MENUMENU

紀元前500年 アケメネス朝ペルシア最大版図と現在の国名

地名:最大版図, アラビア海, 紅海, 地中海, 黒海, アラル海, カスピ海, ペルシア湾, リビア, エジプト, トルコ, ジョージア, アゼル, バイジャン, タジキスタン, キルギス, インド, サウジアラビア, オマーン, イエメン, アラブ首長国連邦, イスラエル, レバノン, ヨルダン, シリア, ギリシア, マケドニア, アルバニア, ブルガリア, ルーマニア, セルビア, クロアチア, イタリア, チュニジア, イラン, イラク, アフガニスタン, パキスタン, トルクメニスタン, ウズベキスタン

紀元前500年 アケメネス朝ペルシア最大版図と現在の国名 地図

アケメネス朝ペルシアは全国を36の行政区画に分け、各州ごとにサトラップを置いた。そのサトラップを監視するために年に一度、中央から「王の耳」「王の目」と呼ばれた監視官が派遣された。
「王の道」を建設して伝馬を整備し、通貨制度を創設した。

ダウンロード

アケメネス朝ペルシア最大版図地図
アケメネス朝ペルシア最大版図地図 ©世界の歴史まっぷ

紀元前500年代のギリシアに関連する投稿

MENUMENU