シルク・ロード

中央アジアの乾燥地帯にあるオアシス都市を結び、東アジア・西アジア・南アジア間を最短距離で結ぶ交通路である。このルートの主たる輸送手段は、乾燥に強いラクダによる隊商(キャラヴァン)である。長安から西行して黄河上流の蘭州を過ぎると砂漠が広がり、中国の最も西の端にある敦煌からは、タリム盆地を挟んで南北両道に分かれる。北道にはハミ・トゥルファン(高昌)・クチャ(亀茲)などがあり、南道にはローラン(楼蘭)・コータン(于闐)・ヤルカンド(莎車)などがある。

Sponsored Link

シルク・ロード

内陸アジア世界の変遷

内陸アジアの変遷
内陸アジア世界の変遷 ©世界の歴史まっぷ

遊牧民とオアシス民の活動

東西を結ぶ交通路

ユーラシア大陸の東西を結ぶ交通路は紀元前から存在した。そのうちのひとつは、中央アジアのオアシスを相互に結びつけて形成されたものであり、東アジアとインド・西アジア・ヨーロッパを結ぶ幹線であった。この幹線上に古くから多くの国々が興亡した。
紀元前3世紀中ごろ、アム川上流の南岸にギリシア人が建国したバクトリア、その滅亡後、同じ地域に拠った大月氏、シル川上流に位置したフェルガナ(大宛)の勢力などがその例である。

内陸アジアの風土地図
内陸アジアの風土地図 ©世界の歴史まっぷ
バクトリア:中央アジアのアム川流域に自立した国。ヘレニズム文化の中心地でもあった。

オアシスの住民は、周辺の遊牧民や地地域の農耕民と商業活動によって、必需品を手に入れる必要があり、その商業は、やがて大規模な隊商を組んだ交易に発展した。
中央アジアは、中国、インドとヨーロッパ、西アジアなどを結ぶ交通路の大部分を占めていたため、この地の隊商貿易(キャラバン)は莫大な利益をもたらした。
このためオアシス都市は繁栄することになった。このような経過で、早くから大きなオアシス国家を形成したのがバクトリアで、ここにはアレクサンドロス3世の遠征以後、ギリシア人が数多く移住した。その後、この地域に移動してきたのが大月氏である。
大月氏は、この豊かな土地に満足して、匈奴を討つことを提案した張騫ちょうけんの誘いには応じなかった。

オアシス都市国家の盛衰は、東西貿易と深く関係していたが、交易に活動した代表的な商人は、中央アジアのサマルカンドや、ブハラを含むザラフシャン川流域のソグディアナ地方出身のソグド人であった。この地方は西トルキスタンの中心であるので、各地方に広大な通商圏をもった。東方では中国やモンゴルにさかんに往来した。ソグド人はイラン系の民族で、商才に長けていたことでも広く知られている。彼らの商業活動が最もさかんであったのは、5世紀から9世紀にかけてで、活躍した範囲は東は中国、南はインド、西は東ローマ帝国に及んだ。彼らの商業活動は騎馬遊牧民の保護をうけておこなわれたものであった。エフタルやウイグルは、保護者として役割を果たし、彼らから大きな利益をえたのである。ソグド語は当時国際語として通用した。また、中国産の絹がソグド人によって西方に運ばれたので、この交易路が後に「絹の道」(シルク・ロード)(長安を発して敦煌で二手に分かれ、パミールを超えてイランを横切り、アンティオキアに達する。)と呼ばれた。その沿道の住民は、古くはトハラ人などインド=イラン系であったが、しだいにトルコ系諸民族に取って代わられた。

東西に渡る文物の交流が活発になると、その利益を得ようとする周辺民族の侵入や、東西の文化圏からの干渉もさかんになった。草原地帯からの騎馬遊牧民の侵入、西方からのアレクサンドロス3世の東征や西アジア諸国の干渉、東アジアの漢や唐(王朝)西域経営などはその例である。
詳細 東西を結ぶ交通路 – 世界の歴史まっぷ

諸地域世界の交流

東西交流の三つの道地図
東西交流の三つの道地図 ©世界の歴史まっぷ

陸と海のネットワーク

三つの道

古くから東西文化の交流と相互発展に大きな役割を果たしたと考えられる三つの道があった。草原の道オアシスの道海の道である。ここでは、有史以前から大航海時代以前、15世紀までの各交易路の様子と、交易路を通じて展開される文物の交流の様子を述べることとする。

  • 草原の道においては、騎馬遊牧民の相つぐ興隆によってダイナミックに文化が伝播した。
  • オアシスの道においては、乾燥地帯に連なるオアシス都市を結び、ソグド商人に代表される隊商民がさまざまな貴重品や文化を伝えた。この道を通って中国から絹が西方に伝わったことから、シルク・ロードと呼ばれるが、東西の文化交流では重要な役割を果たした。
  • 海の道では、もっぱら船により大量の輸送が可能となり、ムスリム商人が活発に交易を行うようになる。彼らはマラッカ海峡を超え、中国沿岸の海港に居留地を形成し、季節風を利用した海上貿易に従事した。

三つの道 – 世界の歴史まっぷ

オアシスの道(オアシス・ルート・狭義のシルク・ロード)

中央アジアの乾燥地帯にあるオアシス都市 オアシス都市国家)を結び、東アジア・西アジア・南アジア間を最短距離で結ぶ交通路である。このルートの主たる輸送手段は、乾燥に強いラクダによる隊商(キャラヴァン)である。長安から西行して黄河上流の蘭州を過ぎると砂漠が広がり、中国の最も西の端にある敦煌からは、タリム盆地を挟んで南北両道に分かれる。北道にはハミ・トゥルファン高昌こうしょう)・クチャ亀茲きじ)などがあり、南道にはローラン(楼蘭)・コータン于闐うてん)・ヤルカンド(莎車さしゃ)などがある。こうして西行を続けるとパミール超えにかかる。パミール高原を超えて西トルキスタンへ入り、サマルカンド・ブラハからイラン高原・シリアへ、またパミール高原から北インド方面に行くことができる。このルートのオアシス都市は、東西交渉の発展と拡大の中で興隆し、多くの都市国家が栄えた。

アケメネス朝ペルシア版図と周辺諸国地図
アケメネス朝ペルシア版図と周辺諸国地図 ©世界の歴史まっぷ
アレクサンドロス大王東方遠征進路地図
アレクサンドロス大王東方遠征進路地図 ©世界の歴史まっぷ

西方では、紀元前6世紀末からアケメネス朝( アケメネス朝)が進出し、続いて紀元前4世紀後半にはアレクサンドロス3世の東征 アレクサンドロス大王)によって中央アジアからインド西境にいたる統一がおこなわれ、これによってヘレニズム文化と呼ばれる独特の文化が形成された。

また東方では、紀元前2世紀後半の張騫の派遣に始まる前漢 武帝(漢)の西域進出、1世紀末、後漢の班超による西域経営、7世紀から8世紀前半における唐の西域経営など、中国の政権が安定すると、常にこと地域への進出が試みられた。イラン系のソグド商人に代表される隊商民は、オアシスの道を東西に移動し、また各オアシス都市は中継貿易によって利潤をあげた。

漢代のオアシス都市国家地図
漢代のオアシス都市国家地図 ©世界の歴史まっぷ
仏教の伝播地図
仏教の伝播地図 ©世界の歴史まっぷ

このルートは、物資や利益をもたらしただけでなく、東西の文化交流においても重要な意味をもった。シルク・ロードの呼び名にもなったように、中国産の生糸や絹は重要な商品であったが、養蚕の技術も次第に西方に伝播していった。製紙法も中国で発明されたが、751年のタラス河畔の戦いにおいて、捕虜となった唐人の紙漉き職人によって西方に伝えられ、757年にはサマルカンドに紙工場が建てられた。また西方の文物もこの道を通って東方に伝えられた。

タラス河畔の戦いでは、アッバース朝と唐(王朝)の二大国が中央アジアの覇権を争った。この結果、唐(王朝)が敗北し、西域の経営から後退することとなる。

ヘレニズム文化やイラン系の文物は中国を経由して我が国の正倉院の宝物などにも影響が見られる。また中国とインドとの交通もこの道を通じて行われ、インドで生まれた大乗仏教がこの道を経由して中国に伝播した。

正倉院は、奈良東大寺の宝物倉。8世紀に建立されてから一度も災害にあわず、中国などではすでに失われてしまった当時の貴重な文物を伝えている。

養蚕の西方への伝播

養蚕の技術は、古代中国人の創始によるものであり、中国では絹を重要な輸出品としていた。このため中国では蚕の輸出を禁止していた。言い伝えによれば、コータンの王が蚕を得ようとして中国の公主(皇帝の娘)の降嫁を願い、攻守の髪に蚕を忍ばせて持ち出したという。こうして養蚕の技術は、次第に西方に伝播し、ビザンツ帝国では、大規模な絹織物工場がつくられるにいたっている。

オアシスの道(オアシス・ルート) – 世界の歴史まっぷ

参考

詳説世界史研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です