MENUMENU

26.東アジア諸地域の自立化

  • 1. 東アジアの勢力交代
  • 2. 中国社会の大変革期
  • 3. 君主独裁体制の確立と北方民族の進出
  • 4. 北方民族の諸国
  • 5. 宋代の社会経済の発展

26.東アジア諸地域の自立化

東アジア世界の形成と発展
東アジア世界の形成と発展 ©世界の歴史まっぷ

1. 東アジアの勢力交代

唐末から五代の時代は、東アジアの諸政権が一斉に交代した時代であった。

唐(王朝)の滅亡を皮切りに、雲南では南詔から大理国へと政権が交替し、朝鮮では新羅にかわって王建おうけん高麗を建てた。

ベトナムでも11世紀初めに李氏が大越国(李朝)を建てた。

日本(平安時代)でも9世紀末に遣唐使が停止され、国風文化が栄えるようになった。

11世紀の東アジア地図
11世紀の東アジア地図 ©世界の歴史まっぷ

2. 中国社会の大変革期

五代の建国者は節度使などの軍人が多く、武力を背景とした武断政治を行った。それまで政治や経済の実権を握っていた門閥貴族が没落し、かわって新興地主層が台頭した。

3. 君主独裁体制の確立と北方民族の進出

五代の後周の、世宗側近の武将の趙匡胤ちょうきょういんは、960年開封かいほう汴州べんしゅう)を都に宋(王朝)を建国した。彼は門閥貴族の風潮をおさえるため文治主義をとり、節度使勢力の削減に努めた。また科挙の整備をはかり、皇帝がみずから試験官となる殿試でんしを実施し、皇帝独裁体制を強化した。

10世紀から13世紀は北方民族の活動が活発な時代であった。契丹きったんりょうを建て、渤海ぼっかいを滅ぼし、華北の一部(燕雲十六州えんうんじゅうろくしゅう)を獲得して大勢力となった。遼朝は北方の遊牧民には固有の部族制を、農耕民の漢人には州県制を用いる二重統治体制をとり、中国の伝統と文化に埋没するのを避けようとした。

ツングース系の女真じょしん完顔阿骨打ワンヤンアグダに統率され、遼から独立しきんと称した。中国内に広大な領域をもった金(王朝)は、猛安・謀克もうあん・ぼうこくという軍事行政制度で自民族を、中国領は中国風の行政で収める二重統治体制をとった。

12世紀のアジア地図
12世紀のアジア地図 ©世界の歴史まっぷ

宋朝は文治主義により国内の平和を維持したが、一方では軍事的弱体化をまねいた。このため宋は北方民族(遼・西夏)の侵入・圧迫に苦しんだ。宋朝は遼朝との間で1004年に澶淵の盟せんえんのめいを結び、さらに西夏との間にも和議を結んだ。

宋は官僚機構の肥大化にともなう官僚費の増加や、北方民族に対する防衛費の増大のために、11世紀後半になると国家財政が破綻しはじめた。そこで、神宗(宋)は財政再建のため宰相王安石おうあんせきに命じて改革を行わせた。王安石の改革は新法とよばれ、農民や中小商工業者の生活安定・生産増加により、国家財政の確立と軍事力の強化をはかるものであった。しかし改革は保守派の反対で挫折し、その後、新法党と旧法党の対立(党争)が激化し国力は衰退した。

1126年、宋朝は金(王朝)に都を奪われ、皇帝欽宗と前帝徽宗きそうらはとらえられて北へ連行された。この事件を靖康の変せいこうのへんという。このとき、皇帝の弟高宗は江南にのがれて帝位について南宋を建て、臨安りんあんを首都とした。南宋では、秦檜しんかいらの和平派と岳飛がくひらの主戦派が対立したが、和平派が勝利をおさめ、金(王朝)と屈辱的な和議を結び、淮河わいがを両国の国境と定めた。

4. 北方民族の諸国

北方民族の諸国
北方民族の諸国 ©世界の歴史まっぷ
  • モンゴル系 契丹 → 西遼(カラ・キタイ)
  • ツングース系 女真 → 金朝
  • チベット系 タングート → 西夏

5. 宋代の社会経済の発展

宋代には新興地主層を母体とする官僚が政治的・社会的に大きな力をもったが、その経済的基礎は広大な荘園で、それは農奴的小作人の佃戸により耕作された。宋の南渡以来、江南の開発はめざましく、江南は穀倉地帯として中国経済の中心地となり、「蘇湖そこ江浙こうせつ)熟れば天下足る」とよばれるようになった。宋代は貨幣経済も発達し、交子こうし会子かいしが紙幣として使用された。またといわれる同業組合も生まれた。

参考
created by Rinker
¥6,383 (2019/03/24 17:55:04時点 Amazon調べ-詳細)

流れ図で攻略詳説世界史B―New

MENUMENU