均田制の比較表
均田制の比較 ©世界の歴史まっぷ

均田制の比較表

ダウンロード > ダウンロード > その他

均田制の比較表

均田制は、北魏の孝文帝によって始められた土地制度である。五胡十六国時代の戦乱のため荒廃した華北の農業生産力を回復し、税収を確保することを目的としたもので、一定の基準で土地を農民に支給し、自作農をつくることを目指したが、その効果は一部にとどまった。

均田制の比較表

ダウンロード

隋 文帝(隋) 均田制の比較表
均田制の比較 ©世界の歴史まっぷ

・このファイルは SVG 画像です。

この画像は現在ダウンロードできません

凡例

北魏

485年北魏の孝文帝によって始められた土地制度である。五胡十六国時代の戦乱のため荒廃した華北の農業生産力を回復し、税収を確保することを目的としたもので、一定の基準で土地を農民に支給し、自作農をつくることを目指したが、その効果は一部にとどまった。
なお、特徴的なことは、奴婢・耕牛をも対象にして土地が支給された点で、これらの土地は、当然、奴婢・耕牛の所有者である豪族に帰属することになったわけであり、北魏の均田制が豪族に有利な側面をもっていたことは確かである。

文帝(隋)は、統一国家の支配をより強固にするため、中央集権体制の確立に尽力した。北朝以来の 均田制、 府兵制を継承しつつ、税制として 租調庸制を確立して、民衆の支配の強化に努めたこと、地方行政制度を改革して、郡を州にあらため(州県制)、それまで地方長官が任命していた州県の属官をすべて中央からの派遣に改めたこと、これまで強大な勢力をふるってきた門閥貴族を抑制するため、九品中正を廃止して、あらたに学科試験による官吏登用法(選挙と呼ぶ)を開始したことなどは、そうした中央集権化への努力のあらわれである。

北魏に比べ、隋(王朝)の均田制では、奴婢・耕牛への給田が廃止されたことが特筆される。これは帝権が強化され、大土地所有者(貴族層)に対する抑制が強化されたことを明らかに示している。

均田制は、北魏に始まる土地制度で、一定の基準で土地を農民に給付して、自作農を育成することを目指した。唐では、丁男ていだん(21〜59歳)に対し、口分田(死亡もしくは60歳になると国に返還する)を80畝、永業田(おもに桑などの樹木を植え、代々世襲を許される)を20畝、計100畝(約5.5ha)を給付する規定になっていたが、この給田は全国一律におこなわれたものではなく、畑作を中心とする華北一帯で施行されたと考えられ、また人口が多く土地が不足する地方では、規定どおりの給田はおこなわれなかった。むしろ均田制は、すべての土地を固有とみなし、土地給付の代償として丁男に一律に租庸調や府兵の義務を課す(国家が丁男を直接均等に把握・支配する)という、唐朝の民衆支配の基本理念)を示すものと考えたほうがようであろう。

このような理念にたつ支配体制を「個別人身的支配」と呼び、秦漢から唐代までの基本的支配理念でもあった。

参考