義和団事件 北清事変と日英同盟 北清事変
北清事変(義和団事件)に出兵した連合軍(8カ国共同出兵) ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

北清事変 (1900〜1901)

1900年の義和団事件に対し、英・米・日・仏・露・独など8カ国連合軍が出兵。義和団が北京の各国公使館を包囲、清朝政府も義和団に同調して各国に宣戦布告したが、連合軍が鎮圧。1901年清は北京議定書で謝罪。主力となった日本の軍事力の有用性が列国に評価された(「極東の憲兵」)。

北清事変

1900年の義和団事件に対し、英・米・日・仏・露・独など8カ国連合軍が出兵。義和団が北京の各国公使館を包囲、清朝政府も義和団に同調して各国に宣戦布告したが、連合軍が鎮圧。1901年清は北京議定書で謝罪。主力となった日本の軍事力の有用性が列国に評価された(「極東の憲兵」)。

参考 日本史用語集―A・B共用

近代国家の成立

日露戦争と国際関係

北清事変と日英同盟
北清事変と日英同盟
1987年の日本 – 列強クラブの新入り(ジョルジュ・ビゴー画//明治30年)©世界の歴史まっぷ

1899〜1900年にかけて、列強の中国分割に反対して宗教結社義和団の乱がおこると、乱を鎮圧するために英・米・日・仏・露・独・伊・オーストリアの8カ国の連合軍が出兵した(北清事変)。清国も義和団と同調したが、鎮圧され謝罪した。ビゴーの風刺画は、北清事変への共同出兵により、日本が欧米列強と肩を並べる帝国へと成長するであろうことをあらわしている。椅子にすわる6人は、共同出兵した日本とイギリスを除く6カ国をあらわしている。扉を開く日本人は下駄履きで、その横に列強クラブ入りを紹介したイギリス人がみえる。 参考:山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

こうした情勢のさなかに、民衆の間に外国人排斥気運が高まり、山東省では義和団ぎわだんを中心に「扶清滅洋ふしんめつよう」を叫ぶ排外運動がおこった。清国政府がむしろこれをあおり立てたので、運動は華北ー帯に広がり、各地でキリスト教会が襲われ、外国人宣教師が殺されたり、鉄道が破壊されたりした。1900年には、北京でドイツ公使や日本の公使館書記生が殺害され、列国公使館が清国兵や民衆に包囲された。清国は列国に宣戦を布告した。日本は米・英・露・仏などの諸国とともに軍隊を派遣し、義和団の乱を鎖圧して外交官や居留民を救出した。翌1901年、北京議定書が調印され、清国は列国にばく大な賠償金を支払い、北京などに列国の守備兵をおくことを認めた。これが北清事変ほくしんじへん(義和団事件)である。

ところが、口シアは北清事変が収まったのちも十数万人の大軍を満州にとどめ、事実上、満州を軍事占領し、さらに清国と露清密約を結んで南下する気配を示した。このため韓国を勢力下におこうとした日本は、韓国問題と満州問題をめぐって正面からロシアと対立するにいたった。

参考

Previous Post