ムスリム商人のおもな貿易路と主要取引品地図
ムスリム商人, 貿易路, 製糸法, 香水, 木材、鉄, 金属、銀, リンネル, 毛織物, ワイン, 石けん, 奴隷, 毛皮, 絹, 金, 亜麻織物, 絹織物, 象牙, 香辛料, 綿布, 宝石, 染料, 砂糖, 樟脳, 絹、陶磁器, 香水、薬品, 貴金属, 紙, ガラス, 絨毯, ソファーラ, トンブクゥ, メッカ, アデン, コンスタンティ, ノープル, アンティオキア, ダマスクス, タラス, サマルカンド, バグダード, パータリプトラ, 長安, 杭州, 泉州, 広州, コルドバ, タンジール, チュニス, カイロ, メディナ, フルネイ, マラッカ, アチェ, マスカット, モガディシュ, マリンディ, モンバサ, ホルムズ, インド洋, 大西洋, 太平洋

ムスリム商人のおもな貿易路と主要取引品地図

ダウンロード

ムスリム商人のおもな貿易路と主要取引品地図
ムスリム商人のおもな貿易路と主要取引品地図 ©世界の歴史まっぷ

ムスリム商人

イスラーム教徒で商業に従事する人びと。アラビア商人、イスラーム商人。アッバース朝治下の10世紀以降、西アジアを中心に広大な領域を支配したイスラーム国家は、硬貨・為替手形・小切手を用い、各地を結ぶ交通路の整備で広大なイスラーム経済圏を築き、商人は得た利潤でモスクや学院を寄進しイスラーム文化の保護者的役割も果たした。

ムスリム商人 – 世界の歴史まっぷ

参考

詳説世界史研究