MENUMENU

29. 清代の中国と隣接諸地域図

貿易問題からアヘン戦争へ, イギリスの輸入超過, 茶など大量輸入, オランダ, イギリス(18世紀に中国貿易独占), ポルトガル, スペイン, 丁税(人頭税)を地税(土地税)に組み込む, 地丁銀制(清), 一条鞭法(明), 税制の変化 税の銀納化, マニラ, アメリカ大陸, 外国, メキシコ銀, 明・清, 日本, 銀の中国還流と税制の変化, 中国人(漢民族), 満漢通婚の禁, 禁書, 文字の獄, 辮髪の強制, 中国学問の奨励(大編纂事業), 科挙の実施, 満漢偶数官制, 威圧策, 懐柔策, 清王朝(満州人), 中国統治策:威圧と懐柔を巧みに併用した(元の中国支配と好対照), 清の中国支配, 清の中国支配, 鄭成功一族(反清復明運動)(1661〜1683) , オランダ支配(1624〜), 理藩院の整備, 貿易港を広州1港に限定(1757), 英使節ジョージ・マカートニー来朝(1793), 晩年には衰退の兆し, 軍機処の設置 税制:地丁銀制の広まり, キリスト教の布教禁止(1724), キャフタ条約(1727), 中国統一, 三藩の乱鎮圧(1673〜1681), 台湾の鄭成功一族の討伐(1683), ロシアの南下を阻止 ネルチンスク条約(1689), 典礼問題の発生, 聖祖康熙帝(在位1661〜1722), 民を滅ぼした李自成軍を掃討し北京入城(1644)緑営を編制, 東南アジア諸国と清の服属関係は、多目的なものであり実質的支配はおよんでいない, 北京, 朝貢国, ダライ・ラマなど多くの活仏を利用, チベット仏教徒(黄帽派)のモンゴル人・チベット人を懐柔, チベット, 清は大枠で、明の諸制度を受け継いで君主独裁制を固めた, 藩部には一定の自治を許し、中央に理藩院を置いて監督した, ウイグル人, イスラム教徒, 回部, 青海, ジュンガル, ハルハ, 外モンゴル, チャハル, 内モンゴル, 国号:清(1636), 太宗ホンタイジ, 軍制:八旗制, アイシン(金)建国(1616), 太祖ヌルハチ, 建州女真族統一, ピョートル1世, スタノヴォイ山脈, アルグン川, ネルチンスク条約(1689), キャフタ条約(1727), 全盛期の中国の繁栄は、宣教師たちから驚異の目で見られ、彼らは積極的に中国文化の紹介に努めた, 中国文化(儒教思想・農本主義・科挙制度・造園術など), シベリア開発, 明の降将呉三桂, 美術・工芸・造園術→シノワズリ(中国趣味)が流行→ロココ式にも影響, 朱子学→啓蒙思想家に影響→ヴォルテールは高く評価→ゴットフリート・ライプニッツの哲学に影響, 科挙制度→高等文官試験に影響農本主義思想→フランソワ・ケネーの農主義に影響, ヨーロッパへの影響, 中国国内での銀の流通, 銀の流入, 茶・生糸・陶磁器, 日本銀, 生糸, 広州(広東)(公行貿易)(1757年以降), 李氏朝鮮服属(1637), 新疆, 中国, イエズス会宣教師, ヨーロッパ, ビルマ(コンバウン朝), タイ(ラタナコーシン朝), ベトナム(阮朝), 台湾, ロシア, 清の中国支配, 清の中国征服と東アジアの一体化, 清代の中国と隣接諸地域, 世祖順治帝, 高宗乾隆帝(在位1735〜1795), 世宗雍正帝(在位1722〜1735)

29. 清代の中国と隣接諸地域図

ダウンロード

清代の中国と隣接諸地域流れ図
清代の中国と隣接諸地域流れ図 ©世界の歴史まっぷ

参考

created by Rinker
¥972 (2019/01/19 10:26:51時点 Amazon調べ-詳細)

流れ図で攻略詳説世界史B―New

MENUMENU