閔妃殺害事件
The alleged murderers of Empress Myeongseong took a pose in front of Hanseong sinbo (Hanseong newspaper) building in Seoul, Korea.(Wikipedia)©Public Domain
Previous Post

Next Post

閔妃殺害事件(乙未事変いつびじへん) (1895)

1895年10月、高宗(朝鮮)妃の閔妃びんひを公使館守備隊が殺害した事件。新任の駐朝公使三浦梧楼が指揮して、三国干渉以後に親露反日政策をとる閔妃を殺害し、大院君の親日内閣を結成した。

Sponsored Link

閔妃殺害事件

1895年10月、高宗(朝鮮)妃の閔妃びんひを公使館守備隊が殺害した事件。新任の駐朝公使三浦梧楼が指揮して、三国干渉以後に親露反日政策をとる閔妃を殺害し、大院君の親日内閣を結成した。

参考 日本史用語集―A・B共用

近代国家の成立

日露戦争と国際関係

列強の中国分割

日本にとって、とくに脅威だったのはロシアの動きであった。日本は日清戦争によって「朝鮮の独立」を清国に認めさせ、”利益線”たる朝鮮から清国の勢力を排除することに成功したが、三国干渉による日本の威信低下に乗じて、ロシアが朝鮮に勢力を伸ばし、1895(明治28)年7月、親露派政権がつくられた。同年10月、日本公使三浦梧楼(1846〜1926)や日本の軍人・壮士らが中心となり、大院君を擁立してクーデタを強行し、閔妃政権を打倒して親日派政権を樹立させた(閔妃殺害事件)。しかし、翌年2月、三たび政変がおこって朝鮮国王はロシア公使館に移り(露館播遷ろかんはせん)、ロシアを後ろ盾とした政権が発足し、多くの親日派要人が処刑された。その後、日露両国は山県・ロバノフ協定、西·口ーゼン協定などを結んで朝鮮(韓国) における利害の調整をはかったが、韓国を勢力下に収めようとする日本の政策は達成されず、韓国問題をめぐる日露の対立はしだいに深まった。

朝鮮は1897(明治30)年、国号を大韓帝国と改めた。

日朝関係年表

1894
(明治27年)
3甲午農民戦争(東学党の乱)
8日清戦争勃発
18954下関条約(清は朝鮮の独立を許可)
10閔妃殺害事件(公使館守備隊による閔妃殺害)
189710朝鮮、国号を大韓帝国(韓国)と改称
第1次桂内閣19042日露戦争勃発(〜05)
日韓議定書調印(日本は事実上必要な土地の収用など、便宜供与を約する)
8第1次日韓協約調印(日本政府推薦の財政・外交顧問の設置)
19057桂・タフト協定(米が日本の韓国保護国化を承認)
8第2次日英同盟協約(英が日本の韓国保護国化を承認)
9ポーツマス条約(露が韓国に対する日本の指導・保護・監理を承認)
11第2次日韓協約(日本が外交権を掌握して韓国を保護国化)
12漢城に統監府を設置
19062統監府開庁(初代統監:伊藤博文
第1次西園寺内閣8義兵運動が本格化
19077ハーグ密使事件(韓国皇帝高宗の退位、純宗の即位)
第3次日韓協約(内政権を接収し韓国軍隊を解散)
8
義兵運動が本格化
第2次桂内閣190812東洋拓殖会社(東拓)設立
19097韓国併合を閣議決定
10伊藤博文暗殺事件安重根がハルビン駅頭で殺害)
19108韓国併合(韓国併合条約調印)。大韓帝国(韓国)を朝鮮と改称
9
土地調査事業の開始(〜18)
10朝鮮総督府の設置(初代朝鮮総督:寺内正毅)
19114土地収用例制定。
8朝鮮教育令(同化教育の推進)公布
19193三・一独立運動(パゴダ公園で独立宣言)
19239
関東大震災(関東全域で「朝鮮人狩り」)
19254治安維持法を朝鮮・台湾・樺太に公布、5月施行・朝鮮神宮の創建
参考:山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

参考

乙未事変 の登場する作品

ドラマ「明成皇后」

ドラマ「明成皇后」登場人物相関図
ドラマ「明成皇后」登場人物相関図
ドラマ「明成皇后」登場人物相関図 ©世界の歴史まっぷ

楽天TVでも観ることができます。 明成皇后

Previous Post

Next Post