チャンチャンの考古地区
チャンチャンの考古地区 © UNESCO

チャンチャンの考古地区

/

Previous Post

Next Post

チャンチャンの考古地区 (12世紀〜15世紀)

チャンチャンは、ペルー北部海岸のトルヒージョの郊外にあり、インカ帝国が中央アンデスを統一するまでの12~15世紀に栄えたチムー王国の首都。建造物、神殿、広場など、古代アンデス文明最大のアドベ(日干しレンガ)による計画都市であり、1986年に世界遺産「チャンチャンの考古地区」に登録されている。

世界遺産情報

チャンチャンの考古地区

ペルー
登録日
1986年
ウェブサイト
http://whc.unesco.org/en/list/366/
登録区分
文化遺産
登録名
チャンチャンの考古地区 Chan Chan Archaelogical Zone
その他
(i)(iii) 危機遺産(1986年 - )

チャンチャンの考古地区

ペルー北部海岸のトルヒージョの郊外にあり、インカ帝国が中央アンデスを統一するまでの12~15世紀に栄えたチムー王国の首都。建造物、神殿、広場など、古代アンデス文明最大のアドベ(日干しレンガ)による計画都市である。チュディ王宮跡は、とくに調査や修復が進んでいる。

参考 UNESCO World Heritage Centre

ギャラリー

チャンチャンの考古地区
チャンチャンの考古地区 壁画拡大 Wikipedia
チャンチャンの考古地区
チャンチャンの考古地区 © UNESCO
チャンチャンの考古地区
チャンチャンの考古地区の模型 ©Public Domain
チャンチャンの考古地区
チャンチャンの考古地区 壁画拡大 Wikipedia
チャンチャンの考古地区
チャンチャンの考古地区 壁画 Wikipedia
チャンチャンの考古地区
チャンチャンの考古地区 壁画拡大 ©Public Domain

アメリカの古代文明リストマップ

南北アメリカ古代文明地図
南北アメリカ古代文明地図 ©世界の歴史まっぷ

[put_wpgm id=29]

Previous Post

Next Post