大月氏国 冒頓単于 スキタイと匈奴 漢の興起 月氏 バクトリア王国 パルティア 紀元前2世紀後半の世界地図
紀元前2世紀後半の世界地図 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

Next Post

月氏

月氏げっしは、紀元前3世紀から1世紀ごろにかけて東アジア、中央アジアに存在した遊牧民族とその国家名。紀元前2世紀に匈奴きょうどに敗れてからは中央アジアに移動し、大月氏と呼ばれるようになる。

月氏

月氏
内陸アジア世界の変遷 ©世界の歴史まっぷ

内陸アジア世界の変遷

遊牧民とオアシス民の活動

スキタイと匈奴

甘粛からタリム盆地東部にかけては、もともとイラン系といわれる月氏げっしが居住し、「絹の道(シルク・ロード)」の出入り口を押さえて交易の利をおさめていた。匈奴の冒頓単于は、この利益に目をつけ月氏を攻撃したため、月氏は西方のイリ盆地に移動した。しかし、トルコ系の烏孫うそんがイリ盆地に進出してきたため、月氏はさらに西トルキスタンのアム川流域に移動した。これを大月氏(前140頃〜1世紀)と呼ぶ。こうして2世紀の半ばには、モンゴル高原から甘粛にかけて匈奴、イリ盆地に烏孫、アム川流域には大月氏という形勢が生まれた。

スキタイと匈奴 – 世界の歴史まっぷ

参考

詳説世界史研究

Previous Post

Next Post