ニザームルムルク
『修史』ニザームルムルクの暗殺 ©Public Domain

ニザームル=ムルク (ニザーム=アルムルク) (1018〜1092)

セルジューク朝トルコの政治家・学者。名宰相とうたわれた。宗教と教育の発展に貢献。ファーティマ朝によるシーア派の宣伝活動に対抗して、領内の主要都市につぎつぎとニザーミーヤ学院(マドラサ)を建設した。

Sponsored Link

ニザームル=ムルク

最盛期をもたらした名宰相

セルジューク朝トルコの政治家・学者。名宰相とうたわれた。宗教と教育の発展に貢献。セルジューク朝の最盛期を支えたが、暗殺された。

参考

created by Rinker
¥2,052 (2019/07/20 04:33:10時点 Amazon調べ-詳細)

イスラーム世界の形成と発展

イスラーム世界の形成と発展
イスラーム世界の形成と発展 ©世界の歴史まっぷ

イスラーム世界の発展

東方イスラーム世界
11世紀後半のイスラーム世界地図
11世紀後半のイスラーム世界地図 ©世界の歴史まっぷ
セルジューク朝は、同族のトルコ人マムルークを採用して軍事を整え、イランからイラク・シリアにおよぶ広大な領域を支配下におさめた。またイラン人の宰相ニザームル=ムルクは、ファーティマ朝によるシーア派の宣伝活動に対抗して、領内の主要都市につぎつぎとニザーミーヤ学院(マドラサ)を建設した。これらの学院ではスンナ派の神と教育をおこなうイスラーム世界の最高学府であった。
マドラサ
マドラサ
サマルカンドの3つのマドラサ。シール・ダル(右)、ティラ・カラ(中央奥)、ウルグ・ベク(左)がレジスタンジロバを囲んでいる。マドラサでは教授と学生が、一緒に住んで勉学に励んだ。 Wikipedia

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です