3 1 4 2 3 1 1 1 1 1 2 1 1 1 4 1 1 3 1 3 1 1 1 1 1 2 1 9 1 1 1 1 2 3 4 1 2 1 10 1 1 2 1 2 1 1 1 1 1 1 1 4 1 1 2 1 1 1 2 6 1 1 5 1 5 1 2 2 1 1 1 1 2 1 1 3 3 1 1 4 4 1 3 2 16 1 9 1 1 1 1 1 1 1 1 3 1 1 1 1 1 4 2 1 2 1 1 1 1 1 9 1 1 1 1 1 2 1 1 1 4 1 1 1 1 2 2 1 1 4 1 5 1 1 1 1 1 2 2 1 1 1 3 2 1 3 1 1 1 3 1 1 1 2 1 1 1 1 3 1 1 1 1 2 2 1 1 3 1 1 3 1 10 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 4 1 1 1 2 1 1 3 6 2 1 1 1 1 2 1 1 西9 2 1 1 1 1 1 1 3 2 1 1 1 2 1 2 1 1 1 1 2 1 1 1 5 1 4 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 3 2 1 2 1 1 1 1 1 3 1 1 6 2 1 1 2 1 1 1 5 1 2 2
  • 1886年の大英帝国の範囲を示す世界の帝国連合の地図 [construction ]

    1886年の大英帝国の範囲を示す世界の帝国連合の地図 ウォルター・クレイン
    1886年の大英帝国の範囲を示す世界の帝国連合の地図 (Imperial Federation Map of the World Showing the Extent of the British Empire in 1886.) グラフィック・マガジン、1886年7月24日補足。発行元:Maclure&Co.
  • 38度線 [politics ]

    38度線
    38度線 第二次世界大戦末期に朝鮮半島を横切る北緯38度線に引かれたアメリカ軍とソ連軍の分割占領ライン。1945年8月9日、大日本帝国に宣戦布告したソ連は満州と朝鮮半島北部に侵攻を開始し、アメリカはソ連軍が単独で朝鮮半島を占領する事態を防ぐため、ソ連に対し「北緯38度線で分割する」という案が画定され、ハリー・S・トルーマン大統領の承認を受けた。 MORE
  • ABCD包囲網 [politics ]

    ABCD包囲網とはアメリカ合衆国(America)、イギリス(Britain)、中華民国(China)、オランダ(Dutch)による軍事的、経済的封鎖の包囲網が作られたとする当時の日本国政府による呼称。 この対日政策が、経済制裁か経済封鎖かについては、研究者間でも一定していない。 MORE
  • UNESCO World Heritage center [museum ]

    ユネスコ公式サイト
    ユネスコ世界遺産(UNESCO World Heritage) ユネスコの公式サイト。ユネスコに登録されている世界遺産はUNESCO World Heritage Centreから閲覧することができる。 MORE
  • アーグラ城塞 [world-heritage ]

    アーグラ城塞
    アーグラ城塞 インド北部、アーグラにあるムガル帝国時代の城塞。16世紀の第3代アクバル帝に始まるが、大部分の建築物は第5代シャー・ジャハーン帝時代の造営。ジャーハンギール殿(アクバル帝時代)、「赤い城」の名の由来となる赤砂岩造りの二重の城壁と門、シャー・ジャハーンの宮廷建築群など華麗なムガル朝建築芸術が栄えたが、17世紀のデリー遷都、その後の反乱や略奪、英軍の駐留などでその栄華は衰えた。世界遺産。 MORE
  • アーサー・エヴァンズ [person ]

    アーサー・エヴァンズ
    アーサー・エヴァンズ (1851〜1941) イギリスの考古学者。クレタ文明の発見者。オックスフォード大学卒業。1884年アシュモール博物館館長、1899年クレタ発掘財団を設立し、クノッソス遺跡の発掘を推進した。翌1900年より宮殿址ならびに未解読の線状文字資料多数を発掘し、クレタ文明の解明に大きな貢献をなした。1911年ナイトの称号を得る。 MORE
  • アイザック・ニュートン [person ]

    アイザック・ニュートン
    アイザック・ニュートン (1643〜1727) イングランドの物理学者、天文学者、数学者。「万有引力の法則」「微分積分法」「光の分析」。1687年「プリンキピア(自然哲学の数学的原理)」を著して理論物理学を完成、後進の科学者たちの教科書となった。 MORE
  • アイスレーベンとヴィッテンベルクにある ルター記念建造物群 [world-heritage ]

    アイスレーベンとヴィッテンベルクにある ルター記念建造物群
    アイスレーベンとヴィッテンベルクにある ルター記念建造物群 宗教改革の指導者マルティン・ルターが生まれ、またこの世を去った街・アイスレーベンと九十五カ条の論題を貼り出したヴィッテンベルク。ルターの生家と逝去した家、ヴィッテンベルクのルターの住居、ルターの同志メランヒトンの家、聖マリア聖堂、ヴィッテンベルク城の付属聖堂の6つである。これらの建造物群からは、宗教改革を成しとげたルターの足跡がうかがえる。世界遺産。 MORE
  • アイユーブ朝 [era-culture ]

    西方イスラーム世界 アイユーブ朝 バグダードからカイロへ ゴール朝 ムワッヒド朝 ホラズム・シャー朝 12世紀末のイスラーム世界地図
    アイユーブ朝 (1169〜1250) 12世紀から13世紀にかけてエジプト、シリア、イエメンなどの地域を支配した スンナ派のイスラム王朝。首都:カイロ。 王朝の創始者: シリアのザンギー朝に仕えたクルド系軍人のサラーフッディーン(サラディン)。 MORE
  • アヴィニョン捕囚 [politics ]

    アヴィニョン捕囚 アヴィニョン教皇庁
    アヴィニョン捕囚 (教皇のバビロン捕囚) (1309〜1377) キリスト教のカトリック・ローマ教皇の座が、ローマからアヴィニョンに移されていた時期(1309年〜1377年)アヴィニョン教皇 (Avignon Papacy) 時代を指す。日本語では、アヴィニョン法王と表記されることもある。古代のバビロン捕囚になぞらえ、教皇のバビロン捕囚とも呼ばれた。 MORE
  • アウグストゥス [person ]

    プリマポルタの アウグストゥス
    アウグストゥス (オクタウィアヌス) (紀元前63年9月23日〜紀元14年8月19日) ローマ帝国初代皇帝(在位紀元前27年1月16日 - 紀元14年8月19日)。オクタウィウスは、アクティウムの海戦でマルクス・アントニウスに勝利し、紀元前27年に元老院から「アウグストゥス(尊敬すべき人)」の称号を受け、養父ユリウス・カエサルの遺志を継いで初代皇帝なった。40年の治世でローマ帝国の基礎を築き、パクス・ロマーナを現出させた。 MORE
  • アウクスブルク同盟 [politics ]

    アウクスブルク同盟
    アウクスブルク同盟 (1686〜1697) 1686年に西ヨーロッパ諸国で結成された対フランス同盟。レオポルト1世(神聖ローマ皇帝)を始め、バイエルン選帝侯、ブランデンブルク選帝侯、プファルツ選帝侯、スペイン、スウェーデン、ネーデルラント連邦共和国などが参加。 1688年ルイ14世(フランス王)がドイツ(神聖ローマ帝国)のプファルツ選帝侯領に侵攻したことによってアウクスブルク同盟戦争(プファルツ継承戦争)となり、名誉革命により1689年にウィリアム3世(イギリス王)が即位するとイングランドも同盟側で参戦した。 MORE
  • アウクスブルク同盟戦争 [war ]

    アウクスブルク同盟戦争
    アウクスブルク同盟戦争 (大同盟戦争、九年戦争、プファルツ継承戦争、プファルツ戦争、ファルツ戦争) (1688〜1697) ルイ14世(フランス王)の侵略戦争の一つ。オランダ、スペイン、イギリスなどのアウクスブルク同盟との戦争で、イギリス名誉革命と同時期に展開され、北米植民地では英仏がウィリアム戦争を戦っていた。 MORE
  • アウレリウス・アウグスティヌス [person ]

    アウグスティヌス
    アウレリウス・アウグスティヌス (354〜430) 古代キリスト教最大の神学者。北アフリカのヌミディア出身。カルタゴで弁論術を学んだ後、善悪二元論のマニ教に傾倒するが、ミラノ司教アンブロシウスに師事して回心する。アフリカ帰国後、聖職についてヒッポの司教となり、キリスト教の神学を究めた。著書に『神の国』『告白録』など。その思想は中世の「スコラ哲学」への道をつくり、西洋哲学に多大な影響を与えた。 MORE
  • アカデメイア [construction ]

    アカデメイア
    アカデメイア 古代ギリシアのアテナイ北西部郊外にあった、英雄アカデモスの聖林(森)に因む神域であり、リュケイオン、キュノサルゲス等と並ぶ、代表的なギュムナシオン(体育場)の所在地。 紀元前387年(コリントス戦争終了後)、プラトンがここに学園を開設した。 MORE
  • アクスム王国 [era-culture ]

    アクスム王国 アフリカの植生分布地図
    アクスム王国 (紀元前後〜9世紀頃) 紀元前後、エチオピアにおこった王国。メロエ王国を滅ぼし、インド洋貿易に活躍。最盛期にはイエメンに進出。アクスム王国は1世紀中ごろの作と思われる『エリュトラー海案内記』に、初めてその名が現れる。3世紀にはアラビア南西部にまで勢力をのばし、紅海の制海権を握ったあと、インド洋でギリシア系ローマ商人が撤退したあとの商権を巡ってササン朝のペルシア商人とアクスム商人が争った。4世紀半ばにコプト派のキリスト教を受容した。 MORE
  • アケメネス朝 [era-culture ]

    アケメネス朝ペルシア版図 アケメネス朝
    アケメネス朝 ペルシア (紀元前550年〜紀元前330年) 紀元前550年、アケメネス家のキュロス2世がメディア王国を倒して独立王国を樹立。リディアを、新バビロニアを滅ぼしたあと、その子のカンビュセス2世は紀元前525年にエジプトを征服、第3代のダレイオス1世の時代には、東はインダス川より西はエーゲ海北岸、南はエジプトまでを含む大帝国に発展した。 紀元前330年、アレクサンドロス3世の遠征軍に敗れたダレイオス3世の死をもって、アケメネス朝は滅亡した。 首都: スサ、ペルセポリス、パサルガダエ、エクバタナ MORE
  • アジア主義 [politics ]

    アジア主義 - 犬養毅
    アジア主義 19世紀後半、活発になった欧米列強のアジア侵略に抵抗するため、アジア諸民族は日本を盟主として団結すべきであるという思想または運動の総称。 MORE
  • アジャンターの石窟寺院群 [world-heritage ]

    アジャンターの 石窟寺院群
    アジャンターの石窟寺院群 ムンバイ(ボンベイ)の北東約360kmの断崖にある全長約600mのアジャンターの石窟寺院群には、30以上の石窟が並ぶ。石窟は、紀元前2世紀〜2世紀の前期窟と、グプタ朝時代の5世紀の中ごろ〜7世紀の後期窟に分けられる。 MORE
  • アショーカ王 [person ]

    アショーカ王
    アショーカ王 またはアショカ (阿育王) 在位:紀元前268年頃 - 紀元前232年頃 マウリヤ朝第3代王(在位紀元前268年頃 - 紀元前232年頃)。チャンドラグプタの孫。マウリヤ朝の全盛期を築き、全インドをほぼ支配。強国カリンガを征服した際、数十万人の犠牲者を出したことを深く後悔して、征服戦争ではなく、ダルマ(法)に基づく政治を行うことを決意。これと前後して仏教に帰依した。ダルマの政治の内容を詔勅しょうちょくとして発布し、各地の岩石に刻ませた。 MORE
Next