フェニキア人とギリシア人の植民移動 地図

地名:イオニア人, ドーリア人, フェニキア人, ギリシア人, ヘメロスコピウム, ニケーア, エンポリエ, イストロス, アポロニア, オルビア, ヘラクレア, タナイス, ファシス, トラペズス, ヘラクレア, カルケドン, フォーケーア, カルキス, アビドス, ビュブロス, ロードス, クレタ, ティルス, ナウクラチス, アポロニア, クノッソス, エウヘスペリデス, マラカ, クメ, エピダムノス, シノペ, カルタゴ, シドン, シラクサ, マッサリア, ネアポリス, スパルタ, アテネ, ミレトス, タレントゥム, ビサンティオン, イベリア, ガリア, イタリア, ヌミディア, エジプト, イリリア, 地中海

フェニキア人とギリシア人の植民移動 地図

フェニキア人

紀元前15世紀頃
フェニキア人は、エジプトやバビロニアなどの古代国家の狭間にあたる地域に居住していたことから、次第にその影響を受けて文明化し、紀元前15世紀頃から都市国家を形成し始めた。
紀元前12世紀頃
紀元前12世紀頃から盛んな海上交易を行って北アフリカからイベリア半島まで進出、地中海全域を舞台に活躍。また、その交易活動にともなってアルファベットなどの古代オリエントで生まれた優れた文明を地中海世界全域に伝えた。
紀元前15世紀頃から紀元前8世紀頃
フェニキア人の建設した主な主要都市には、ティルス(現在のスール)、シドン、ビュブロス、アラドゥスなどがあり、海上交易に活躍し、紀元前15世紀頃から紀元前8世紀頃に繁栄を極めた。さらに、カルタゴなどの海外植民市を建設して地中海沿岸の広い地域に広がった。船材にレバノン杉を主に使用した。
紀元前9世紀から紀元前8世紀
しかし紀元前9世紀から紀元前8世紀に、内陸で勃興してきたアッシリアの攻撃を受けて服属を余儀なくされ、フェニキア地方(現在のレバノン)の諸都市は政治的な独立を失っていった。アッシリアの滅亡後は新バビロニア、次いでアケメネス朝(ペルシア帝国)に服属するが、海上交易では繁栄を続けた。しかし、アケメネス朝を滅ぼしたアレクサンドロス大王によってティルスが征服されると、マケドニア系の勢力に取り込まれてヘレニズム世界の一部となった。
紀元前9世紀
一方、紀元前9世紀に北アフリカに建設された植民都市カルタゴは、フェニキア本土の衰退をよそに繁栄を続けていたが、3度にわたるポエニ戦争の結果、共和政ローマに併合されて滅んだ。

ギリシア人(古代)

古代ギリシャ時代におけるギリシャ人は、ギリシャ語を話し、特に自由民であるものをいう。
ギリシャ本土だけでなく、小アジアやヨーロッパの各地にギリシャから移住した者の手によって建設された植民市の住民も含む。
彼ら自身はヘレネス(ヘレーンの一族)と称し、他者をバルバロイ(意味のわからない言葉を話す者)と呼んで区別した。マケドニア人も、ギリシャ語を話し、ヘーラクレースの血筋であるとされたので、一部の反マケドニア勢力を除けばヘレネスとして広く認知されていた。

後に、マケドニア王国のアレクサンドロス大王の帝国建設などを経て、広く中央アジアから地中海世界の各地にまで広がったギリシャ語を常用するものをも指すように転じた。
ギリシャ人を意味する英語の Greek 、フランス語の Grec などの西欧の諸言語における呼称や日本語の「ギリシャ(人)」は、イタリア半島の南部に移住した人々を古代ローマ人がその土地の名であるグラエキア (Graecia) からグラエキ (Graeci) と呼んだことに由来する。

イオニア人

イオニア人とは、紀元前2000年ころにバルカン半島を南下し、ギリシャ中部や小アジア北西部に定住したとされるアカイア人の一部。アイオリス人やドーリア人と並ぶ、古代ギリシアを構成した集団のひとつ。代表的なポリスはアテナイである。

ペルシア人は、最初に接触を持ったのが小アジア西岸のギリシア人だったのでギリシア人全体をイオニア人と呼び、その呼び方はインドなど東方に広まった。具体的には、ギリシア人のことを、パーリ語ではYona、サンスクリットではYavana、アルメニア語ではHuyn、トルコ語ではYunan、さらに現代ペルシア語ではギリシアのことをYūnānと呼んでいる。いずれも、「イオニア(の) Ionian」から派生した言葉である。フラウィウス・ヨセフスは、イオニア人を、聖書に登場するヤペテの息子ヤワンと関連づけている。「イオニア人ならびに全ギリシア人はヤワンに由来する」。

ドーリア人

ドーリア人 (ギリシア語: Δωριείς, Dories, 英語: Dorians)、又はドーリス人、ドリス人は、アイオリス人、イオニア人と並ぶ古代ギリシアを構成した集団のひとつ。紀元前1100年頃ギリシャに侵入し、主にペロポネソス半島に定住した。ギリシア語のドリス方言を話し、代表的な都市はスパルタである。

アイオリス人

アイオリス人(アイオリスじん、Aioleis, ギリシア語: Αἰολεῖς))は、イオニア人、ドーリア人と並ぶ古代ギリシャを構成した集団のひとつ 。ギリシャ神話によると、彼らの祖がアイオロスであると考えられていたことに由来する。

紀元前3000年頃にドナウ川流域から移住してきたと考えられている。

紀元前2000年頃に、ギリシャ本土中部テッサリアとボイオティア地方からレスボス島に移住し、さらにアナトリア半島西部に植民し、12のポリスを建設した。

紀元前6世紀末頃からはペルシア帝国に支配され、さらにセレウコス朝シリア王国やアッタロス朝ペルガモン王国の支配を受け、ローマ時代以降には衰退していった。

ダウンロード

フェニキア人とギリシア人の植民移動地図
フェニキア人とギリシア人の植民移動地図 ©世界の歴史まっぷ

参考資料

created by Rinker
¥5,100 (2019/06/24 22:17:29時点 Amazon調べ-詳細)