Ruins of a temple platform in Nippur—the brick structure on top was constructed by American archaeologists around 1900.
Ruins of a temple platform in Nippur—the brick structure on top was constructed by American archaeologists around 1900.

ニップル

/

Previous Post

Next Post

ニップル(Nippur) 古代メソポタミアの都市。紀元前6千年紀頃から居住が始まりシュメール時代には最高神エンリルを都市神としたことから宗教的中心地となっていた。その後もメソポタミア世界における宗教的中心地として大国の激しい争奪が繰り広げられた。

遺跡

ニップル遺跡はバグダードの南東約160キロの位置にある。古代メソポタミアの都市遺跡の中でも多くの遺構が残っている遺跡である。都市は幅1.5km前後であり、最初の発掘は1851年、19世紀の発掘家の中でも最も高名な人物の一人、オースティン・ヘンリー・レヤード卿(Austen Henry Layard)によって行われ、以後各種の研究機関によって継続的に調査されている。数万点を超える粘土板文書がこの都市から発見されており、古代オリエント史研究において無視できない価値を持っている。

シュメール の各主要都市国家の場所

シュメールの多くの都市国家はそれぞれ周囲の1000平方キロもの土地を支配していた。 ラガシュエリドゥ、キシュ、ニップル、ウルク、シッッパル、アカシャク、ウルなどの都市ははるか昔からその名を轟かせていた。
[put_wpgm id=15]

Previous Post

Next Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です