MENUMENU
真珠の耳飾りの少女
真珠の耳飾りの少女 ©Girl With a Pearl Earring (2003)

真珠の耳飾りの少女 (映画) 見どころ

映画

/

Sponsored Link

真珠の耳飾りの少女

Movie

真珠の耳飾りの少女 字幕版 Trailer

ストーリー

1660年代のオランダ。タイル絵師の父を持つグリートはフェルメール家に下働きとして入る。
妻に、アトリエの掃除を命じられ、「窓を拭いてよろしいですか? 光が変わりますが?」と問う。
芸術を理解しない妻との対比がされている。
彼女は陰影、色彩、構図に隠れた天分を持っていた。才能を見出したフェルメールは彼女に遠近法や絵の具の調合を教える。絵の構図が悪いと考えたグリートは、アトリエでモデルとなった椅子を除けて、陰影を強調する。画家はこれを見て、描いていた椅子を消し、光と影を付け加える。
ついに、画家はグリートをモデルとした製作を決意する。狂気の目で彼女を見て創造の苦しみに耐える画家。妻はグリートに恋情を抱いていると誤解する。
画家が使用人とアトリエに篭りきっている事はあらぬ噂を呼び、妻を苦しめる。
とうとう、妻は逆上。立ち入らないはずの、アトリエに乱入して妻が見たものは、自分の耳飾りをつけたグリートの肖像画だった。

歴史的におもしろい見どころ

実際の絵画と同じシーン

ヴァージナルの前に立つ女
ヴァージナルの前に立つ女(作/ヨハネス・フェルメール, ナショナル・ギャラリー蔵) ©Public domain
牛乳を注ぐ女(作/ヨハネス・フェルメール, アムステルダム国立美術館蔵) ©Public domain
牛乳を注ぐ女(作/ヨハネス・フェルメール, アムステルダム国立美術館蔵) ©Public domain
真珠の耳飾りの少女
真珠の耳飾りの少女 (作/ヨハネス・フェルメール, マウリッツハイス美術館蔵) ©Public domain
青いターバンの少女』・『ターバンを巻いた少女』とも呼ばれ、オランダのデン・ハーグのマウリッツハイス美術館が所蔵する。
口元にかすかな笑みを称えるかのようにも見えるところから「北のモナ・リザ」「オランダのモナ・リザ」とも称される 。
描かれた少女が誰かはわからないが、これは「肖像画」ではなく、「トローニー(tronie)」という独自の様式に分類される。
真珠の耳飾りの少女 (英: Girl with a Pearl Earring)は、オランダの画家 ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)の絵画であり、彼の代表作の一つ。

ヨハネス・フェルメール

英名: Johannes Vermeer
ヨハネス・フェルメールは、17世紀にオランダで活躍した画家。 レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。
少女の髪や耳飾りが窓から差し込む光を反射して輝くところを明るい絵具の点で表現している。この技法はポワンティエ(pointillé)と呼ばれ、フェルメールの作品における特徴の1つに挙げられる。

真珠の耳飾りの少女 (映画)

モデルとなった少女が誰なのかは実際は不明だが、フェルメール家の使用人の少女と仮定して描いたトレイシー・シュヴァリエの同名小説。

Gaga
¥917 (2018/12/16 05:06:03時点 Amazon調べ-詳細)

真珠の耳飾りの少女 (小説)

¥1,026 (2018/12/16 07:42:27時点 Amazon調べ-詳細)
MENUMENU