ワッハーブ王国 カルロヴィッツ条約 ムハンマド=アリー朝 ナポレオンのエジプト遠征 オスマン帝国支配の動揺 オスマン帝国の領土縮小地図
オスマン帝国の領土縮小地図 ©世界の歴史まっぷ

ワッハーブ王国 (1744頃〜1818、23〜89)

サウード家がワッハーブ派と協力して建てた国。オスマン帝国からの分離をはかり、メッカ・メディナを占領してアラビア半島を支配下に入れた。1818年にムハンマド=アリーに敗れたがまもなく復活、19世紀末まで存続した。20世紀初頭に再興され、1932年に国名をサウジアラビア王国とした。

Sponsored Link

ワッハーブ王国

サウード家がワッハーブ派と協力して建てた国。オスマン帝国からの分離をはかり、メッカ・メディナを占領してアラビア半島を支配下に入れた。1818年にムハンマド=アリーに敗れたがまもなく復活、19世紀末まで存続した。20世紀初頭に再興され、1932年に国名をサウジアラビア王国とした。

参考 世界史用語集

アジア諸地域の動揺

オスマン帝国支配の動揺とアラブのめざめ

ムハンマド=アリー朝

対外政策の面では、新編制の軍を用いて海外派兵をくりかえした。1811年には、オスマン帝国スルタンの命をうけ、アラビア半島の聖地メッカを押さえるワッハーブ王国の討伐のため長子イブラーヒームを派遣し、首都ダルイーヤを陥落させた(1818)。続いて1818〜20年にはスーダンを征服し、奴隷交易をはじめ諸権益を独占し、エジプト近代化のための財源とした。

参考

詳説世界史研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です