内陸アジアの風土地図

地名:ツンドラ, ステップ, サバナ, 砂漠, 耕地, 牧草地, 草原の道, オアシスの道, 絹の道, 内陸アジア, ウラル山脈, ヤブロノヴィ山脈, スレイマン山脈, サヤン山脈, アルタイ山脈, 朝鮮半島, ヒマラヤ山脈, からコム山脈, クンルン山脈, 崑崙山脈, ゴビ砂漠, モンゴル高原, ジュンガル盆地, チベット高原, 中央シベリア高原, カフカス山脈, スタノヴォイ山脈, タリム盆地, タクラマカン砂漠, 天山山脈, パミール高原, ヒンドゥークシュ山脈, 大興安嶺, 甘粛, イラン高原, ソグディアナ, 黒海, カスピ海, ペルシア湾, 黄海, 南シナ海, 東シナ海, ガンジス川, オビ川, アムール川, ウラル川, ユーフラテス川, ティグリス川, インダス川, 黄河, 長江, コンスタンティノープル, バクトラ, クテシフォン, アンティオキア, イッシク・クルガン, 北京, サマルカンド, 敦煌, 長安, 洛陽, 疏勒, 于闐, 亀茲, 張掖, カザフ草原, カラクム砂漠

内陸アジアの風土地図

内陸アジアの風土地図
内陸アジアの風土地図 ©世界の歴史まっぷ

アジア大陸の中央部にあって、東北にはゴビ砂漠の北の外モンゴルと、中国の万里の長城にいたる内モンゴルが展開し、さらにトルキスタンからカスピ海西部にかけて広がる大乾燥地帯におよぶ。そして南はヒンドゥークシュ山脈、カラコルム山脈、ヒマラヤ山脈などによって海洋から遠く隔てられ、北は寒冷なシベリアの森林地帯(タイガ)につながる。東は大興安嶺やヤブロノイ山脈に接し、西はウラル山脈やカフカス(コーカサス)山脈などに接する。内陸アジアは、砂漠や草原あるいは密林におおわれた乾燥地域であり、寒暑の差が非常に激しい。

詳細:内陸アジアの風土と人々 – 世界の歴史まっぷ

参考

詳説世界史研究

この地図を使用している記事