3B政策 3C政策 モロッコ事件 帝国主義対立の変化
帝国主義対立の変化 ©世界の歴史まっぷ

帝国主義対立の変化

現在ダウンロード回数に制限を設けています。1つのファイルの連続ダウンロードはお控えください。

Download File Infomation

Description

帝国主義対立の変化

ドイツ領, ロシア領, イギリス領, フランス領, カイロ, ケープタウン, カルカッタ, ベルリン, ビザンティウム(イスタンブル), バグダード, 「ヨーロッパの火薬庫」, モロッコ事件, 建艦競争, 3B政策, 3C政策

帝国主義対立の変化
帝国主義対立の変化 ©世界の歴史まっぷ

解説

世界政策のもとでドイツの進めるバグダード鉄道を軸とした3B政策は、イギリスの3C政策やロシアの南下政策と対立し、列強の外交関係を変化させた。

三国同盟

  1. イタリアが、自国の側から直接の挑発なしに、いかなる理由にせよ、フランスによって攻撃された場合、他の二条約締結国は全力をあげて被攻撃国を援助する義務をもつ。直接挑発なしの侵略がフランスによってドイツに加えられた場合、同様の義務がイタリアにかかるものとする。
  2. 条約締結国の一または二国が、当方からの直接の挑発なくして攻撃され、二以上の、この条約の被締結国との戦争状態に入ったならば、「応援義務」は全条約締結国に同時に発生する。

世界史資料・名言集(新訳)」山川出版社

参考

214

Download

  • Version0.1
  • Download Count13
  • Create Date2018-12-21
  • Update Date2018-12-21

ダウンロードファイルにはウォーターマークはありません。

帝国主義対立の変化
File
20181221-2-帝国主義対立の変化@824.png