元と4ハン国(13世紀の世界地図)
元と4ハン国(13世紀の世界地図)©世界の歴史まっぷ

元と4ハン国(13世紀の世界地図)

folder_open ダウンロード > ダウンロード > 地図 loyalty
イタリア共和国 インド インドネシア共和国 朝鮮民主主義人民共和国 アフガニスタン・イスラム共和国 アルバニア共和国 アゼルバイジャン共和国 エジプト・アラブ共和国 カンボジア共和国 スペイン 大韓民国 エストニア共和国 アルメニア共和国 アラブ首長国連邦 中華人民共和国 ウクライナ パキスタン・イスラム共和国 クロアチア共和国 シンガポール共和国 イエメン共和国 セルビア共和国 イスラエル国 オーストリア バチカン市国 日本 タイ王国 ウズベキスタン共和国 バングラデシュ人民共和国 イラク共和国 オランダ王国 ポルトガル共和国 モンゴル国 スロベニア共和国 カザフスタン共和国 ブータン王国 ネパール王国 イラン・イスラム共和国 フィリピン共和国 スロバキア共和国 サンマリノ共和国 キルギス共和国 ギリシャ共和国 チェコ共和国 ジブラルタル ジョージア ブルネイ・ダルサラーム国 スイス連邦 ベトナム社会主義共和国 ハンガリー共和国 タジキスタン カタール国 ドイツ ブルガリア共和国 マレーシア トルクメニスタン キプロス共和国 フランス共和国 ポーランド共和国 ミャンマー連邦共和国 ベラルーシ共和国 クウェート国 ベルギー王国 モルドバ共和国 ボスニア・ヘルツェゴビナ ロシア連邦 シリア・アラブ共和国 マケドニア旧ユーゴスラビア共和国 モナコ公国 トルコ共和国 リヒテンシュタイン公国 モンテネグロ パレスチナ自治政府 ルクセンブルク大公国 ラトビア共和国 リトアニア共和国 バーレーン国 レバノン共和国 ルーマニア ヨルダン・ハシミテ王国

元と4ハン国(13世紀の世界地図)

地名:ジュチ, チャガタイ, オゴタイ, トルイ, バトゥ, グユク, ハイドゥ, モンケ, フビライ, チンギス=ハン, フレグ, キプチャク・ハン国, チャガタイ・ハン国, オゴタイ・ハン国, 元, イルハン国, 元と4ハン国, オゴタイ, モンケ, フビライ, バトゥの西征路, フレグの進路, マルコ・ポーロ, ワールシュタットの戦い, 弘安の役, 崖山の戦い, ミャンマー, ロシア, 女真, キルギス, ボルネオ, スマトラ, スリランカ, 琉球, ウイグル, チベット, ローマ, ヴェネツィア, カイロ, エルサレム, ダマスクス, アンカラ, コンスタンティノープル, キエフ, モスクワ, サライ, タブリーズ, メッカ, バスラ, ホルムズ, イスファハーン, バグダード, カーブル, ガズナ, デリー, エミール, パガン, オトラル, サマルカンド, 成都, 重慶, 太宰府, 奉元, 長安, 揚州, 景徳鎮, 泉州, 福州, 広州, 開城, 大都, 上都, 杭州, 占城, 京都, 蘭州, 大理, 甘州, 粛州, 沙州, アルマリク, カラコルム, 遼陽, 合浦, 瓊州, ナイマン, オングト, 西夏, 金, ホラズム, 陳朝, 大越, アッバース朝, アンコール朝, マジャパヒト王国, 日本, 神聖ローマ帝国, アラゴン, ナスル朝, フランス, ドイツ騎士団領, ポルトガル, カスティーリャ, ポーランド, 吐蕃, 南宋, パガン朝, 高麗, チャンパ, ハンガリー, マルムーク朝, 東ローマ帝国, デリー・スルターン朝, キャプチャク・ハン国, スコータイ朝

元と4ハン国(13世紀の世界地図)

元と4ハン国(13世紀の世界地図)
元と4ハン国(13世紀の世界地図)©世界の歴史まっぷ

13世紀の歴史

モンゴル帝国全盛

13世紀は、チンギス・ハーンの興したモンゴル帝国がユーラシア大陸の大半を支配したため、モンゴルの世紀と呼ばれる。モンゴル帝国は交易を奨励、保護しユーラシア大陸を陸路、海路で結ぶ一大交易網が成立した(シルクロードの発展)。ユーラシア各地を多くの技術や情報が行き交い、世界史の転換期のひとつとなった。

ジャワ島では、シンガサリ王国が東部から興ってクディリ王国を倒したが、モンゴル帝国(元)のフビライの遠征軍の派兵により、内部で混乱し滅亡した。しかし、元の遠征軍も内紛の一部勢力と手を結んだが、最後には裏切りに遭いジャワ島より敗退する(1292年、マジャパヒト王国成立)。12世紀に中国を二分した金と南宋は元により滅ぼされた。また、日本も2度にわたる元の侵攻(元寇)に遭ったがこれを撃退している。

ワールシュタットの戦い

モンゴルのポーランド侵攻
1241年、4月9日にモンゴル帝国のヨーロッパ遠征軍と、ポーランド・ドイツ連合軍が激突した戦い。モンゴル帝国が圧勝した。
ワールシュタットの戦いはモンゴルの侵攻に対するヨーロッパの命運を決したと言われる悲劇的敗戦だったが、モンゴル軍にとっては騎兵戦術の常道によって行われた局地戦の勝利に過ぎなかった。

崖山の戦い

1279年、中国大陸の広州湾で、元の軍勢が南宋の海軍を破った戦いである。この戦いで南宋は敗北、最後の皇帝衛王は宰相陸秀夫ととも入水し、名実ともに南宋は滅亡した。

十字軍勢力は衰退へ

第6回十字軍に赴いた神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世は、アイユーブ朝のスルターンアル=カーミルとの交渉によってエルサレムの譲渡を認めさせたが、10年余りで再びイスラム勢力により陥落した(以後、20世紀までエルサレムはイスラムの支配下に置かれる)。その後も十字軍の遠征は行なわれたが、レバントにおける十字軍国家は縮小の一途をたどり、1291年には最後の拠点アッコを失ってエルサレム王国も滅亡、パレスチナ全域がイスラム勢力下に入った。

マグナ・カルタ成立

イングランド王国では、国王の権限を制限するマグナ・カルタが制定された。その後、この憲章は廃止されないまま忘れ去られており中世の時代の中でほとんど影響力を失うが、国王と議会の対立が激しさを増す17世紀に再度注目されることとなる。清教徒革命やアメリカ合衆国建国の際にもマグナ・カルタが引用され、現在のイギリス憲法を構成する前文にも残っている。

Wikipediaより

参考

person_outlineby

コメントを残す