戦国時代(中国) 戦国時代 戦国諸国の版図 地図 11.中国の古典文明(初期王朝と春秋・戦国時代)
戦国時代戦国諸国の版図地図 ©世界の歴史まっぷ

春秋時代

秦王朝

Previous Post

Next Post

戦国時代(中国) (紀元前403年〜紀元前221年)

紀元前770年の「周の東遷」以降を東周(紀元前770〜紀元前256)、秦(王朝)によって中国が統一されるまでのおよそ550年におよぶ戦乱の時代が春秋・戦国時代であり、その前半、晋が三国(韓・魏・趙)に分裂するまでを春秋時代(紀元前770〜紀元前403)、分裂後を戦国時代(中国)(紀元前403〜紀元前221)とよぶ。

戦国時代(中国)

世界史対照略年表(前400〜600)
世界史対照略年表(前400〜600)©世界の歴史まっぷ
アジア・アメリカの古代文明
アジア・アメリカの古代文明 ©世界の歴史まっぷ

アジア・アメリカの古代文明

中国の古代文明

春秋・戦国時代
紀元前403年、中原の強国晋は、家臣によって国を奪われ、かんちょうの3国に分割された。これ以後を戦国時代と呼び、下克上の開始によって戦乱はいっそう激化していった。もはや周王の権威は完全に地に落ち、諸侯は公然と王を称して実力抗争に明け暮れ、弱肉強食の抗争の結果、斉・楚・秦・えん・漢・魏・趙の7国が勝ち残ることになった。これを戦国の七雄と称する。
紀元前315年頃戦国時代地図
紀元前315年頃戦国時代地図 ©世界の歴史まっぷ

戦国七雄

建国年滅亡年国都始祖滅亡原因最初の爵位分封者
紀元前403年紀元前230年陽、新鄭景侯秦により滅亡侯爵威烈王
紀元前403年紀元前228年邯鄲烈侯秦により滅亡侯爵威烈王
紀元前403年紀元前225年安邑、大梁文侯秦により滅亡侯爵
344年:王
威烈王
?紀元前223年丹陽、郢、陳、寿春熊繹秦により滅亡子爵成王
紀元前1100年紀元前222年召公秦により滅亡伯爵武王
紀元前386年紀元前221年臨淄太公秦により滅亡侯爵
344年:王
安王
?紀元前206年雍、咸陽非子反秦軍により滅亡伯爵孝王?

戦国時代の諸国は、従来の邑の集合体という国家形態から、領域全体を支配する領土国家へと変身し、秦・魏・趙・楚などは、開拓や水利事業をさかんに推進して、領土の拡大と農地の開発に努めた。七雄のうちもっとも西方にあったは、紀元前4世紀ころ富国強兵に成功し、急速に強大になった。これに対し、他の6国では、秦に対抗して6国が同盟を結ぶ合従策がっしょうさくや、各国がそれぞれ秦と結んで安全をはかる連衡策れんこうさくなど、権謀術数けんぼうじゅっすうをつくした外交戦略が展開されたが、秦はたくみに6国の分断をはかり、東周の王室と6国を次々に滅ぼして、紀元前221年、ついに中国を統一した。

紀元前250年頃戦国時代地図
紀元前250年頃戦国時代地図 ©世界の歴史まっぷ
鄭国渠

秦の圧力に苦しんでいた韓は、水利技術者の鄭国ていこくを秦に送り込み、大規模な水利事業をおこさせて、秦の国力を消耗させようとはかった。こうして渭水の支流から約120kmにおよぶ大用水路を開く事業が開始されたが、工事の途中で、鄭国が韓の手先であることが露見してしまった。
殺されようとした鄭国は、この事業は必ず秦の利益になると弁明し、ついに工事の続行を許された。こうして完成した用水路が鄭国渠ていこくきょであり、この結果、4万余頃(約18万ha強)の肥沃な農地が開発されたという。時に秦王政(のちの始皇帝)の時代であり、秦はこれによって中国統一事業の財政的基盤をえたともいわれる。

春秋・戦国時代 – 世界の歴史まっぷ

社会の変動

春秋・戦国時代は農業技術が発達し、新しい思想も現れており、のちの統一帝国の基礎が形成された重要な時代であった。春秋の終わりから戦国の初めに鉄器が広範に普及した。しかし、中国で初めて使用されたものは鋳鉄ちゅうてつであり、それから2〜3世紀遅れて、鍛鉄たんてつが出現した。鋳鉄は鉄を溶かして鋳型に入れて作るものであり、もろい欠点をもっていた。そのため青銅器が武器や祭器に使用されたのに対し、土木器具や農具として使用された。それまでの中国の農具はすべて石器か木器であったから、春秋時代中期以降、鉄器が使用されるようになると、農業は飛躍的に進歩した。
また、ほぼ同じ時期に、牛に鉄製のすきを引かせることがおこなわれるようになった。このいわゆる牛耕ぎゅうこう鉄製農具の使用で、農業生産がしだいに高まり、小家族でも自立した農業経営が可能となったため、氏族の統制はゆるんでいった。

また、抗争を続けた諸国はそれぞれ富国策をとったので、商工業がさかんになった。中でも、東方の斉は桓公かんこうのとき、名臣管仲かんちゅう製塩業などをさかんにして、巨大な利益を得た経済政策のおかげで、春秋時代、第一の覇者となった。戦国時代には、官営工業の他に民営の手工業者も数多く現れ、その主なものは製鉄と製塩であった。

生産力が高まり、商品生産がしだいに発達すると、貝貨ばいか(子安貝)とともに青銅の貨幣が用いられるようになった。春秋・戦国時代に鋳造されたのは、刀銭とうせん布銭ふせん蟻鼻銭ぎびせん環銭かんせん(円銭)の4種類である。布銭は、古代の農具のすきの形をまねたもので、韓・魏・趙でもちいられた。刀銭は、東方の燕と斉で用いられた。青銅製の刀子(小刀)を真似たものである。楚で用いられた蟻鼻銭は、貝貨をまねたものであるが、表面に奇怪な文字が刻まれている。

貝貨:春秋時代まで各地で使用された。殷周の遺跡から数多くの子安貝が出土している。
春秋時代 戦国時代
戦国時代の青銅貨幣

戦国末期には、各国で環銭が用いられた。秦が天下を統一したあと、秦の始皇帝は通貨を円形方孔の半両銭に統一し、その形は後代の銭の基本形となった。
商工業の発達にともない、商人のなかには王侯とならぶほどの富を持つものも現れた。また、都市の規模も大きくなり、そのなかに手工業者や商人の数が増大した。彼らの経済力は、都市生活を豊かにした。都市には商店が並び、各種の商品を売っていた。とりわけ斉の国都臨淄りんしの繁栄は名高い。

このような情勢のうちに、周代の古い制度は崩れ、それまで公有であったといわれる土地は私有となった。土地が私有に移ったことは、同時に大土地所有の出発でもあった。とくに治水灌漑事業が大規模に進められた結果、共同体的な農業は大きな影響をうけ、家族による土地私有が始まり、戦国時代には大土地所有者も現れた。また「封建」体制下の世襲的身分や氏族制的な統制もゆるみ、実力万能の時代となった

春秋時代には、それまで中国文化の圏外にあった長江流域に、楚・などの諸国が成立し、戦国時代には、秦が四川方面を、燕が東北地方南部を征服し、朝鮮半島北部にも中国人居住地ができ、中国文化は著しく拡大した。

社会の変動 – 世界の歴史まっぷ

古代思想界の開花

春秋末から戦国時代にわたり、血縁を基盤とする「封建」体制が崩壊し、諸侯は新しい統一の原理を求めていた。また、富国強兵にともなう実力主義による積極的な人材登用をおこなった。また、文字の使用は春秋期にはいると著しく拡大し、支配層だけに限られるものでなくなった。こういった文字の普及は、思想家の出現と無関係ではなかった。このような状況のもとに、諸子百家しょしひゃっかと呼ばれる多くの思想家や学派が生まれた。

諸子百家

  
諸子孔子老子荘子・墨子・孟子・荀子
百家陰陽家・儒家・墨家法家・名家・道家・縦横家・雑家・農家・小説家・兵家
儒家

儒家じゅか孔子(紀元前551頃〜紀元前479)の始めた学派で、家族倫理の実践によって人格を完成し、を実践することによって、ついには理想社会と天下泰平の実現が可能であるとした。

礼:日常生活から政治制度にいたるまでの社会全般の規範

孔子は名はきゅう、字は仲尼ちゅうじといい、春秋時代の小国曲阜きょくふ(山東省)に生まれ、15歳で学問に志し、30歳ころ自身の思想を確立した。彼は、社会の基礎を礼におき、周の礼を理想としたが、当時、礼が効力を失っていたので、それを立て直すために、人と人との間に自然に備わる道徳的な心情としてのじんを強調し、この仁の完成により天下を平らかにすることができるとした。また、理想の政治は、天命を受けた有徳ゆうとくの天子がおこなうべきで、周の政治、とくに周公の治世を模範とした。これを徳治主義とくちしゅぎという。孔子は、古来の礼を回復し、政治と倫理・道徳を関連させる説をたてた。その言行は、『論語』に記録されている。儒家は後世、中国の正統の学問として大きな影響を与えることになる。

『論語』:孔子の死後、弟子たちが編集した孔子と弟子の言行録。

孔子の孫の子思ししの門人から儒教を学んだのが孟子もうし(紀元前372頃〜紀元前289頃)で、紀元前4世紀ころ各地を遊説した。思想の中心に「仁・義」をおいたほか、天命が有徳者に移るとする改革論を説き、人間の本性は善であるとする性善説を主張した。儒教は魯からしだいに各地へ広がっていったが、最初に大きな影響を受けたのは魏である。儒家は、ここで多くの人材を養成して、魏に全盛時代をもたらした。
斉では全国から学者を招き、都臨淄りんしに邸宅をつくり、ここに彼らを住まわせ保護した。

斉の国では、威王(斉)いおう宣王(斉)せんおうが、全国から学者を招き、臨淄の稷門しょくもん付近に邸宅を建て、ここに移住させ、多額の生活費を給して、論争や著述に専念させた。彼らは「稷下の学士しょうかのがくし」と呼ばれた。

ここで孟子もうし荀子じゅんしが活躍し、儒教を盛んにした。荀子(紀元前298頃〜紀元前235頃)は趙に生まれ、性悪説を唱え、本性が悪である人間から、悪をのぞくために礼による規律維持が必要であるとして、孟子とはことなる方向で孔子の思想を継承・発展させた。

墨家

このような儒教の発展に対しては、多くの批判者や対立する立場をとるものが現れた。孔子に対して、最初に異を唱えたのが墨家ぼっかである。墨家の祖である墨子ぼくしは、孔子の説く仁を差別的な愛とし、形式的な礼楽の説や家族道徳を第一とすることに反対し、血縁を超えた無差別平等の「兼愛けんあい」を主張した。万人に対する博愛主義にたち、浪費をいましめ、相互の助け合い(交利こうり)を主張し、戦争は浪費の最大なものとして、非戦論非攻ひこう)を唱えた。

道家

また、孔子の説く仁や礼を人為的なものだとして、一切の人為を排してあるがままの状態にさかわらず「無為自然むいしぜん」を説いた老子ろうし荘子そうし(紀元前4世紀頃)は、道家どうかの祖となった。老子は、楚の人で姓は、名はと言われるが、伝説的要素が多く明らかでない。孔子と同時代といわれるが、かなり後世の人とみられている。老子は、儒教が形式化し、それに合わせようとする不自然な努力を否定し、一切の人為的なものを排して、万物の根源を無であるとし、そして無の性格は自然であること、すなわち「無為自然」を主張し、すべての根源である「道」への合一を求めた(老荘思想)。この説は、のちに民間信仰と結びついて、中国思想界に大きな影響を与えた。

法家

法家ほうかの思想は、戦国時代に商鞅しょうおう韓非かんぴによって説かれた思想である。
この時代は富国強兵が普及し、国力の増強にあたっては、孔子の徳治主義は政治的に現実の実効性にそぐわなくなり、新しい強力な思想が求められた。韓非は戦国時代の韓の一族であるが、はじめ李斯りしとともに荀子に学び、韓に仕えたが用いられず、『韓非子かんぴし』を著して政治の方法を論じた。すなわち、荀子の礼を実施するには法律的な強制をもってしなければならないとし、ここに法家の学が大成したのである。これを法治主義という。商鞅や韓非などに代表される法家の思想は、法によって民衆を統制し、国内を統一しようとするもので、秦はこの思想を採用し、法治主義は中国の思想史上重要な位置を占めることになった。

名家

また、戦国時代には弁者べんしゃ策子さっしなどと称される論理学派があった。特定の学派の成立はなかったが、のち名家めいかの名称が生まれた。名は事物に与えられた名称で、それは事物の本質やあり方に対応する。したがって名と実との間に不一致があってはならないとした。この派の代表的な思想家が公孫竜こうそんりゅうである。その説に有名な「白馬非馬論はくばひばろん」がある。白馬は白と馬の2概念で、馬は1概念だから、白馬は馬ではないというものである。

兵家

このほか兵法を論じた兵家へいかがあり、戦国時代に兵法書が多く作られた。

兵法書『孫子そんし』は、最近の調査では、春秋時代の呉の将孫武とその子孫で、戦国時代の斉の参謀孫臏の2人の著とされている。

戦術や戦略を研究して、一家をなした孫武そんぶ孫臏そんぴん呉起ごきらの兵法学者が現れた。

縦横家

また、戦国時代の七雄が抗争する中で、外交戦略が展開された。各国は、あるときは合従がっしょうし、あるときは連衡れんこうする同盟や外交術策を練った。この理論を唱えたのが縦横家じゅうおうかで、代表的人物には蘇秦そしん張儀ちょうぎらがいる。

陰陽家、農家

さらに、天体の運行と人間生活との関係を説いた陰陽家いんようか鄒衍すうえん)や、農業技術を説いた農家などの諸家があった。

『春秋』など儒教の経典をはじめとする諸子百家の文献に加えて、文学作品としては、黄河流域を中心とした各地の民謡を集めた『詩経しきょう』や、南の楚の屈原くつげんらの詩を集めた『楚辞そじ』などがまとめられた。

詩経しきょう』:中国最古の詩集305篇。戦国時代に儒家が編集したもの(孔子の編とされる)。五経のひとつである。『楚辞そじ』:戦国の楚の屈原や宋玉そうぎょくらの辞賦じふを集めたもの。作品には南方系の方言がみられる。

古代思想界の開花 – 世界の歴史まっぷ

秦の統一

しんは中国の北西辺境の地におこり、渭水に沿って次第に東へ移動しながら勢力を拡大していった。戦国時代(中国)はじめの孝公(秦)のとき都を咸陽かんように移し、法家の商鞅しょうおうを用いて富国強兵政策を行い中央集権化をはかった。その後、秦は戦国七雄のうちで最強となり、秦王のせいのとき、東周および東方の6国を次々に滅ぼして、紀元前221年に中国を統一した。中国を統一して諸王の王となった秦王の政は、「王」に変えて新たに「皇帝」(「煌々こうこうたる上帝」、光り輝く絶対神という意味)の称号を採用した。すなわち秦の始皇帝(位紀元前221〜紀元前210)である。始皇帝は、法家の李斯りしの意見にもとづき中央集権的な統一政策を実施した。

秦の統一領域地図
秦の統一領域地図 ©世界の歴史まっぷ
商鞅の改革

商鞅はえいの国の公子で、形名(法律)を学んだが衛の国では受け入れられず、秦に入り、紀元前361年以降、孝公(秦)に使えた。商鞅は孝公に富国強兵を説いて受け入れられ、中央集権的支配体制の確立に努めた。改革の中心は以下の点である。

  1. 県制の実施:新しい占領地(小国)に県制を施行し、長官を派遣しておさめた。これによって農民を直接国家の成員として把握、個々の農民を支配して税役の基盤とした。
  2. 分異の法:成人男性が2人以上いる家庭を強制的に分家させて小家族を作り、新開地に移住させた。この結果、生産力が大いに向上した。
  3. 什伍じゅうごの制:農民を5家・10家単位で隣組を作らせ、治安維持などの面で連帯責任を負わせた。
  4. 軍功爵  軍功によって爵位を与え、その爵位の等級に応じて土地・財産を与える。出身氏族の区別無しに兵士に採用し、手柄をたてたものには、身分の差なく爵位を与えた。また、爵位の等級によって土地・財産が与えられ、兵士たちの忠誠心や戦意は飛躍的に向上した。

こうした一連の改革は「商鞅の変法」と呼ばれ、厳格な賞罰規定が設けられた。

詳細:秦の統一 – 世界の歴史まっぷ

参考

詳説世界史研究

戦国時代が登場する作品

孫子兵法

孫子兵法
ドラマ 孫子兵法 ©HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION

孫正義やビル・ゲイツも愛読したビジネス戦略の礎となった古典、孫子兵法。諸葛亮孔明や曹操が戦略の根基とした無敵の兵法の誕生秘話をHDでドラマ化。
中国春秋時代の兵法書『孫子』を著したとされる思想家孫武の半生、紀元前500年頃の群雄割拠の時代を描いた物語。
孫子兵法 あらすじと登場人物 – 世界の歴史まっぷ

大秦帝国 -QIN EMPIRE-

大秦帝国 -QIN EMPIRE- 孟子
大秦帝国 -QIN EMPIRE– ©SPO.

紀元前4世紀中頃。秦が弱小国から強国へと発展していく歴史を、「商鞅の変法」を中心に描く。楚、斉、燕など諸侯国に攻め立てられ滅亡寸前の秦の君主となった孝公は、魏国出身の稀代の策士・商鞅と共に法による一大改革に乗り出す。
大秦帝国 -QIN EMPIRE- あらすじと登場人物 – 世界の歴史まっぷ

大秦帝国 縦横 ~強国への道~

大秦帝国 縦横 ~強国への道~
大秦帝国 縦横 ~強国への道~ ©China International TV Corporation

大秦帝国 -QIN EMPIRE- あらすじと登場人物の続きとなる作品。始皇帝が中国を統一する約100年前、“商鞅の改革”により国力増強に成功した秦を舞台に、縦横家が割拠した第26代君主・恵文王の時代を中心に描く。
大秦帝国 縦横 ~強国への道~ あらすじと登場人物 – 世界の歴史まっぷ

Previous Post

Next Post