チャビン文化 チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル @Wikipedia

チャビン・デ・ワンタル

/ /

Previous Post

Next Post

チャビン・デ・ワンタル
紀元前900年から200年まで発展した、古代アンデス最古の文化であるチャビン文化の中心地。アマゾン川の源流部、標高約3200mのアンデス山脈の谷間に石積みの神殿や主神「ランソン像」などの遺構が残っている。「チャビンネコ」と呼ばれる翼を持ったジャガーが、この文化の宗教的シンボルと考えられている。ペルーの世界遺産「チャビンの考古遺跡」に登録されている。

世界遺産情報

チャビンの考古遺跡

ペルー
ウェブサイト
http://whc.unesco.org/en/list/330/
登録区分
文化遺産
登録名
チャビンの考古遺跡 Chavin (Archaeological Site)
その他
(iii)

チャビン・デ・ワンタル

アジア・アメリカの古代文明
アジア・アメリカの古代文明 ©世界の歴史まっぷ

ギャラリー

チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタルの彫刻にはすべて牙がある Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル (嗅ぎタバコ、海の哺乳類の骨/ロンバード博物館蔵)Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル 金のネックレス Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタルで多く見られる神話的な生き物 Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル再現模型 Wikipedia
チャビン・デ・ワンタル
チャビン・デ・ワンタル Source: Wikipedia

アメリカの古代文明リストマップ

[put_wpgm id=29]

Previous Post

Next Post