10世紀後半のイスラーム世界地図

イスラーム, グラナダ, パリ, ヴェネツィア, ジェノヴァ, メディナ, サマーラ, メッカ, マラケシュ, バグダード, アレクサンドリア, コルドバ, エルサレム, ベラサグン, ラホール, ガズナ, ダマスクス, ホルムズ, エスファハーン, コンスタンティノープル, タブリーズ, カルタゴ, カイロ, ブハラ, 黒海, アラル海, バルハシ湖, 地中海, アラビア海, ペルシア湾, 大西洋, 紅海, カスピ海, アラビア, アルメニア, ホラーサーン, クレタ, シチリア, コルシカ, サルデーニャ, キプロス, フランク王国, 神聖ローマ, 帝国, キエフ公国, マジャル, 後ウマイヤ朝, イドリース朝, ファーティマ朝, アッバース朝, ブワイフ朝, ハム, ダーン朝, サーマーン朝, カラハン朝, 東ローマ帝国, ウイグル, ヒンドゥー系諸王国, ローマ, 教皇領

10世紀後半のイスラーム世界地図

10世紀後半のイスラーム世界地図
10世紀後半のイスラーム世界地図 ©世界の歴史まっぷ

10世紀後半のできごと

  • 960年
    • ミェシュコ1世がポーランド王国を建てる。
    • カラハン朝のテュルク系民族がイスラム教に集団改宗する。
    • 陳橋の変で帝位についた趙匡胤(太祖)が宋を建てる。
    • 平安遷都以来初めて内裏が全焼する(天徳4年の内裏焼亡)。
  • 960年代 – 東ローマ帝国で最古の百科事典『スーダ辞典』が編纂される(- 970年代)。
  • 961年 – イベリア半島でカスティーリャ伯領成立。
  • 962年
    • ドイツ王オットー1世がヨハネス12世(ローマ教皇)から帝冠を受け、神聖ローマ帝国が成立する。
    • アフガニスタンでトルコ系のガズナ朝が成立。
  • 963年 – アトスのアタナシオスが東ローマ皇帝ニケフォロス2世から勅許を得て、アトス山にメギスティ・ラヴラ修道院を建設する。
  • 965年
    • 北欧でハラール青歯王が洗礼を受ける。
    • キエフ大公スヴャトスラフ1世の遠征によりサルケルとイティルが攻略されハザールが滅ぼされる。
  • 966年 – ベトナムで丁朝が成立。
  • 967年
    • 村上天皇が没し、第63代冷泉天皇が即位。
    • 藤原実頼が関白就任。
  • 968年
    • 東ローマ皇帝ニケフォロス2世フォカスがアンティオキアを占領。
      • 東ローマ帝国はヘラクレイオス帝以来約330年ぶりにイスラム勢力からアンティオキアを奪回した。
    • レオン王国北西ガリシアに上陸したヴァイキングをガリシア貴族ロセンドらが撃退する。
  • 969年
    • ファーティマ朝がエジプトに進出してイフシード朝を滅ぼす。
    • 源満仲の讒言により左大臣源高明が左遷される安和の変が起こる。
    • 冷泉天皇が譲位し、第64代円融天皇が即位。藤原実頼が摂政就任。
    • 高麗の使節が対馬国にくる。
    • 東ローマ皇帝ニケフォロス2世フォカスが暗殺され、甥のヨハネス1世ツィミスケスが即位する。
    • 970年 – 藤原伊尹が摂政就任。
    • 971年 – 宋が南漢を滅ぼす。
    • 972年
      • 藤原兼通が関白就任。
      • ペチェネグ族がドニエプル川河畔でキエフ大公軍を壊滅させ、スヴャトスラフ1世を戦死させる。
      • 神聖ローマ皇帝オットー2世と東ローマ帝国皇女テオファヌの結婚。
    • 973年
      • デカン高原でタイラ2世がラーシュトラクータ朝を倒しチャールキヤ朝を再興する。
      • ファーティマ朝がイフリーキヤのマフディーヤからエジプトのカイロに遷都。
      • クリュニー修道院院長マヨルスがアラブ人海賊により南フランスのフラクシネートゥムで拉致される。
        • プロヴァンス伯ギョーム1世が報復として南フランスからアラブ人を駆逐。
    • 975年
      • 宋で最初の殿試が行われる。
      • 宋が南唐を滅ぼし金陵を占領。
      • 東ローマ皇帝ヨハネス1世・ツィミスケスがアレッポほかシリア・パレスティナを占領。
    • 976年
      • 東ローマ帝国でバシレイオス2世が皇帝に即位( – 1025年)。東ローマ帝国は最盛期を迎える。
      • 神聖ローマ帝国がオーストリアにバーベンベルク家の辺境伯領を設ける。
      • 宋の太祖が急逝し、実弟趙光義が太宗として即位(千載不決の議)。
    • 977年 – 藤原頼忠が関白就任。
    • 979年 – 宋の太宗が北漢を滅ぼして中国統一する。続く高粱河の戦いで宋は遼に敗北し燕雲十六州の回復を断念。
    • 980年 – マルギュ・シュール・シェール条約で、神聖ローマ皇帝オットー2世と西フランク王ロテールが講和。
    • 981年 – 西ガンガ朝のチャムンダラヤによりシュラバナベルゴーラにジャイナ教祖師ゴーマテーシュヴァラ(バフバーリ)の像が建てられる。
    • 984年
      • 円融天皇が譲位し、第65代花山天皇が即位。
      • 日本僧奝然が宋の太宗に拝謁し、法済大師号と宋版大蔵経を賜与される。
    • 986年
      • 遼が宋に侵入する(岐溝の戦い)。
      • 寛和の変により、花山天皇が退位させられる。
      • 第66代一条天皇即位。藤原兼家が摂政就任。
    • 987年
      • 西フランク王国でカロリング朝が断絶。
        • ロベール家のユーグ・カペーが国王に選出されカペー朝フランス王国が始まる。
      • バルセロナ伯ボレイ2世がカペー朝フランスから自立する。
    • 988年
      • キエフ大公ウラディミル1世が東ローマ帝国皇女アンナと結婚し、東方正教会に改宗する。
      • カイロのアズハル・モスク(972年完成)付属のアズハル大学が設置される。
      • 世界創造紀元が東ローマ帝国ではじめて公式に使用される(この年は6496年と算定される)。
    • 989年 – シャルー教会会議で最初の「神の平和(パックス・デイ)」が布告される。
    • 990年
      • 藤原兼家が関白就任。藤原道隆が摂政・関白就任。
      • 司教フベルトゥスによってシャルトル大聖堂付属学校が設立される(シャルトル学派の始まり)。
    • 991年
      • イングランドにノルウェー王オーラフ1世来襲する。デーンゲルドの徴収始まる。
      • 一条天皇の生母で皇太后藤原詮子に「東三条院」の院号が贈られる(女院の始まり)。
    • 993年
      • 延暦寺から慶祚ほか智証派(円珍派)が山を下りて園城寺に入り、天台宗は延暦寺の山門派と、園城寺の寺門派に分裂する。
      • この頃清少納言が『枕草子』を記す(成立年代については諸説あり)。
    • 995年
      • 藤原道兼が関白に就任するが、就任後12日で死亡し「七日関白」と称される。
      • 藤原道長が内覧となり、事実上の摂政となる。
    • 996年
      • 長徳の変により中関白家の藤原伊周・隆家兄弟が失脚する。
      • ロベール2世がフランス王として即位、しかし再婚問題が原因でグレゴリウス5世(ローマ教皇)に破門される。
    • 997年
      • ハンガリー大公ゲーザの死により息子イシュトヴァーン1世が後を継ぐ。
      • 後ウマイヤ朝の大臣アル・マンスールがサンチアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂を破壊する。
      • 奄美島人が対馬・壱岐に来襲。
    • 999年 – カラハン朝のイリグ・ハンがブハラを占領しサーマン朝を滅ぼす。
    • 1000年
      • イシュトヴァーン1世が戴冠式を行い、正式にハンガリー王国が成立する。
      • 『チャム王家年代記』によるとヴィジャヤ朝チャンパ王国が成立する。
    • 1000年頃 – アイスランド人のレイフ・エリクソンがヨーロッパ系としてはじめて北アメリカ大陸に到達。
      • この地はヴィンランドと名づけられ、入植活動が行われる。ニューファンドランドのランス・オ・メドー遺跡がそれに相当するか。

Wikipediaより