植山古墳
植山古墳 石室 Source: 文化遺産オンライン

植山古墳

/ /

Previous Post

Next Post

植山古墳うえやまこふん 東石室: 6世紀末頃, 西石室: 7世紀前半頃。
奈良県橿原かしはら市五条野町にある長方形墳。奈良盆地南端の甘橿丘あまかしのおかから延びる丘陵の西端に位置する。植山古墳の西約500mには丸山古墳、南東約700mには菖蒲池しょうぶいけ古墳が所在するなど、周辺は6世紀から7世紀の有力古墳が集中する地域。2000年(平成12)の調査で古墳の内容が判明し、2002年(平成14)に国の史跡に指定され、2003年(平成15)には追加指定があった。

Sponsored Link

植山古墳

古墳は丘陵の南斜面を掘削して窪地を造り出し、そこに封土を積み上げて築造し、北辺と東西辺に周濠がめぐっている。東西約40m、南北の現存は約27m、高さ3~6mの長方形墳で、主体部は東西に並ぶ2基の大型横穴式石室で、石室の全長は約13m、いずれも南に開口している。両石室とも上面は盗掘により破壊され、天井石と壁上部の積み石が取り去られているが、墳丘の築造法・形状、2基の主体部など、6世紀末から7世紀前半の飛鳥地域の古墳の特徴を典型的に示し、かつ規模と内容が傑出していることから、推古天皇とその子、竹田皇子の合葬陵墓とする考えもある。推古朝の有力者の墓として天武・持統朝までその存在が重要視されていたことも推定でき、当時の政治・社会を考えるうえで重要視されている。
近畿日本鉄道吉野線岡寺駅から徒歩約15分。

参考 講談社国指定史跡ガイドについて

古墳データ

  • 所在地 奈良県橿原市五条野町植山
  • 位置 北緯34度28分34.4秒 東経135度48分12.6秒
  • 形状 長方墳
  • 規模 東西40m 南北27m
  • 築造年代 6世紀末~7世紀前半
  • 埋葬施設 横穴式石室二ヶ所 家型石棺 石棺破片
  • 被葬者 推古天皇 竹田皇子(推定)
  • 出土品 金銅装馬具破片 水晶製三輪玉

Previous Post

Next Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です